JR久大線が3月1日に全線再開へ。1年8ヶ月ぶり、流失の鉄橋など復旧

由布院~庄内は2月13日に先行再開

久大線が2021年3月1日に全線復旧します。不通となっている豊後森~庄内間で、順次運転を再開します。

広告

2020年7月豪雨で被災

久大線は2020年7月豪雨で被災し、豊後中村~野矢間の第二野上川橋りょうを流失。線路への土砂流入や、盛土流出など計145件の被害が確認されました。現在も豊後森~庄内間で列車の運転を見合わせ、バス代行輸送を実施しています。

この区間について、JR九州は、2021年3月1日に全線で運行を再開すると発表しました。まずは2月13日に由布院―庄内間で再開し、3月1日には豊後森―由布院間での運行を始めます。下の写真は、第二野上川橋りょうの最近の復旧状況です。

久大線第二野上川橋梁
画像:JR九州プレスリリース

残るは肥薩線

これにより、久大線は、約1年8ヶ月ぶりに全区間で運転を再開します。運転計画は未発表ですが、特急「ゆふ」「ゆふいんの森」の全線運行が再開されるとみられます。

これで、2020年7月豪雨のJR九州被災路線のうち、肥薩線を除く全線が復旧することになります。肥薩線については、JR九州は鉄道での復旧の方針を示していますが、バスなどへの代替の可能性も否定しておらず、復旧見通しが立っていません。

広告
関連記事
前の記事ひたちなか海浜鉄道、延伸事業許可の詳細。2024年春開業めざす
次の記事能島城への行き方。『ブラタモリ』で話題の村上海賊の要塞