JR東日本「お得なグリーン料金」終了へ。2022年春値上げ

東海道・山陽新幹線並みに

JR東日本は、2022年春に新幹線と特急列車のグリーン料金の一部を値上げします。お得なグリーン料金がなくなり、JR他社と同水準になります。

広告

グリーン料金改定

2022年春に値上げされるのは、東北・山形・秋田・上越・北陸新幹線のグリーン料金とグランクラス料金、「成田エクスプレス」のグリーン料金、「サフィール踊り子」のプレミアムグリーン料金とグリーン個室料金です。

JR西日本も、同社管内の北陸新幹線のグリーン料金について、JR東日本と足並みを揃えて改定します。

グリーン料金の改定内容は以下のとおりです。

JR東日本のグリーン料金改定
営業キロ 現行 改定 東海道・
山陽新幹線
(参考)
100キロまで 1,050円 1,300円 1,300円
200キロまで 2,100円 2,800円 2,800円
300キロまで 3,150円 4,190円 4,190円
400キロまで 4,190円 4,190円 4,190円
500キロまで 4,190円 5,400円 5,400円
600キロまで 4,190円 5,400円 5,400円
700キロまで 4,190円 5,600円 6,600円
701キロ以上 5,240円 6,600円
800キロまで 6,600円
800キロ以上 7,790円

東海道・山陽新幹線と同水準に

JR東日本の現行の料金は、2002年の東北新幹線八戸開業時に、利用促進を目的に値下げした価格をベースとしています。今回は、それをJR各社共通料金をベースとした価格に戻します。

そのため、グリーン車の新料金は、600kmまでは東海道・山陽新幹線と同額で、300kmと500kmの刻みもなくなっています。

ただ、東海道・山陽新幹線にはない700kmの刻みは残していて、東海道・山陽新幹線の800kmまで(6,600円)より割安にしています。

利用が多そうな東京~仙台、新潟間の4,190円は据え置きです。東京発着で値上げの影響を受けるのは、盛岡(4,190円→5,400円)や、軽井沢(2,100円→2,800円)、長野(3,150円→4,190円)などです。

広告

グランクラスも値上げ

グランクラス料金も引き上げられます。こちらも300km~400kmの区分は据え置きになっています。

JR東日本のグランクラス料金改定
営業キロ 飲食あり
現行
飲食あり
改定
飲食なし
現行
飲食なし
改定
100キロまで 6,290円 6,540円 4,200円 4,450円
200キロまで 7,340円 8,040円 5,250円 5,950円
300キロまで 8,390円 9,430円 6,300円 7,340円
400キロまで 9,430円 9,430円 7,340円 7,340円
500キロまで 9,430円 10,640円 7,340円 8,550円
600キロまで 9,430円 10,640円 7,340円 8,550円
700キロまで 9,430円 10,840円 7,340円 8,750円
701キロ以上 10,480円 11,840円 8,390円 9,750円
広告

「成田エクスプレス」「サフィール踊り子」も

一部の在来線特急グリーン車の価格も改定します。まず、「成田エクスプレス」のグリーン料金は距離にかかわらず2,100円が、改定後は2,800円になります。

「サフィール踊り子」のプレミアムグリーン料金は、100kmまで2,500円が2,800円に、200kmまで3,600円が4,300円になります。

個室料金は4人用個室が8,400円から11,200円に、6人用個室が12,600円が16,800円になります。

明確な増収策

JR東日本は、2022年春に普通車指定席のシーズン別特急料金の改定も予定しています。ただ、シーズン別料金の改定は、ピークの平準化という目的が掲げられ、増収策との見方を否定しています。

これに対し、グリーン車・グランクラスの価格の改定は明確な増収策で、年数億円から十数億円の収入改善を見込んでいるそうです。値上げへの抵抗感が比較的薄い客層に対し、利用控えが起こらない程度の負担増をお願いする、という形でしょうか。

JR東日本の新幹線グリーン料金は、短距離でも利用しやすいお得さが売りでしたが、その魅力が薄れるのは、ちょっと残念です。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事「サンキュー♥ちばフリーパス」2021年版の期間と価格。千葉県内が乗り放題!
次の記事JR九州「ふたつ星4047」の概要。キハ40、47を水戸岡デザインに