LCCジップエア、シンガポール線の時刻表と値段。9月7日就航へ

日系LCC初の路線

格安航空会社(LCC)のジップエア・トーキョーが、成田~シンガポール線を9月7日に就航すると発表しました。日系LCCのシンガポール就航は初めてです。

広告

4カ所目の就航先

ジップエアは日本航空の完全子会社のLCCです。成田空港を拠点に、これまでソウル、バンコク、ホノルルに就航しています。

4カ所目の就航先として発表されたのがシンガポール。2021年9月7日より、ボーイング787で週に1往復します。成田~シンガポール間には、シンガポール航空系列のLCCスクートが運航していますが、日本のLCCとしての路線開設は初めてです。

ジップエアの成田~シンガポール間の運航スケジュール(時刻表)は以下の通りです。

ジップエア・成田~シンガポール線時刻表

ZG53 成田発 14:00→シンガポール20:25 (火曜運航)2021/9/7~2021/10/26
ZG54 シンガポール21:55→成田06:05 (+1)(火曜運航)2021/9/7~2021/10/26

成田を午後に出発し、シンガポールに夜到着。シンガポール発は夜行便で、成田に早朝に到着します。日本人旅行者としては、それほど使いやすい時刻表ではありませんが、直行便で所要時間が短いのはラクでしょう。

ZIPAIR Tokyo
画像:ジップエア

片道15,000円~

ジップエアの成田~シンガポール線の運賃は、以下の通りです(成田発)。

運賃名称:ZIP Full-Flat Value
運賃:50,000円~397,000円

運賃名称:Standard Value
運賃:15,000円~295,000円

片道15,000円~というのは使いやすい価格です。東京から大阪に行くくらいの価格で、シンガポールまで飛べてしまいます。ただし、LCCですので、受託手荷物などは別料金です。

予約は同社ウェブサイトにて、すでに開始しています。新型コロナウイルス感染症が収束しない状況でもあり、当面は週1便での運航ですが、状況が変われば増便されるとみられます。

ジップエアは、年内に台北への路線も開設する予定です。アジアへの格安旅行の足が充実すれば、コロナ後の旅の楽しみが増えそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事「西なびグリーンパス」が発売決定。「どこでもきっぷ」はどうなる?
次の記事静岡~甲府が1時間35分。中部横断自動車道が8月29日開通!