青春18きっぷ、青森~函館の乗り継ぎが改善しそう。2022年3月ダイヤ改正

函館の夜がちょっと長く

2022年3月12日ダイヤ改正で、津軽線と北海道新幹線の接続が改善しそうです。青春18きっぷ北海道オプション券を利用する人には明るいニュースでしょう。

広告

青森~函館の乗り継ぎ問題

青春18きっぷで青森~函館間を旅行するには、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を利用します。青春18きっぷ利用者に限り、奥津軽いまべつ~木古内間の北海道新幹線と、木古内~五稜郭間の道南いさりび鉄道を利用できるというきっぷで、価格は2,490円です。

ただ、青森~函館間の乗り継ぎが悪いのが難点です。4時間以内で乗り継げるのは1日1往復だけで、6時間以上かかる乗り継ぎもあります。

たとえば、青森発15時31分発の列車に乗った場合の乗り継ぎは、以下のようになっています。

青森15:31→16:08蟹田16:45→17:09津軽二股/奥津軽いまべつ19:01→19:35木古内20:44→21:45函館(6時間14分)

津軽線

広告

津軽線の運転時刻見直し

この乗り継ぎ問題が、2022年3月12日で改善するかもしれません。

JR東日本は2022年3月新ダイヤの概要を発表し、そのなかで、津軽線の一部列車の運転時刻を見直すことを明らかにしました。蟹田発16時45分発三厩行きを、16時12分発に変更。蟹田駅で、青森発の接続を現ダイヤと同じ16時08分に受けます。

新ダイヤの蟹田駅16時12分発の津軽二股駅到着時刻は16時34分頃とみられます。その場合、奥津軽いまべつ17時01分発の「はやぶさ25号」に乗り継げます。前後の乗り継ぎは以下のようになります。

青森15:31*→16:08蟹田16:12→16:34頃津軽二股/奥津軽いまべつ17:01→17:35木古内19:00*→20:00*函館(4時間29分)
*は現ダイヤ。改正の可能性あり。

函館の夜が長く

現ダイヤでは津軽二股・奥津軽いまべつがギリギリ乗り継げなかったのですが、新ダイヤでは30分弱と絶妙な乗り継ぎ時間となります。道南いさりび鉄道の2022年新ダイヤは不明ですが、現状と同じなら函館に20時に到着できます。現ダイヤに比べて、函館到着が1時間45分早くなる計算です。

道南いさりび鉄道の時刻が変わらないなら、木古内での乗り継ぎが悪いのは残念ですが、青森~函館間が4時間29分と比較的短くなります。函館に20時到着なら、港町の夜を楽しむ時間ができそうです。

全国で普通列車が削減されるなか、青春18きっぷ利用者には数少ない明るいニュースです。ただ、実際に使う人はほとんどいないでしょうが。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事小田急「2022年3月ダイヤ改正」を読み解く。VSE引退で「はこね号」減便へ
次の記事西武池袋線「快速急行」の運転縮小。2022年3月ダイヤ改正を読み解く