JR九州「ふたつ星4047」の概要。キハ40、47を水戸岡デザインに

西九州新幹線開業にあわせ

JR九州が新たな観光列車「ふたつ星4077」を投入します。長崎新幹線の並行在来線区間を中心に運行します。

広告

長崎線、大村線に

「ふたつ星 4047」(よんまるよんなな)は、JR九州が2022年秋の西九州新幹線の開業にあわせて投入する、新しいD&S(デザイン&ストーリー)列車です。

コンセプトは「西九州の海めぐり列車」。 有明海や大村湾など西九州の海を巡ることに因みました。運行区間は武雄温泉~長崎間で、午前便は武雄温泉から長崎線経由で長崎に向かいます。午後便は長崎から大村線経由でハウステンボスなどを経由し、武雄温泉に戻ります。

【午前発】武雄温泉 → 長崎 (長崎本線経由)
【午後発】長崎 → 武雄温泉 (大村線経由)

土日・祝日を中心に1日各1本を、特急列車として運行します。列車名は特急「ふたつ星4047」で、所要時間はどちらのルートも約3時間を想定。停車駅の詳細は検討中です。

ふたつ星4047
画像:JR九州プレスリリース

キハ40、47を使用

車両はキハ40、47形を使用します。JR九州でおなじみの水戸岡鋭治氏のデザインですが、詳細は未発表です。

全車指定席の特急列車として運転するため、乗車には運賃のほか指定席特急券(B特急料金)が必要です。乗車券と指定席特急券を合わせた料金は、武雄温泉→長崎が4,180円、長崎→武雄温泉が4,500円など。車内では軽食などの車内販売も検討しています。

西九州新幹線の並行在来線のうち、肥前山口~諫早間は上下分離方式になるものの、23年間はJR九州が運行を継続します。新幹線の試乗とあわせて、リゾート列車の旅をしてみるのもよさそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事JR東日本「お得なグリーン料金」終了へ。2022年春値上げ
次の記事帝国ホテルの新デザインが荘厳で。日比谷の雰囲気が変わりそう