「神戸市営地下鉄北神線」の運賃全詳細。谷上~三宮280円、6月1日スタート

定期券は半額以下に

北神急行電鉄北神線の事業譲渡が認可されました。譲渡日は2020年6月1日で、同日より神戸市営地下鉄北神線となります。運賃も公表されました。

広告

神戸市交通局が一体運営へ

国土交通省は2020年3月4日、北神線の神戸市への譲渡申請を認可しました。譲渡日は6月1日の予定です。北神線は神戸市営地下鉄西神・山手線と直通運転しており、譲渡後も直通運転することに変わりありません。運営は神戸市交通局に一体化します。

北神線は、神戸市北区の谷上駅と同中央区の新神戸駅を結ぶ7.5kmの路線で、1988年4月に開業しました。現在は神戸高速鉄道を第三種鉄道事業者、北神急行電鉄を第二種鉄道事業者とする上下分離方式で運営されています。事業譲渡後は、神戸市が上下一体で運営します。譲渡価格は198億円です。

神戸市営地下鉄北神線
画像:国土交通省

谷上~三宮280円

神戸市営化後、北神線の運賃は市営地下鉄の体系に組み込まれます。運賃計算は、既存区間の「1区」「2区」などの区分に「北神線」という区分を加えます。

新運賃は、谷上~新神戸間、谷上~三宮間ともに280円(現行は新神戸550円、三宮580円)です。谷上起点で、長田まで310円(同580円)、板宿まで350円(同620円)、妙法寺まで380円(同650円)、名谷まで420円(同690円)などとなっています。谷上~西神中央間は480円(同750円)です。

広告

定期運賃も大幅値下げ

定期運賃も値下げとなり、谷上~三宮間の通勤定期が6ヶ月57,350円(同120,430円)となります。通学定期券については、北神線の割引区分に「大学生」「中学生・高校生」を新設し、谷上~三宮間の通学定期は、大学生33,540円(同72,750円)、中高生31,870円(同71,460円)となります。

同区間の定期運賃は半額以下になり、自己負担している学生には朗報でしょう。

すでに購入した北神線経由の定期券で6月1日をまたぐものについては、買い替えを対象として特例的に払い戻しや差額返金を行う予定です。

料金表は以下の通りです。

神戸市営地下鉄料金表
画像:神戸市交通局

神戸市営地下鉄料金表
画像:神戸市交通局

神戸市営地下鉄料金表
画像:神戸市交通局

広告

1日乗車券の価格は変わらず

その他の割引として、バスと地下鉄の連絡割引(各10%)は北神線でも適用します。神姫バス、神姫ゾーンバスの割引は5%、阪急バスは路線により異なります。

花山・箕谷~新神戸間で実施している北神急行電鉄と神戸電鉄との乗継割引は5月31日をもって終了します。統合後は、神戸市営地下鉄と神戸電鉄の運賃を合算した金額となります。

神戸市営地下鉄の1日乗車券は、6月1日以降は、価格は変わらずに北神線での利用が可能となります。地下鉄1日乗車券が830円、市バス・地下鉄共通1日乗車券が1,040円です。

谷上駅の入場料については、神戸電鉄との共同使用駅となり、引き続き大人180円、小児90円です。

広告