東海道・山陽新幹線の回数券、廃止される全リスト。指定席回数券は2022年に全廃

ネット予約に移行

東海道・山陽新幹線の多くの新幹線回数券が、2022年3月までに廃止されます。指定席回数券は全て廃止。自由席回数券は一部が存続します。

広告

インターネット予約が広まって

JR東海とJR西日本は、東海道・山陽新幹線の回数券のうち、新たに51区間の販売を終了すると発表しました。すでに、JR東海は、自社管内の16区間の回数券の廃止を発表していますので、あわせて67区間に達します。山陽新幹線区間の32区間が2021年10月31日に、東海道新幹線にかかわる35区間が2022年3月31日に廃止となります。

指定席回数券は東海道・山陽新幹線の全区間で廃止となります。自由席回数券は山陽新幹線の全区間で廃止されますが、東海道新幹線の一部区間で存続します。回数券廃止の理由は、エクスプレス予約やスマートEXなど、インターネットで新幹線チケットを購入できるサービスが広まってきたためです。

新幹線回数券は6枚セットで、普通車自由席用、普通車指定席用、グリーン車用の3種類があります。旧国鉄時代から、東京や新大阪などの主要駅を中心に、新幹線の利用者の多い区間に広く設定されてきました。

しかし、無料会員でもインターネット予約が可能になったスマートEXの導入以降、JR東海とJR西日本では、新幹線回数券の販売を徐々に縮小。2021年3月31日には68区間の販売を終了しています。それに加えて、2022年までに、新幹線回数券の多くが姿を消すことになります。

N700S東海道新幹線のぞみ天竜川

廃止67区間

2022年3月末までに廃止されるのは、以下の区間の回数券です。

種別 区間 発売終了日
グリーン車用 東京 名古屋 2022年
3月31日
新大阪
普通車
指定席用
東京 名古屋
米原
京都 
新大阪
新神戸
姫路
岡山
新倉敷
福山
広島
博多
新横浜 名古屋
京都
新大阪
新神戸
名古屋 京都
新大阪
新神戸
姫路
岡山
広島
博多
京都 広島
博多
普通車
自由席用
新富士 静岡
浜松 豊橋
豊橋 名古屋
名古屋 岐阜羽島
米原
京都 新神戸
姫路
岡山
福山
普通車
指定席用
新大阪 広島 2021年
10月31日
小倉
博多
新神戸 広島
小倉
博多
岡山 小倉
博多
広島 博多
普通車
自由席用
新大阪 姫路
岡山
福山
新神戸 岡山
福山
姫路 岡山
広島
岡山 福山
広島
福山 広島
新尾道 広島
三原 広島
東広島 広島
広島 徳山
新山口
新下関
小倉
徳山 小倉
博多
新山口 小倉
博多
新下関 博多
小倉 博多
広告

指定席回数券は全廃

上記のように、東京~新大阪をはじめとした主要区間を含め、東海道・山陽新幹線の指定席回数券は、グリーン車用も含め全廃となります。

自由席回数券については、山陽新幹線区間では全廃となります。東海道新幹線区間では、東京発着などの主要区間で存続します。

新幹線回数券の廃止はJR他社でも相次いでいて、JR東日本では、2021年6月を以て全ての新幹線回数券を廃止しています。

JR九州でも、回数券の一種である「九州新幹線2枚きっぷ」を、2021年3月31日を以て全て廃止しています。

今回の東海道・山陽新幹線の廃止により、日本の新幹線で「指定席回数券」という名称の割引きっぷが全て姿を消すことになります。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事磐越西線・会津若松~喜多方間を非電化に。JR東日本が地元に打診
次の記事メトロ半蔵門線「18000系」が運行開始。田園都市線、スカイツリーラインも快適に