「ウエストエクスプレス銀河」紀勢線方面の全駅時刻表と運転日。7月16日運行開始!

ツアー専用で運行

JR西日本の長距離列車「ウエストエクスプレス銀河」が2021年07月16日から紀勢線方面へ運行を開始します。京都~新宮間の全駅時刻表など、運行詳細をご紹介します。

広告

京都~新宮

「ウエストエクスプレス銀河」は、新快速などに使われた117系を改造した新しい長距離列車です。グリーン車指定席と、ノビノビ座席、コンパートメント、フリースペースなどの車内設備で構成します。2020年に山陰方面への運行でデビューし、次いで山陽方面への運行も実施しました。

ウエストエクスプレス銀河
画像:JRおでかけネットより

第3弾となるのが紀勢線方面で、2021年7月から運行を開始します。その運行詳細が発表されました。京都を起点に、紀伊半島をぐるりと回る経路です。

WEST EXPRESS 銀河紀南コース
画像:JRおでかけネットより

「ウエストエクスプレス銀河」紀南方面時刻表

「ウエストエクスプレス銀河」の紀南方面への時刻表は、下りが京都発21時15分、新宮着09時37分。上りが新宮発12時00分、京都着22時24分。下りは約12時間22分、上りは約10時間24分かかります。

長く乗りたい人には、下りの夜行便ほうがお得でしょう。ただ、寝ている時間がもったいない、と考えるなら、上りのほうが魅力かも。全駅の時刻表は以下の通りです。

WEST EXPRESS銀河紀南方面時刻表
画像:JRおでかけネットより

今回は特産品の販売、お出迎えなどの「おもてなし」が多数の駅で行われます。

下りは和歌山駅、串本駅、紀伊勝浦駅、新宮駅。上りは新宮駅、紀伊勝浦駅、太地駅、古座駅、串本駅、周参見駅です。注目は、深夜の和歌山駅近くで楽しめる「まる豊」の和歌山中華そば。上りは新宮駅、紀伊勝浦駅、周参見駅などで供される弁当の数々でしょうか。

オプションとして、現地レンタカーや熊野御坊南海バスの「悠遊フリー乗車券」(1日3000円など)もあります。

広告

「ウエストエクスプレス銀河」紀南方面運転日

運転期間は7月16日~12月22日です。運転日は、下り(京都発新宮行)が月・金で、上り(新宮発京都行き)が水・日です。ただし、8月9日~19日は運転しません。

WEST EXPRESS銀河紀南方面運転日
画像:JRおでかけネットより

チケットは駅窓口での販売はなく、日本旅行が企画・実施する旅行商品(ツアー)に限定して販売します。

ツアー参加希望の場合は、抽選に応募する必要があります。7月28日までの出発は5月31日応募締め切り、9月1日までの出発は6月14日応募締め切りなどとなっています。

以下のアドレスから申し込むことができます。
日本旅行「WEST EXPRESS銀河」専用ページ

広告
関連広告
前の記事JR東海の売上高が激減。JR6社、2021年3月決算を読み解く
次の記事フリーゲージトレイン計画の記載なし。近鉄、新中期経営計画を読み解く