「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」第9弾 鹿嶋~鬼怒川温泉を分析する。勝負を分けたタクシー代

カレー以外全部食べてる

「ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第9弾が放送されました。太川陽介率いるバスチームと、村井美樹率いる鉄道チームが、鹿嶋~鬼怒川温泉で競う企画です。勝負を分析してみました。

なお、以下はネタバレ100%です。また、記事公開後に加筆・修正することがあります。あらかじめご了承ください。(文中敬称略)

広告

王林、あかりんが参加

「ローカル路線バスVSローカル鉄道 乗り継ぎ対決旅」は、ローカル路線バスを乗り継ぐチームと、ローカル鉄道を乗り継ぐチームが対決するテレビ番組です。

2021年7月24日に放送された第9弾では、「ルイルイ」こと太川陽介率いるバスチームと、「鬼軍曹」こと村井美樹率いる鉄道チームが、茨城県鹿嶋市・鹿島サッカースタジアム~栃木県日光市・鬼怒川温泉楯岩展望台で乗り継ぎ対決しました。

途中のチェックポイントは、深作農園、ツインリンクもてぎ、なかがわ水遊園の三カ所です。

バスチームのメンバーは、太川陽介、王林(りんご娘)、コカドケンタロウ(ロッチ)の3人。鉄道チームのメンバーは、村井美樹、須田亜香里(SKE48)、鈴木拓(ドランクドラゴン)の3人です。

バスチームが使っていいのはローカル路線バスのみ。鉄道チームが使っていいのはローカル鉄道のみです。ただし、両者とも1万円までタクシーが利用できます。

バスVS鉄道旅9
Ⓒテレビ東京

土曜スペシャル「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅9 茨城・鹿嶋~栃木・鬼怒川温泉」
【出演】太川陽介、王林(りんご娘)、コカドケンタロウ(ロッチ)、村井美樹、須田亜香里(SKE48)、鈴木拓(ドランクドラゴン)
【放送日】2021年7月24日(土) 18時30分~20時54分(テレビ東京系列)

広告

バスチームの実際ルート

まずは、ルイルイ率いるバスチームが実際に旅したルートをおさらいしてみましょう。時刻表上の定刻をわかる範囲で確認しました。番組ではっきり示されなかった時刻は筆者による推定で、距離はGoogleマップにより測定しています。*はチェックポイントです。

▽1日目
鹿島サッカースタジアム→約2km〔道迷い〕→09:11ウェルポート前09:51→10:15鹿島灘駅→徒歩6km→11:40深作農園*→タクシー8.2km、3,290円→鉾田駅13:30→14:50水戸駅北口15:38→16:58御前山車庫→徒歩8.4km→ツインリンクもてぎ*→ホテルツインリンク泊

▽2日目
ホテルツインリンク05:55→タクシー8.2km、3,100円→茂木06:30→06:44市塙駅入口07:17→07:56烏山駅前08:07→08:37高田/道の駅ばとう09:54→10:05田宿→徒歩1km→10:17なかがわ水遊園*→徒歩1km→田宿12:35→13:02大田原市役所入口→徒歩0.3km→大田原市役所15:00→15:31野崎駅15:45→タクシー5.2km、1,730円→矢板駅16:30→17:20新高徳駅17:45→17:55バイパス十字路→徒歩1km→楯岩展望台

バスチームの楯岩展望台のゴールは、18時10分ころのようです。


※Googleマップの地図のルートは目安です。実際のルートを正確に表示しているわけではありません。

鉄道チームの実際ルート

つぎに、鬼軍曹率いる鉄道チームが実際に旅したルートをおさらいしてみましょう。時刻表上の定刻を示しています。番組ではっきり示されなかった時刻は筆者による推定で、距離はGoogleマップにより測定しています。

▽1日目
鹿島サッカースタジアム→徒歩3.5km→鹿島神宮駅10:42→11:08大洋駅→徒歩3km→深作農園*→徒歩3km→大洋駅15:11→16:10水戸駅16:31→16:45友部駅16:50→17:30下館駅18:14→19:30茂木駅→徒歩2.5km+タクシー5.5km、2,500円→ツインリンクもてぎ*→徒歩6.3km→茂木(ホテル)

▽2日目
茂木(ホテル)05:00→茂木駅05:23→06:31下館駅06:34→06:56小山駅07:02→07:29宇都宮駅07:40→08:20西那須野駅→タクシー5.5km、2,500円+徒歩13km→なかがわ水遊園*→タクシー14km、5,000円→徒歩4.5km→西那須野駅13:58→14:39宇都宮駅15:23→15:57今市駅→徒歩0.7km→下今市駅16:15→16:48鬼怒川温泉駅→徒歩1.3km→楯岩展望台

鉄道チームは鬼怒川温泉駅から楯岩まで順調に行けば17時10分ごろには到達できたはずですが、道迷いがあったので、17時30分すぎになったようです。

ということで、第9弾は鉄道チームの勝利に終わったわけですが、両者のとったルートについて、検証してみましょう。なお、タクシー代の概算はNAVITIMEのタクシー料金検索に依拠しています。

広告

スタート直後に迷わなかったら

まずはバスチームの検証です。スタートは、サッカースタジアムに隣接する卜伝の郷運動公園での撮影だったようで、この公園の最寄りバス停は、番組でも紹介されていた卜伝の郷運動公園入口です。公園での聞き込みで、同バス停9時発のバスを紹介されたものの、一行はバス停を見つけられず、乗れませんでした。

仮にこのバスに乗れていたらどうなっていたでしょうか。

▽1日目
卜伝の郷運動公園入口09:00→09:20鹿島灘駅→徒歩6km→10:45深作農園*→タクシー8.2km、3,290円→鉾田駅11:45→12:10茨城空港12:45→13:44大工町13:51→15:03御前山車庫→徒歩8.4km→ツインリンクもてぎ*→タクシー8km、概算3,020円→茂木18:35→18:49市塙駅入口

深作農園のミッションを45分程度でクリアすれば、茨城空港を経由して、水戸市中心部の大工町で乗り継げば、実際ルートより約2時間早く御前山車庫に到着できます。ツインリンクもてぎには17時すぎに到着し、ミッションを1時間程度で済ませてタクシーに乗れば、その日は市塙駅入口まで行くことが可能です。ただ、その後、烏山へのバスは翌朝までなく、実際ルートに収斂します。

あるいは、18時すぎにミッションを終えて、まだ時間があるからと、茂木市内まで歩いて、市街地で宿泊することもできたかもしれません。そうすればタクシー代が浮いて、その後の展開が楽になった可能性があります。

関連記事

鈴木の「好アシスト」

実際ルートに戻ります。ルイルイ一行は、卜伝の郷運動公園入口のバス停を見つけられず、周辺で道に迷ってしまいます。そこで鉄道チームに出会い、鈴木拓に適当な方向のバス停位置を教えられました。その方向へ歩いて行くと、偶然にもウェルポート前というバス停に行き当たり、鹿島灘行きに乗れました。

仮に、この鈴木の助言がなく、元の卜伝の郷運動公園入口のバス停に戻っていたら、どうなっていたでしょうか。

▽1日目
卜伝の郷運動公園入口10:02→11:25鹿島灘駅

このように、鹿島灘駅に着くのは11時半近くになりまず。実際ルートでは10時15分着でしたので、それより1時間以上遅くなります。こうなると、深作農園へ向かう際にタクシーに乗るなどして、実際ルートよりタクシー代を余計に使うことになっていた可能性が高く、後半戦に響いたでしょう。

つまるところ、適当な方向を指さした鈴木の助言は、敵に塩を送る「好アシスト」だったといえます。

深作農園のタクシー利用

ルイルイ一行の次のポイントは、深作農園へのアプローチでしょう。鹿島灘駅から深作農園へは6km以上の距離があり、タクシーを使ってもおかしくありませんでしたが、一行は徒歩で乗り切りました。

ミッション後、深作農園から鉾田駅までは8kmあります。この区間ではタクシーを使って、鉾田駅13時30分発のバスに間に合っています。

鉾田駅から水戸駅へのバスは、日中はこの1本しかないため、乗り遅れたら大変なことでした。深作農園への立ち寄りで、鉾田へ向かうときだけタクシーを使ったルイルイの判断は的確だったといえます。

1日目はほぼ完璧

次のハードルは、第2チェックポイントのツインリンクもてぎへのアプローチでした。ツインリンクへは、土休日のみ水戸駅から直通バスがありますが、平日は途中の御前山車庫までです。

ルイルイは水戸駅の案内所で正確な情報を得て御前山車庫行きのバスに乗り、17時前に御前山車庫に到着しました。そして、ツインリンクもてぎへタクシーを使わず、8kmあまりを歩き切ります。ここでタクシー代を温存できたことには、大きな意味がありました。

ツインリンクでのミッションには苦戦したものの、この日はバスで茂木以遠に行くことはできないため、何時までかかっても同じでした。翌日の烏山方面のバス情報を仕入れた上でホテルに宿泊します。

1日目のルイルイにミスがあったとすれば、卜伝の郷運動公園入口での乗り逃しでしたが、これは鉾田で収斂し、後のスケジュールに影響を及ぼしません。つまるところ、1日目のルイルイは、ほぼ完璧な形で終えたといえます。

広告

茂木でのタクシー利用

2日目、ルイルイ一行は6時頃にホテルツインリンクを出発し、タクシーで茂木バス停に到着します。このタクシー代が3,100円で、意外とかかりました。ホテルツインリンクは、茂木バス停と逆方向にあるので、ツインリンクから茂木に向かうよりもメーターが上がるのです。

茂木のバス出発時刻が6時30分なので、8kmの距離がある以上、タクシー利用はやむを得なかった、ともいえます。ただ、時間を作りやすい早朝時間帯に、駅までのアプローチでタクシー代総額1万円の3分の1を投じてしまったのは気になります。

一行は、予定通り茂木駅06時30分のバスに乗り、烏山を経て、高田、道の駅ばとうと絶妙な乗り継ぎで、なかがわ水遊園に至ります。なかがわ水遊園のミッションも順調にこなしました。2日目の午前中も、ミスなく乗り継いだといえます。

広告

矢板ルート

バスチームにとって、最大のハードルは、なかがわ水遊園から鬼怒川温泉へのアプローチでしょう。一行は、大田原市役所から野崎駅へ出て、矢板駅から新高徳駅行きのバスに乗り、さらに鬼怒川温泉行きへ乗り換えるという道筋をたどりました。これを「矢板ルート」と呼びましょう。

矢板ルートでは、そもそも論として、鬼怒川温泉への入口が矢板駅である、という情報を仕入れることが難題です。しかし、ルイルイは、矢板~新高徳のバスを利用したことがありますので、矢板から鬼怒川への道筋を知っていました。

となると、なかがわ水遊園から矢板を目指せばゴールできることは明らかなので、難易度はぐっと下がるでしょう。矢板へ向かうなら、大田原市役所でバスを乗り換えて野崎駅に至り、野崎駅~矢板駅間をタクシーでつなぐという乗り継ぎが合理的です。

ルイルイは正確にこのルートをたどり、大田原市役所で2時間の待ち時間があったものの、無事野崎駅に到達しました。

野崎駅から矢板駅まではタクシーです。1日目、御前山車庫からツインリンクまで8kmを歩いた成果として、この区間のタクシー代が残っていました。タクシーがいないというハプニングはありましたが、時間にすれば15分程度で、大きな痛手ではありません。矢板駅16時30分発のバスに、余裕をもって乗車できたはずです。

この一本前は12時40分発なので、どんなにがんばっても乗れません。つまり、ルイルイ一行は、乗車可能な範囲で最も早い時間のバスで、矢板から鬼怒川方面に向かったことになります。

最終的に、新高徳駅で乗り継いで、楯岩展望台最寄りのバイパス十字路に到着したのは18時前。ゴールは18時10分ごろだったようです。

ぱっと見たところ、2日目のルイルイの乗り継ぎにもミスはなさそうです。タクシーの使い方もバランスが良く、徒歩距離はごく短かったです。歩く距離を最低限に抑えた乗り継ぎは、見事というほかありません。

つまり、1日目に続き、2日目もルイルイは「最適解」をたどって、楯岩展望台にゴールしたといえそうです。

広告

氏家ルート

ただ、最適解が最速解とは限りません。実際、最適解よりも、早くゴールする乗り継ぎも存在します。「氏家ルート」です。

実際ルートでは、一行はなかがわ水遊館に近い田宿というバス停から大田原に向かいましたが、水遊園から4kmほど歩いて、那珂川町の栄町というバス停から氏家駅に抜けるという方法もありました。

氏家駅から中徳次郎までタクシーで抜ければ、その先、今市までのバスは比較的頻繁に走っています。そのため、以下のように乗り継げます。

▽2日目
なかがわ水遊園→徒歩4.1km→栄町13:08→13:48氏家駅前→タクシー13.1km、概算4,520円→中徳次郎14:37→15:08住吉町15:14→15:42バイパス十字路

この乗り継ぎを実現するには、なかがわ水遊園を12時頃までに出発しなければなりませんが、実際のバスチームは11時55分頃にはミッションを終了していましたので、条件を満たします。

すると、上記の乗り継ぎで、バイパス十字路に15時42分に到着できます。16時頃には展望台にゴールできていたでしょうから、鉄道チームより1時間以上早くなり、圧勝できていたでしょう。

氏家ルートの実現性

ただ、氏家ルートで問題になるのはタクシー代です。上記乗り継ぎでは、氏家→中徳次郎間13kmのタクシー代として概算4,520円を計上していますが、実際には、もう少しかかるかもしれません。

概算通りとしても、この時点で一行の残金は3,610円なので、900円ほど不足します。なんであれ、タクシー代が足らず、3km程度は歩く必要がありそうです。しかし、乗り継ぎ時間は49分ですので、それだけ歩くと、中徳次郎からのバスに間に合うか微妙です。

そこで惜しまれるのは、2日目早朝のタクシー代でしょう。一行は、ホテルツインリンクから茂木駅まで、約8kmに3,100円のバス代を投じています。もう少し早起きして、このうち2km程度を歩き、1,000円程度のタクシー代を浮かせておけば、氏家を経て万全の形でゴール可能だった、というわけです。すなわち、以下のようになります。

▽2日目
ホテルツインリンク→タクシー約6km、2,000円+徒歩約2km→茂木06:30→06:44市塙駅入口07:17→07:56烏山駅前08:07→08:37高田/道の駅ばとう09:54→10:05田宿→徒歩1km→10:17なかがわ水遊園*12:00→徒歩4.1km→栄町13:08→13:48氏家駅前→タクシー13.1km、概算4,520円→中徳次郎14:37→15:08住吉町15:14→15:42バイパス十字路→徒歩1km→16:00ごろ楯岩展望台

氏家ルートについては、国道119号線(徳次郎)まで出れば今市方面のバスがあるという情報を、なかがわ水遊園までに得ていないと選択できません。この情報をつかむのは難しく、タクシー代の問題もあるので、実現可能性については微妙です。というよりも、どちらかといえば、机上論に近いといったほうがいいでしょう。そのため、これを「最適解」と呼ぶのは躊躇します。

ただ、ルイルイは、途中の聞き込みで、宇都宮方面に行けば、鬼怒川方面へ出られるという路線バスの情報を得ていたようです。また、道の駅ばとうのバス停では、氏家行きのバスの時刻を確認する機会もありました。そのため、氏家ルートを選択することが絶対にできなかったとまでは言い切れません。

ルイルイは矢板ルートの存在を知っていたこともあり、氏家ルートについてあまり検討しなかったようにも感じられます。過去の知識が新たな情報の獲得の妨げになっていたのだとすれば、もったいなかったでしょう。

とどのつまり、バスチームが鉄道チームよりも早くゴールすることは、困難だったものの不可能ではなかった、という結論になりそうです。

広告

塩原ルート

そのほかの可能性として、大田原から西那須野に出て、塩原を経由するルートも検討してみます。ルイルイ一行は、田宿から西那須野駅行きのバスを大田原で降りてしまいましたが、終点まで乗り通した場合の乗り継ぎです。

▽2日目
田宿12:35→13:14西那須野駅東口/西那須野駅西口13:33→14:18塩原温泉14:48→15:10上三依塩原温泉口駅→タクシー13.5km、概算4,520円→湯西川温泉駅17:00→17:30鬼怒川温泉駅

途中で13.5kmほど、バスがつながらない区間があります。つながらない距離は氏家ルートとほぼ同じで、タクシー代が1,000円ほど足りなくなるでしょう。タクシーに乗車可能なのが13kmのうち10kmほどと考えると、徒歩距離は3km程度。乗り継ぎ時間は1時間50分ありますので、実現可能性は高いです。

ただし、鬼怒川温泉駅到着17時30分は、鉄道チームより42分遅いです。そのため、塩原ルートをたどっても、勝つことはできなかったでしょう。

ルイルイは、大田原での2時間待ちを知ったとき、他のルートを模索していました。しかし、現実には田宿から大田原方面のバスに乗った段階で、鉄道チームが実際ルートをたどれば、それより早くゴールすることは不可能だったわけです。つまり、田宿で勝敗は決していた、ということです。

次ページに続きます

広告
関連記事
1
2
前の記事静岡~甲府が1時間35分。中部横断自動車道が8月29日開通!
次の記事西武特急「ラビュー」子ども料金を実質無料に。7/31から期間限定で