西鉄新駅名は「桜並木」に。雑餉隈~春日原駅間、公募最多で決定

当サイトの予想はまたも…

西日本鉄道は、天神大牟田線雑餉隈~春日原間に設置する新駅の名称を「桜並木」とすると発表しました。公募を経て決定しました。

広告

2023年度後半開業

西鉄は、天神大牟田線の雑餉隈~春日原駅間に新駅を建設する工事を進めています。雑餉隈駅南東約600mの場所で、県道49号大野城二丈線との交差部分付近。西鉄バス雑餉隈車庫に隣接しています。JR南福岡駅からは約700mの距離にあります。

開業予定は2023年度後半(2024年)です。計画段階では「雑餉隈新駅」とも呼ばれてきましたが、西鉄では2021年12月に駅名の公募を実施、その結果をこのほど発表しました。

西鉄桜並木駅
画像:西鉄プレスリリース

広告

公募最多で

西鉄によりますと、駅名公募には3,388名の応募があり、「桜並木」駅が最多でした。福岡市や地元代表者との意見交換会を経て、正式に「桜並木」と正式決定しました。

西鉄桜並木駅
画像:西鉄プレスリリース

新駅の南側には、地元の名所である桜並木があることから、町のシンボルをそのまま駅名に取り入れた形です。

新駅の駅舎は、白色と若緑色の外装デザインで、「在りし日の豊かな自然に想いをはせ、優しく芽吹く街のエントランス」をコンセプトにしています。駅構造は相対式2面2線で、改札口は2か所に設置します。

西鉄桜並木駅
画像:西鉄プレスリリース

広告

当サイト予想は?

ところで、当サイトでは、2021年12月に駅名公募記事を掲載した際に、駅名案を考える記事を掲載しました。その記事では、以下の駅名を最終予想としました。

本命:新雑餉隈
対抗:西鉄南福岡
対抗:竹丘春町
穴馬:さくら春町
大穴:ざっしょ南福

恥ずかしながら再掲しましたが、見事に大外しです。

記事内では、『近くの名所としては、雑餉隈桜並木通りがあります。これに注目すれば、ズバリ「桜並木」や「桜並木通」、地名とあわせた「さくら春町」などもあり得るでしょう』とも書いていて、「桜並木」駅を予想しなかったわけではありません。

ただ、桜並木は日本中にありますし、駅名としてはダイレクト過ぎると考え、最終候補から外してしまいました。汗顔の至りです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事「SASUKEキッズアドベンチャー」がさがみ湖プレジャーフォレストに。7/30オープン!
次の記事「路線バスで鬼ごっこ!」第7弾が8/3放送。きたりえ参加、北陸で対決!