長崎線特急が伸び悩む。JR特急利用者数ランキング2023年新春版

東海地方が堅調

JR各社が2022-2023年末年始の特急列車の利用状況を発表しました。新型コロナウイルス感染症による行動制限がなくなり、人出は回復しましたが、コロナ前の2018年度と比べると、まだ8割程度の回復です。

JR在来線特急の利用者数の詳細をランキング形式で見ていきましょう。一部快速列車も掲載しました。

広告

年末年始の利用状況

JR各社は列車利用状況の統計を「年末年始」「ゴールデンウィーク」「お盆」の3期のみ発表します。このうち「2022-2023年末年始の利用状況」がこのほど発表されましたので、各社の情報をまとめて、「年末年始の特急利用者数」をランキングにしてみました。

2022年12月28日~2023年1月5日の9日間の統計です。

885系かもめ

広告

在来線特急利用者数ランキング2023年新春版

順位 列車名 区間 利用者数 前年度比 2018年度比
1 あずさ、かいじ、富士回遊 八王子~相模湖 23.2 117% 91%
2 ひたち、ときわ 我孫子~土浦 19.1 109% 87%
3 サンダーバード 京都~敦賀 18.1 110% 80%
4 ひたち、ときわ 土浦~水戸 17.6 108% 87%
5 リレーかもめ、みどりなど 鳥栖~江北 15.6 104% 72%
6 マリンライナー 児島~宇多津 11.2 105% 80%
7 ソニック 小倉~行橋 11.2 107% 74%
8 あずさ 甲府~上諏訪 11.0 109% 88%
9 成田エクスプレス 千葉~成田空港 9.9 1828% 69%
10 しおかぜ、南風など 岡山~児島 9.2 105% 80%
11 ひたち、ときわ 水戸~高萩 8.2 102% 88%
12 カムイ、ライラック、オホーツク、宗谷 札幌~岩見沢 7.7 102% 76%
13 しらさぎ 米原~敦賀 7.4 117% 79%
14 踊り子、湘南 横浜~熱海 6.9 107% 89%
15 北斗、すずらん 東室蘭~苫小牧 6.2 108% 77%
16 しおかぜ 児島~宇多津 5.9 104% 82%
17 しおかぜ、いしづち 多度津~伊予三島 5.7 103% 80%
18 しなの 名古屋~多治見 5.5 111% 84%
19 はるか 日根野~関西空港 5.1 2053% 60%
20 ひたち 高萩~いわき 4.9 105% 101%
21 くろしお 和歌山~箕島 4.5 102% 69%
22 きのさき、まいづるなど 二条~亀岡 4.3 108% 69%
23 ひだ 美濃太田~下呂 4.1 120% 81%
24 やくもなど 岡山~新見 3.9 100% 72%
25 しなの 松本~長野 3.9 109% 84%
26 南風 児島~宇多津 3.4 107% 84%
27 おおぞら、とかち 南千歳~トマム 3.4 93% 80%
28 わかしお 蘇我~大網 3.1 102% 79%
29 こうのとり 大阪~三田 3.1 88% 65%
30 南風、しまんと 多度津~阿波池田 2.9 104% 82%
31 いなほ 新潟~村上 2.9 104% 73%
32 しらさぎ 名古屋~大垣 2.4 115% 81%
33 しおさい 千葉~佐倉 2.3 99% 82%
34 スーパーはくと 姫路~上郡 2.1 109% 79%
35 草津 高崎~渋川 2.0 105% 77
36 スーパーはくと 智頭~鳥取 1.9 105% 76%
37 宇和海 松山~宇和島 1.9 96% 70%
38 日光、きぬがわ 大宮~栗橋 1.5 112% 79%
39 うずしお 高松~徳島 1.4 101% 86%
40 ひたち、ときわ いわき~原ノ町 1.1 102%
41 はまかぜ 姫路~寺前 0.9 114% 70%
42 しまんと、あしずり 高知~窪川 0.9 96% 73%
42 ふじかわ 富士~富士宮 0.8 104% 78%
44 ひたち、ときわ 原ノ町~仙台 0.8 99%
45 南紀 松阪~紀伊長島 0.8 100% 75%
46 ふじさん 御殿場~山北 0.6 87% 77%
47 スーパーおき 新山口~益田 0.6 108% 77%
48 スーパーいなば 智頭~鳥取 0.6 104% 72%
49 しらゆき 直江津~長岡 0.6 85% 67%
51 サンライズ出雲・瀬戸 静岡~浜松 0.6 126% 102%
52 つがる 弘前~青森 0.5 125% 73%
53 さざなみ 蘇我~五井 0.5 105% 81%
54 いなほ 酒田~秋田 0.4 123% 69%
55 リゾートしらかみ 秋田~青森 0.2 91% 63%
56 うずしお 児島~宇多津 0.2 105% 92%
58 伊那路 豊川~本長篠 0.1 96% 78%

※マリンライナー、リゾートしらかみは快速列車。
※ひたちのいわき~仙台間は2018年度の運行なし

上記のランキングは、JR各社から広報発表された数字をまとめたものです。JR各社によって、区間選定の基準などがばらばらであることをご承知おきください。列車によっては複数区間でランキングに入っています。

広告

前年度比10%増

今回の年末年始期間の調査対象日は12月28日(水)~1月5日(木)の9日間。日曜日が元日に重なったこともあり、休暇を長く取りやすい日並びではありませんでした。それでも、行動制限がなくなったことで帰省客が戻り、前年に比べ多くの列車で5~10%程度の利用者増を記録しています。

首位は中央線特急「あずさ、かいじ、富士回遊」で、23万2000人。前年度比117%と堅調で、復調を印象づけています。2018年度比では91%と9割を超えていますが、中央線特急は2019年に「富士回遊」が運行開始したことで、底上げされている側面があります。

以下、2位常磐線特急「ひたち、ときわ」、3位北陸線特急「サンダーバード」は、例年通りの順位です。

長崎線は伸び悩み

4位には「ひたち、ときわ」(土浦~水戸)が入りましたが、2位と列車が重複しているので、実質的な4位は長崎線特急「リレーかもめ、みどり」です。西九州新幹線開業の恩恵に浴して急増かと思いきや、前年度比104%、2018年度比で72%と、意外に伸び悩んでいます。

西九州新幹線武雄温泉~長崎間は、前年度比(在来線かもめ比)146%と絶好調でした。これに対し、在来線の鳥栖~江北間が伸び悩んだ理由ははっきりしませんが、西九州新幹線にのみ「おためし」で乗車する人が多かったのでしょうか。とすれば、リレー方式は前途多難に感じられます。

広告

空港特急に瞠目

目を瞠る回復をみせているのが、「成田エクスプレス」「はるか」という東西の空港特急です。前年度比で「成田エクスプレス」が1828%、「はるか」が2053%となっていて、20倍前後の利用者数を記録しました。新型コロナの影響で深く落ち込んでいたことの裏返しですが、ほっと一息というところでしょうか。

ただ、コロナ前と比べると60~70%程度の回復にとどまります。全面回復には、インバウンドの復調が待たれます。

東海地方は順調

そのほか、前年度比で大きく数字を伸ばしたのが、高山線特急「ひだ」で、20%増です。新型車両HC85系導入の効果でしょうか。

東海地方では「しらさぎ」が15~17%増、「しなの」も11%増と堅調です。東海道新幹線も堅調だったことから、東海地方は全体として、新型コロナから順調に回復していると言えるかもしれません。

奥羽線「つがる」や羽越線「いなほ」も20%増の区間がありますが、秋田新幹線運休の影響で利用者が増えた側面がありそうです。

広告

「サンライズ」勢いを維持

2018年度比で100%を超えたのは、寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」の102%と、常磐線特急「ひたち」高萩~いわき間の101%です。

このうち「サンライズ」は個室寝台が人気を博し、新型コロナ期以降、ずっと勢いがあります。

「ひたち」に関しては、常磐線が2020年3月に全線復旧をしたことで、根元にあたる区間で利用者数が底上げされました。

なお、2022年10月のJR西日本の機構改編により、今回の統計から山陰地方の発表内容が変更されています。伯備線岡山~新見間の数字が「やくも」と「サンライズ出雲」合算のみになったほか、「はまかぜ」岩美~鳥取間の数字が発表されなくなりました。(鎌倉淳)

広告
前の記事東海道新幹線の強さ際立つ。新幹線利用者数ランキング2023年新春版
次の記事埼玉高速鉄道岩槻延伸、快速運転も追い越しせず。待避設備は作らずに