ニセコ花園にオークラ系列の新ホテルが開業。日本人も使いやすそう

高級ホテルですが

オークラ系列の新ホテルがニセコ花園にオープンします。高級ホテルですが、標準客室面積は30平米台で、日本人の短期滞在にも使えそうです。

広告

『ニッコースタイルニセコ HANAZONO』

ホテルオークラの子会社のホテル運営会社・オークラ ニッコー ホテルマネジメントは、北海道倶知安町に、新ホテル『ニッコースタイルニセコ HANAZONO』を2024年に開業すると発表しました。

同ホテルが開業するのは、ニセコアンヌプリの北側に広がるニセコHANAZONOリゾート内。地上8階・地下1階建てで、延床面積は約14,000平方メートル。客室数234室を備える大型ホテルです。

そのほか、露天風呂付の温泉施設、クラブラウンジ、フィットネス、宴会場などが設けられます。

標準客室面積は約34平方メートルで、スイートルームが16室。上層階の7~8階の全客室には、天然温泉が楽しめるバスルームを設えました。

ニッコースタイルニセコ
画像: オークラ ニッコー ホテルマネジメントプレスリリース

急速に開発が進むエリア

ニセコ花園エリアは、ニセコで最も新しいスキーエリアです。かつては閑散としていましたが、近年、急速に開発が進んでいます。

ただ、一般向けの宿泊施設が少ないのが難点で、2020年12月にオープンしたパークハイアットニセコHANAZONOも、全客室が65平方メートルと豪華仕様。正直、日本人の一般スキー客が使うには敷居が高いホテルで、外国人向けに感じられました。

それに比べると、標準客室面積34平方メートルのホテルは、高級リゾートホテルには違いありませんが、日本人にも使いやすそう。これまでよりは、花園ベースでのスキー・スノボを楽しみやすくなりそうです。

ニセコ全体で見ても、近年は高級コンドミニアムの建設が多いなか、短期滞在にも適した貴重な施設になりそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事函館線長万部~余市間、年内に廃止合意も。並行在来線首長の発言を読み解く
次の記事宗谷線歌内駅が22年春で廃止見通し。自治体管理は1年で幕