富士急ハイランドに「FUJIYAMAタワー」。展望台からスライダー!

「FUJIAYAMA」に隣接

富士急ハイランドに新たな絶叫エンターテインメントが登場します。ジェットコースター「FUJIYAMA」の点検塔建設に併設される「FUJIYAMAタワー」です。

広告

「FUJIYAMA」の点検塔

富士急ハイランドの「FUJIAYAMA」といえば、絶叫コースターとして知られています。その最も高い位置に接続する点検塔を建設。頂上部分を展望台とするのが「FUJIYAMAタワー」です。

「FUJIYAMAタワー」の建設理由は、「FUJIYAMA」の日常点検をスムーズにおこなうため。現在は、「FUJIYAMA」の乗り場からレールを歩いて登りながら点検していますが、点検塔ができれば、コースの途中からも点検できるようになります。また、交換部品や機材をタワー内のエレベーターを使って一気に運ぶことが可能になるなど、点検スタッフの負担が軽減されます。

FUJIYAMA TOWER
画像:富士急ハイランドプレスリリース

その点検塔の最上階を展望台として開放するのが、「FUJIYAMAタワー」です。展望台の高さは約55m。この高さから眺める富士山は圧巻で、左右に美しく伸びる稜線を裾野まで一望できるそうです。

FUJIAYAMA TOWER
画像:富士急ハイランドプレスリリース

スライダーも設置

「FUJIYAMAタワー」の見どころは、景色だけではありません。展望フロアから下まで一気に滑り降りるチューブ型スライダー「FUJIYAMAスライダー」を設置します。

また、手摺のない吹きさらしの通路を、ハーネスを装着して周回する「FUJIYAMAウォーク」も導入予定です。下のイラストです。怖くて筆者はやりませんが…。

FUJIYAMAウォーク
画像:富士急ハイランドプレスリリース

さすが富士急ハイランド、「展望台」と称していても、“絶叫エンターテイメント”の仕掛けが施されているわけです。

「FUJIYAMAタワー」は、富士急ハイランド園外に位置しているため、外部からのアクセスが可能です。

開業は2021年夏。この建設のため、ジェットコースターの「FUJIYAMA」は、2021年2月頃より運休となります。

広告
関連広告
前の記事2021年3月 ダイヤ改正「注目ポイント」ランキング。JR6社を総まとめ
次の記事「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第15弾は12/26放送。紀伊半島に挑む