プラレールでJR北海道車両が同日発売。「H5系」と「キハ261系特急北斗」

「往復シャーシ」搭載のレア車両

プラレールでJR北海道の車両が同日に2種類発売されます。JR北海道のプラレールは少なく同日発売は珍しいですが、さらにH5系は「往復シャーシ」搭載のレア車両です。

広告

往復シャーシを搭載

タカラトミーは、プラレールS-40 「レールで往復!H5系新幹線はやぶさ」とプラレール S-19「キハ261系特急北斗」を2021年12月29日に発売します。

プラレール「レールで往復!H5系新幹線はやぶさ」は、JR北海道「H5系新幹線はやぶさ」がモデル。往復シャーシを搭載し、往復レール(水色・緑色)各1本入りです。往復シャーシには他のプラレール車両のボディをのせかえて遊ぶことが可能です(対応車両のみ)。価格は3,080円です。

レールで往復H5系

「レールで往復」するプラレールは、5月に発売された「極み!おとどけ!スシロー×プラレール」以来です。「スシロー」はレールなどフルセットでの販売でしたが、H5系は車両単品販売で、往復レールが附属します。

通常のプラレールと同様に、3両編成でそれぞれ連結・切り離し可能。スピード・スイッチは1段階で、OFFにすれば手転がし遊びもできます。

【Amazon】レールで往復!H5系新幹線はやぶさ

広告

キハ261系特急北斗

プラレール S-19 「キハ261系特急北斗」は、JR北海道の車両「キハ261系特急北斗」をモデルとした標準的なプラレールです。3両編成でそれぞれ連結・切り離し可能で、スピード・スイッチは2段階、OFFにすれば手転がし遊びも可能です。価格は2,200円です。

プラレールでJR北海道の車両は少なく、現在発売中のラインナップでは「S-13旭山動物園号」(キハ183系)だけです。リアルの「旭山動物園号」は既に引退していますので、現役のJR北海道の車両はプラレールで販売されていませんでした。

それが2種類同時に新発売、しかも1種類はレアな往復シャーシ搭載ということで人気が出そうです。

【公式サイト】プラレール S-19 キハ261系特急北斗

タカラトミーモール

広告
関連記事
前の記事「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」第10弾は1/3放送。藤原紀香が登場!
次の記事LCCピーチの座席間隔が少し広く。新型機エアバス「A321LR」が運航開始