ホーム 高速道路 新東名・厚木南~伊勢原間が...

新東名・厚木南~伊勢原間が3月17日開通。新名神・新四日市~亀山西の開通と同日に

圏央道~東名に新経路

新東名高速の厚木南IC~伊勢原JCT間が、2019年3月17日15時に開通します。

圏央道と接続

新東名高速道路は、海老名南JCT~豊田東JCT間の約253kmを結ぶ高速道路で、これまでに海老名南JCT~厚木南IC間(約2km)、御殿場JCT~豊田東JCT間(約200km)と、東名と新東名を結ぶ連絡路(清水連絡路、引佐連絡路)が開通しています。

NEXCO中日本によると、新東名の厚木南IC~伊勢原JCT間(約4km)が、2019年3月17日(日)15時に開通します。同時に、「伊勢原JCT」と「伊勢原大山IC」(2019年度開業)の名称も決定しました。

伊勢原JCTでは、今回開通区間(新東名の厚木南方面)から東名高速東京方面への利用、またはその逆の利用はできません。

厚木南・伊勢原
画像:NEXCO中日本

伊勢原~御殿場は2020年度に

開通区間は4車線で整備されます。今回の開通で、圏央道~伊勢原JCT間は、新東名と東名の2経路が完成します。厚木ICや海老名JCT付近が渋滞している場合、迂回できるようになります。

なお、新東名の伊勢原JCT~伊勢原大山ICまでの約2kmは2019年度に、伊勢原大山IC~御殿場JCT間の約45kmは2020年度にそれぞれ開通する予定です。これらが開通すれば、厚木南~豊田東間が全通します。

新東名とつながる新名神高速の新四日市JCT~亀山西JCT間も、同じく2019年3月17日に開通します。これにより、新東名の御殿場JCTから新名神の草津JCTまでがつながります。

それについては、以下の記事をご覧ください。

新東名・新名神「御殿場~草津」が3月につながる