大分空港にホーバークラフト航路が復活へ。2023年にも運航再開

国内唯一の定期航路に

大分空港と大分市を結ぶホーバークラフト航路が復活します。大分県の広瀬勝貞知事が発表しました。

広告

14年ぶり運航再開へ

大分県の広瀬勝貞知事は3月4日の定例記者会見で、大分空港と大分市内を結ぶホーバークラフト航路を開設すると発表しました。高速バスで約1時間かかる距離を、ホーバークラフトで約25分で結びます。大分県が船舶を購入し貸与する上下分離方式で運航し、4月以降に運航事業者を募集、早ければ2023年に開業します。

大分空港~大分市内には、かつてホーバークラフトが運航していましたが、2009年10月に廃止されました。2023年に復活すれば、約14年ぶりの運航再開となります。

ホーバークラフト

60分を25分に

大分空港の利用者数は増加傾向にあり、2018年度は200万人を突破。今後もインバウンドの強化などにより増加が予想されています。しかし、空港アクセスは不便で、陸上交通が大回りなルートとなっているため、大分市内からはバスで約60分もかかります。そのため、大分県では空港アクセス改善の方策を検討してきました。

検討の結果、新たに海上アクセスを採用することを決定しました。陸上アクセスに比べ距離が短く時間短縮効果を期待でき、用地取得や大規模構造物整備が不要なため、事業費が安く、導入期間も短いといった利点があるためです。

船舶については、高速船とホーバークラフトを比較。高速船の所要時間が約40分なのに対し、ホーバークラフトは約25分と時間短縮効果が高いうえに、導入費用も安いことからホーバークラフトを採用することに決定しました。

広告

想定29便

大分県の現在の運航計画では、定員80名程度のホーバークラフトを使用し、海上運航距離約29kmを、最速約25分での航行します。運航時間帯はおおむね6時~22時。船舶は3隻用意し、常用船2隻と予備船1隻とします。想定便数は1日29便(14.5往復)で、航空利用者の利便性に配慮した便数を確保します。

ホーバークラフトは高価で、特殊部品の長期的な調達手段の確保にも課題があります。そのため、運営は上下分離方式とし、大分県が船舶購入と発着地施設の整備を行い、民間事業者に貸し付けます。

民間事業者は、船舶貸付料と発着地施設使用料について、必要な減免を受けられますが、赤字補填はありません。運賃は他の公共交通機関への影響などを考慮し、今後調整します。

大分市内に無料駐車場

大分市側の発着地は西新地または西大分。約500台の無料駐車場を整備します。大分空港側は、既存の旧ホーバークラフト航走路を活用します。ターミナルの位置は、旧ホーバークラフトの旅客ターミナルの跡地付近とします。

大分県の事業費は、船舶購入や発着地・無料駐車場の整備費として75~85億円を想定。2020年10月以降に船舶の設計、建造や発着地の整備に着手。早ければ2023年に運航開始します。

運航開始すれば、国内唯一のホーバークラフトの定期航路となり、観光の目玉にもなりそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事山形新幹線はどう変わるか。新型車両導入、福島駅改良に着手。新トンネル計画も
次の記事「神戸市営地下鉄北神線」の運賃全詳細。谷上~三宮280円、6月1日スタート