東京~札幌を格安旅行する方法まとめ【2021年版】。飛行機、新幹線、高速バス、フェリーの最安値は?

やっぱりLCC?

東京〜札幌を格安で旅行する方法をまとめてみました。飛行機、新幹線・特急、高速バス・フェリーなど、多彩な交通機関の最安値を調査しています。新型コロナウイルス感染症による状況変化も反映した、2021年改訂版です。

広告

東京・札幌価格比較

最初に、東京駅~札幌駅間を旅行する際の価格表を掲載しておきます。確認できる範囲の最安値と普通運賃の表示です。内容の詳細な説明は、表の下の解説をご覧ください。

東京駅~札幌駅の価格・最安値比較
会社名
サービス名
移動手段 経路 価格
ジェットスター 飛行機(LCC) 成田、新千歳 7,770円~28,290円
スプリング 飛行機(LCC) 成田、新千歳 7,940円~
ピーチ 飛行機(LCC) 成田、新千歳 8,010円~37,560円
スカイマーク 飛行機 羽田、新千歳 8,580円~34,720円
シリウス号+
シルバーフェリー
高速バス+
フェリー
八戸、苫小牧 9,550円~11,950円
エアドゥ 飛行機 羽田、新千歳 9,580円~36,380円
パシフィック・ストーリー 高速バス+
フェリー
大洗、苫小牧 11,000円~18,000円
JAL 飛行機 羽田、新千歳 13,680円~42,780円
ANA 飛行機 羽田、新千歳 14,580円~46,880円
JR 新幹線・特急 新函館北斗 17,270円~27,960円
JR北海道&東日本パス 普通列車 新青森、新函館北斗 7,237円*
JR青春18きっぷ 普通列車 津軽今別、木古内 7,310円*

*青春18きっぷ、北海道&東日本パスは2日分使用の参考価格。

広告

多彩な交通機関

東京~札幌間の主力交通機関は飛行機。格安なのはピーチ、ジェットスター、スプリング(春秋航空日本)といったLCCです。羽田発着ならスカイマークやエアドゥといった中堅航空会社がお手頃です。JALやANAといった大手航空会社にも格安チケットがあります。

JRは時間がかかりますが、新幹線と特急を乗り継げば使えば1日で着けます。安さを求めるなら青春18きっぷですが、東京~札幌では利用しづらいです。北海道&東日本パスという、津軽海峡を越えやすい普通列車専用のチケットもあります。

東京~札幌間に高速バスは運行されていませんが、フェリーと組み合わせると旅行は可能です。

これら多彩な交通機関について、ウェブサイトなどを検索して見つかった「1ヶ月以内」の最安値を比較していきます。価格は検索時のもので、時期により変動します。期間限定のバーゲンチケットや特別運賃は原則として対象外ですが、設定期間の長いものは掲載しています。

札幌時計台

ピーチ

東京〜札幌間を格安で旅行する場合、筆頭候補に挙がる移動手段がLCCです。成田空港~新千歳空港間に就航しているのはピーチ、ジェットスター・ジャパン、スプリング(春秋航空日本)の3社です。

LCC最大手・ピーチの場合、成田~新千歳間の最低運賃は4,590円。これに空港施設使用料720円(成田450円、千歳270円)がかかります。クレジットカード支払いの場合、さらに支払手数料600円が加算され、合計5,910円です。

成田空港へのアクセス費用も別途かかります。東京駅~成田空港は格安バスで1,000円、新千歳空港~札幌駅はJRで1,150円、バス1,100円です。徹底的に節約してバスに乗るとして、東京駅~札幌駅間の最低価格は合計8,010円となりました。

なお、ピーチで手荷物を預けたり、座席指定をする場合は別途料金がかかります。受託手荷物や座席指定がセットになった「基本パッケージ」にすると2,950円高くなり、合計10,960円となります。

最高運賃は31,190円で、「基本パッケージ」に諸費用と空港アクセス費用を加えると、37,560円となります。

ジェットスター

ジェットスター・ジャパンの成田空港~新千歳空港間の最低運賃は4,390円。それに空港施設使用料660円(成田390円、新千歳270円)がかかります。ジェットスターは成田空港第3ターミナルを使用するので、ピーチより空港使用料が60円安いです。さらにクレジットカード支払いの場合の支払手数料が620円で、合計5,670円となりました。

さらに東京駅~成田空港の格安バス1,000円と新千歳空港~札幌駅のバス1,100円を加えると、東京駅~札幌駅間の最低価格は7,770円です。

ジェットスターで受託手荷物と座席指定などがセットになった「ちゃっかりplus」は2,500円増です。加えると合計10,270円となります。

最高運賃は22,410円で、「ちゃっかりPlus」に諸費用と空港アクセス費用を加えると28,290円となります。

スプリング

スプリング(春秋航空日本)の成田空港~新千歳空港間の最低運賃(ラッキースプリング)は4,580円。そのほか、空港施設使用料660円と、クレジットカード支払手数料600円がかかります。合計5,840円となります。

さらに東京駅~成田空港の格安バス1,000円と新千歳空港~札幌駅のバス1,100円を加えると、東京駅~札幌駅間の最低価格は7,940円です。

受託手荷物がセットになった「スプリング」運賃は2,000円増しで、合計9,940円となります。

スプリングは最高運賃をウェブ上で確認できませんでした。

広告

スカイマーク

羽田空港発着便を利用したいなら、まずはスカイマークをチェックしておきたいところ。受託手荷物や座席指定は無料ですし、支払手数料といった謎の手数料もありません。

スカイマークの羽田空港~新千歳空港間の最低運賃は「ダッシュいま得」の5,800円。45日前までの運賃です。1ヶ月以内に予約可能な最低価格は「いま得」(3日前まで予約可能)の6,960円でしたので、ここでは6,960円を基準とします。

東京駅~羽田空港の運賃(JR・京急)が470円、新千歳空港~札幌間も時間の節約になるJRを利用して1,150円。東京駅~札幌駅の最低価格は合計8,580円となりました。受託手荷物、座席指定込みの価格なら、ピーチやジェットスターといったLCCよりも安いことになります。

スカイマークは、約1ヶ月前なら1万円程度、2~3週間前なら1万2,000~3,000円程度のチケットが見つけやすいです。

スカイマークの普通運賃は33,100円(繁忙期)です。空港アクセス費用を含めると34,720円となります。

エアドゥ

エア・ドゥの羽田空港~新千歳空港間の最低運賃は「AIRDOスペシャル75」の7,000円。これは限られた便だけに設定されています。検索時に確認できた最低価格は「DOバリュー3」11,960円でしたので、ここでは11,960円を基準とします。

東京駅~羽田空港の運賃(JR・京急)が470円、新千歳空港~札幌間も時間の節約になるJRを利用して1,150円。東京駅~札幌駅の最低価格は合計9,580円となりました。

エアドゥの普通運賃(片道運賃)は34,760円(多客期)です。空港アクセス費用を加えると36,380円となります。

関連記事

JAL

東京〜札幌は、航空会社間の競合が激しいのでJALやANAといった大手航空会社も割引率の高い格安航空券を販売しています。

JALの「ウルトラ先得(75日前)」の最低運賃は8,600円。1ヶ月以内の出発で見つかった最安値は「先得割引タイプA」の12,060円です。これを基準として、東京駅~羽田空港、新千歳空港~札幌駅の鉄道運賃を加えると、東京駅~札幌駅の最低価格は13,680円となりました。

JALの普通運賃は41,160円です(ピーク期)。空港アクセス費用を含めると42,780円となります。

ANA

ANAの「スーパーバリュー75」の最低運賃は9,000円。検索時に確認できた1ヶ月以内の最安値は「スーパーバリュー28」の12,960円でした。これを基準として、東京駅~羽田空港、新千歳空港~札幌駅の鉄道運賃を加えると、東京駅~札幌駅の最低価格は14,580円となります。

ANAの最高運賃は「フレックスA」です。45,260円です。空港アクセス費用を加えると、46,880円となります。

大手航空会社の注意点

最近、JAL、ANAとも、約1年先の航空券を購入できるようになりましたが、早く買えば必ずしも安いとは限りません。スケジュールが確定していないような数ヶ月先のチケットよりも、1か月先のチケットのほうが安いこともあります。

また、「ウルトラ先得」や「スーパーバリュー」系の28日前までの早期購入運賃が終了すると、「特便割引」や「バリュー」といった直前割引運賃が下がります。

全体的には早期購入割引運賃が安いのは間違いないのですが、28日前を境に急激に上がるとは限りません。ただ、3日前をすぎると非常に高額になる場合があるので、飛行機の予約はできるだけ3日前までに済ませるとよさそうです。

飛行機に関してまとめると、東京駅~札幌駅でいちばん安いのはジェットスターの7,770円。受託手荷物と座席指定をセットにした「ちゃっかりプラス」で10,270円です。

羽田発着で安いのはスカイマークの8,580円でした。スカイマークは受託手荷物と座席指定料金は含まれていますので、荷物を預ける場合は、成田発のLCCよりも、羽田発のスカイマークのほうが安いこともあります

広告

JR新幹線+特急

つづいて、JRです。東京~新函館北斗を北海道新幹線「はやぶさ」、新函館北斗~札幌間を特急「北斗」で乗り継ぎます。所要時間は約8時間、正規運賃・料金(普通車指定席)は27,760円(通常期)で、繁忙期は27,960円です。

「えきねっとトクだ値」を使うと、「はやぶさ」の「お先にトクだ値スペシャル」が11,610円、「北斗」の「お先にトクだ値40」が5,660円です。あわせて東京駅~札幌駅が17,270円となります。どちらも期間限定運賃ですので、4月以降の販売継続は不明です。

通年販売の運賃の場合、「はやぶさ」の「お先にトクだ値25」が17,410円(閑散期)、「北斗」の「トクだ値30」が6,590円で、あわせて東京駅~札幌駅が24,000円となります。

期間限定価格で約38%の割引額、通年販売のチケットでは、約14%の割引率となります。

青春18きっぷ

「青春18きっぷ」は期間限定ですし、5回分セット12,050円でしか発売しませんが、注目度の高いきっぷなので、参考情報として扱っておきます。

普通列車を乗り継いだ場合、東京~札幌間は、途中青森に宿泊して丸2日間で移動可能です(東京4時44分発、札幌翌23時54分着)。このとき、奥津軽いまべつ~木古内間で新幹線を利用できる「北海道新幹線オプション券」2,490円を使用します。

青春18きっぷ2回分4,820円を加えると、合計7,310円となります。青森に宿泊するためホテル代も必要になります。それでは割に合わない、という方は青函フェリーを使うといいでしょう。青森~函館間が1,800円です。駅から各フェリーターミナルまでは歩くとして(各2~3km)、東京駅~札幌駅が合計6,620円となります。

なお、上記は青春18きっぷ2回分を4,820円と仮定した計算です。青春18きっぷを5回分12,050円として計算するなら、北海道新幹線オプション券使用で14,540円、フェリー利用で13,850円となります。

青春18きっぷのルール詳細はこちらをご覧ください。
青春18きっぷ研究所

なお、JRでは2021年3月13日にダイヤ改定を予定していて、終電の繰り上げが実施されます。その内容によっては、青春18きっぷ2日分で東京~札幌間を移動できなくなる可能性があります。

北海道&東日本パス

同じく期間限定ですが、北海道&東日本パスという手もあります。価格は11,330円です。北海道&東日本パスの場合は、盛岡~青森間で第三セクター鉄道を利用できますし、新青森~新函館北斗間は特定特急券4,000円を買えば新幹線に乗車できますので、青春18きっぷよりはスムーズに進めます。

北海道&東日本パスと新幹線特定特急券を組み合わせた場合の価格は15,330円です。北海道&東日本パス2日分と考えると、3,237円(2日分)+4,000円(特急券)=7,237円が、東京駅~札幌駅の価格となります。あくまで計算上の価格なので、この金額ぽっきりで旅行できるわけではありません。

北海道&東日本パスの詳細なルールはこちらをご覧ください。
北海道&東日本パス(青春18きっぷ研究所)

広告

高速バス+シルバーフェリー

高速バスだけで東京~札幌間を旅することはできませんが、高速バスとフェリーを組み合わせることができます。例として高速バスと八苫航路(シルバーフェリー)を組み合わせてみましょう。

高速バスは価格変動が大きく、最低価格がわかりにくいのですが、バスタ新宿~八戸バスターミナルを結ぶ高速バスMEX三沢の特割プランで、3,800円の価格が確認できました。ただ、シルバーフェリーとの接続がうまくいきません。

シルバーフェリーとの接続がいいのは「シリウス号」で、東京駅21:10→07:00八戸中心街ターミナル07:25→07:50八戸港08:45→16:00苫小牧港16:46→18:38札幌駅と乗り継げます。シリウス号の最低価格は7,800円(A運賃)で、八戸港へのバス運賃300円、苫小牧港~札幌駅間の高速バスが1,450円。東京駅~札幌駅間の最低価格の合計は9,550円です。

シリウス号の最高値は10,200円(S運賃)で、その場合は東京駅~札幌駅間は11,950円となります。

ただし、シリウス号は2021年1月11日現在運休中です。

高速バス+商船三井フェリー

高速バスとフェリーの組み合わせとしては、大洗~苫小牧航路のほうがポピュラーかもしれません。商船三井フェリーは「パシフィック・ストーリー」と題する高速バス・フェリーのセット券を発売しています。「高速みと号」、商船三井フェリー、「高速とまこまい号」を乗り継ぐもので、東京駅~札幌駅の価格は11,000円~18,000円です。

標準的な乗り継ぎでは、東京駅14:20→16:44大洗港19:45→13:30苫小牧港→15:48札幌駅前となります。

ただし、「高速みと号」の大洗港乗りいれは、2021年1月11日現在、中止となっています。

広告

まとめてみると

冒頭の表は、検索時点の「1ヶ月以内の購入」という条件での最低価格によるランキングです。飛行機や高速バスの価格は、時期や便、購入タイミングにより大きく異なります。また、LCCは受託手荷物が別料金など、項目により条件が異なる場合もあります。

その前提に立ってのことですが、やはりLCCは安く、身体一つで旅する場合は、ジェットスターやピーチは第1選択肢になるでしょう。荷物が多い場合は、機内持込手荷物10kgに加えて、受託手荷物20kgが無料になるスカイマークがおトクでしょう。スカイマークは羽田発着の利便性も売り物です。

高速バス+フェリーは、最安値という観点ではそれほどお得感はないように見えますが、価格の季節変動幅が小さく、繁忙期でも1万円台で東京~札幌間を移動できるのが強みです。ただし、現在は新型コロナウイルス感染症の影響で、運転日の確認が必要です。

大手航空会社は、早期割引運賃を使えばLCCと遜色ない価格になることもあります。逆に、出発間際や繁忙期になると価格が高止まりして、3万円以上することも珍しくありません

結果として、最安値が最も高いのは、JRの新幹線+特急乗り継ぎです。定価では大手航空会社よりも安いのですが、格安航空券を相手に回すと、価格的にも時間的にも飛行機の後塵を拝します。それでも、期間限定の「お先にトクだ値スペシャル」や「トクだ値40」を使えば、1万7,000円程度で旅行できますし、定価が安いのも魅力。JRは繁忙期でも28,000円程度なので、飛行機の安いチケットが見つからない場合は選択肢になるかもしれません。

昔に比べれば、東京~札幌間の格安旅行の選択肢は増えました。インターネットによるメタサーチが進化して、格安チケットを探すのも容易になりました。ただ、一括検索では、必ずしも自分にとって適切な最安値が表示されるとは限りません。いろんな交通機関やチケットを比較して、最も自分に適した格安プランを探すといいでしょう。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事山陽新幹線の「期間限定」格安チケットを全紹介。最大半額で旅ができる!
次の記事バンコク・ドンムアン空港に都市鉄道。レッドラインが夏に開業へ