東急田園都市線「減便ダイヤ」の衝撃。各停が10分間隔に

池上・多摩川線などでも減便

東急電鉄が2021年3月13日ダイヤ改正の概要を発表しました。田園都市線では、日中時間帯に毎時8本あった各停を毎時6本に削減するなど、減便ダイヤに踏み切ります。

広告

3月13日ダイヤ改正

東急電鉄は2021年3月13日にダイヤ改正を実施します。その概要が発表されました。大幅なダイヤ変更が行われるのが田園都市・大井町線です。平日、土休日の日中時間帯に、以下のような改正が予定されています。

【平日・土休日の日中時間帯】
○渋谷発下り
・現行:急行4本、準急2本、各停8本
・改正後:急行3本、準急3本、各停6本

○中央林間発上り
・現行:急行(渋谷方面)3本、急行(大井町行)2本、準急2本、各停6本
・改正後:急行(渋谷方面)3本、急行(大井町行)3本、準急3本、各停6本

○大井町発下り
・現行:急行4本、各停10本
・改正後:急行3本、各停9本

東急2020系

20分サイクルに

これまでの東急田園都市線は、日中時間帯は15分サイクルのダイヤとなっていました。15分につき急行1本、各停2本が走るのが基本で、それに加えて、30分ごとに準急と大井町急行(二子玉川以南)がそれぞれ加わる形になっています。全ての駅で毎時8本以上の列車があり、おおむね7~9分間隔で各駅停車が発着しています。

2021年ダイヤ改正では、これを20分サイクルに変更。20分につき急行1本、準急1本、各停2本にするわけです。すっきりした形になりますが、各停はおおむね10分間隔になります。もちろん、10分間隔なら利用に不便は全くありませんが、高頻度運行が特徴の東急の主力区間で、10分に1本しか列車が停まらないというのは、ある意味衝撃です。

都内(池尻大橋~用賀)では、準急が各駅に停まるので10分間隔よりは短くなりそうですが、毎時10本が9本となりますので、減便であることに変わりありません。

広告

渋谷始発が削減か

渋谷口のダイヤでは、日中毎時14本が12本に削減されます。

削減となる毎時2本の各停は、渋谷始発・終着の列車とみられます。渋谷始発・終着といいながら、メトロ線内を回送で走り半蔵門駅で折り返している列車なので、もともと中途半端な存在でした。いずれ何らかの形で整理されるとみられていましたので、その点に限れば想定の範囲内ともいえます。

大井町線も、田園都市線とあわせて、20分サイクルのダイヤになります。これまでは、15分ごとに急行1本と各停2~3本で、運転間隔が一定ではありませんでしたが、ダイヤ改正により、20分サイクルで急行1本、各停3本というパターンダイヤになりそうです。

東急では、日中運転本数の削減について、「お客さまのご利用動向の変化に対応した運行ダイヤの適正化」と表現しています。要するに、利用者が減ったから、ということのようで、コロナ禍の影響を痛感せずにはいられません。一方で、運転本数減により田園都市線・大井町線系統のダイヤがきれいになるのも事実で、収まるべき形に収まったとも感じられます。

中央林間始発の優等拡大

田園都市線では、平日朝ラッシュ時に急行と準急の運転拡大も行われます。中央林間6時54分発準急を7時00分発急行に格上げ。中央林間7時台発の準急は、これまで2本しかありませんでしたが、5本に拡充します。長津田始発の準急の3本を、中央林間始発に延長するようです。

朝ラッシュ時に中央林間発の優等列車が少なかったのは、小田急江ノ島線からの旅客流入を増やさないための施策とみられてきました。それだけ田園都市線の混雑が深刻だったわけですが、その施策を緩和するということは、同線のラッシュ時利用者数が大きく減少していることを示唆しています。

深夜時間帯では、急行運転が取り止めとなります。公表された渋谷駅23時37分発以降では、23時41分発と24時01分発の準急の2本だけが優等列車です。これまで設定されていた、23時45分、58分、0時11分、23分発の急行はなくなります。これも利用者減少を象徴していて、衝撃的でしょう。

他路線でも減便

東急電鉄の減便は、他路線でも行われます。池上線、東急多摩川線、世田谷線では、それぞれ現行の日中6分間隔が7~8分間隔となります。毎時10本から8本になるのでしょう。

一方で、東横線・目黒線は日中時間帯に大きな変更はないようです。相鉄線との直通を2022年度下期に控え、それまでは大きなダイヤ改正を見送るのかもしれません。ただ、今回の田園都市線の削減をみると、相鉄線乗り入れ時に、東横線・目黒線でも運転系統の整理が行われる可能性は高く、優等通過駅での列車本数削減が実施されるかもしれません。

終電の繰り上げについては、東横線を含む各路線で行われます。詳細は省きますが、これまでより15分~30分程度繰り上がります。横浜へは渋谷駅24時発、中央林間へは渋谷駅24時01分発が最終となります。各線ともターミナル駅の最終電車は24時20分~30分頃に出発します。利用者の方はご注意を。

広告
関連記事
前の記事JR北海道に新型観光列車。道・国の支援で宗谷線、石北線などに投入へ
次の記事西武鉄道「終電は有料特急」に。3月ダイヤ改正、飯能、本川越行きで