「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第15弾は12/26放送。紀伊半島に挑む

難攻不落?

テレビ東京で「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第15弾が、2020年12月26日(土)に放送されます。今回のルートは「紀伊半島ぐるり・高野山~伊勢志摩~熊野古道」で、マドンナは鈴木杏樹です。

広告

マドンナは鈴木杏樹

テレビ東京の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」は、田中要次と羽田圭介のコンビが、ゲストのマドンナとともにローカル路線バスのみを乗り継ぐ旅番組です。3泊4日で目的地にたどり着けたら「成功」となります。

第15弾のマドンナは鈴木杏樹で、年齢は51歳。若いマドンナが多いZシリーズですが、今回はベテラン女優の起用です。今回のお題は「紀伊半島ぐるり・高野山~伊勢志摩~熊野古道」。和歌山県の高野口駅がスタートで、ゴールは紀伊半島最南端の潮岬。途中のチェックポイントは賢島と湯の峰温泉です。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第15弾 紀伊半島ぐるり・高野山~伊勢志摩~熊野古道SP
【放送日】2020年12月26日(土)18時30分~21時48分
【出演】田中要次、羽田圭介、鈴木杏樹
【ネット局】テレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪、びわ湖放送、テレビ和歌山、TVhテレビ北海道(19時~)、TVQ九州放送、TSCテレビせとうち

紀伊半島を行ったり来たり

「ローカル路線バスの旅Z」の新作オンエアは、9月5日以来、約3か月半ぶり。新型コロナウイルス感染症が収まらない状況で、ロケ地に選ばれたのは紀伊半島でした。チェックポイントが2か所設定され、舞台は和歌山県と三重県に限定されます。比較的感染状況の穏やかなエリアが選ばれたのでしょう。

スタートはJR高野口駅。ゴールは本州最南端の潮岬です。チェックポイントが伊勢志摩エリアの賢島と、紀伊半島のど真ん中にある湯の峰温泉ですから、紀伊半島の沿岸部と内陸部を行ったり来たりする配置です。バス旅シリーズのチェックポイントの設定としては珍しい形で、スタートとゴールが同一都道府県というのは、2回連続です。これもコロナの影響でしょうか。

難攻不落

番組告知には「難攻不落の紀伊半島に大苦戦の連続!」との煽り文句。難攻不落かはさておき、紀伊半島を舞台にしたバス旅は、オリジナルシリーズの第21弾(2015年)で、「堺市~鳥羽市」で設定されました。

このときは潮岬がチェックポイントで、ルイルイ・蛭子コンビは失敗。紀伊田辺駅での乗り逃しが痛恨のミスとなりました。番組ファンには記憶に残るシーンでしょう。

あれから5年。紀伊半島のバス事情はより厳しくなっていますが、田中・羽田のコンビがどう攻略するのか興味深いところ。

今回はテレビ大阪も同時ネットで、全国8局で同時放送です(TVhのみ19時~)。年末とあって3時間半の長尺でのオンエア。楽しみです。(鎌倉淳)

広告