東京~静岡間を格安旅行する方法まとめ【2020年版】新幹線、高速バス、青春18きっぷでおトクに移動!

小田急を使う方法も

東京~静岡を安く行く方法を考えてみましょう。新幹線、高速バス、青春18きっぷなどについて、基本的なことから、ややマニアな行き方までご紹介します。

広告

東海道新幹線

東京〜静岡を旅行するとき、真っ先に思い出すのがJR東海の東海道新幹線です。静岡駅に停車するのは「こだま」号と、一部の「ひかり号」です。「のぞみ」号は停まりません。

東京駅~静岡駅の所要時間は「ひかり」号で約1時間、「こだま」号で約1時間20分です。正規料金は普通車自由席が5,940円、普通車指定席が6,470円で、「ひかり」でも「こだま」でも同じ値段です。同じ値段なら「ひかり」号が早くて良さそうですが、「こだま」のほうが自由席が多く、座席指定しなくても座りやすいです。

東京~静岡間の新幹線格安チケットとして手軽なのが、新幹線回数券。自由席用が6枚綴りで32,940円、1枚あたり5,490円です。指定席用が37,560円で、1枚あたり6,260円です。駅窓口では6枚セットでしか購入できませんが、金券ショップではばら売りしています。

東京~静岡間には、東海道新幹線の格安チケットの代表格として知られる「ぷらっとこだま」という旅行商品も設定されています。JR東海ツアーズが発売しているもので、片道4,800円です(ワンドリンク付き)。「こだま」の指定された列車にしか乗れませんが、定価より約25%OFFで格安です。

JR東海のインターネット列車予約である「スマートEX」では、定価の200円引きで新幹線に乗車できます。「EX早特」といった、ネット専用の格安チケットはありません。

このほかは、エクスプレス予約などの会員制チケットや学割以外に、新幹線の割引きっぷはありません。

静岡駅

JR普通列車乗り継ぎ

JR東海道線の普通列車で、東京~静岡間を移動することもできます。事前に時刻表を調べておけば、東京駅~熱海駅~静岡駅と1回の乗り換えで済みます。新宿から湘南新宿ラインを利用した場合は、東京駅~小田原駅~熱海駅~静岡駅といった形で、2回の乗り換えになります。

東京駅~熱海駅~静岡駅と乗り継いだ場合の所要時間は約3時間10~20分です。JRの普通運賃のみで乗車でき、価格は3,410円です。

春、夏、秋の学休期なら、青春18きっぷを使うという手もあります。青春18きっぷは5日分セットで1日あたり2,410円なので、東京~静岡の普通運賃よりも安いです。ただ、1日分だけをJR駅窓口では買えません。金券ショップで購入する場合、1日あたり3,000円くらいになることもありますが、それでも定価より安いです。

青春18きっぷの利用期間は、おもに3月1日~4月10日、7月20日~9月10日、12月10日~1月10日の年3回です。

広告

小田急+JR乗り継ぎ

普通列車利用なら、小田急で新宿駅~小田急駅、JR東海道線で小田原駅~熱海駅~静岡駅と乗り継ぐ方法もあります。普通列車といっても、小田急では料金不要の急行や快速急行を利用します。

所要時間は約3時間30分~40分で、JR東海道線の横浜経由に比べると時間はかかります。運賃は小田急線900円、JR線1,690円で、合計2,590円です。

小田急線の株主優待券を金券ショップで購入すると、さらに安くなります。販売価格は店により異なりますが、600円程度です。仮に小田急の株主優待券を600円で入手した場合、新宿~静岡間は2,290円となり、青春18きっぷ1日分より安くなります。

新宿など東京西部エリアから静岡を目指す場合、小田急経由にすると節約効果が高いです。

特定特急券区間を活用する

普通列車ばかりだと、東京~静岡間は3時間以上かかりますが、少しだけ時間を短くしたいなら、一部区間で新幹線を活用する方法もあります。新幹線には隣駅区間(かつて隣駅だった区間も含む)では割安な特定特急料金が設定されているからです。

たとえば、三島~静岡間の特定特急料金は990円(自由席)です。同区間を普通列車に乗れば約1時間かかりますが、新幹線なら約15分です。東京~静岡間をJR普通列車と三島~静岡間のみ新幹線で移動する場合、運賃3,410円+特定特急料金990円で合計4,400円となります。

小田原まで小田急を利用する場合、新宿~静岡間が運賃2,590円+特定特急料金990円で、合計3,580円となります。

ただ、三島での待ち時間を考えると時間の節約にはあまりなりませんし、面倒かもしれません。

広告

高速バス

東京~静岡間の移動では、高速バスも有用です。JRバス、しずてつジャストラインなどが、東京駅~静岡駅や、バスタ新宿・渋谷マークシティ~静岡駅に高速バスを運転しています。所要時間は約3時間~3時間30分です。

東京駅~静岡駅間のJR「東名ハイウェイバス」の価格は2,990円で、前日までの早売1なら2,340円です。新幹線に比べると時間は倍以上かかりますが、価格は半額程度です。JR普通列車乗り継ぎよりも安く、青春18きっぷよりは高い、という価格帯です。

JR普通列車のような乗り換えはありませんし、シートも普通列車よりは快適です。高速バスは、便利さと手頃さのバランスがとれているといえそうです。

使う人は少ないようですが、夜行バス「ドリーム静岡・浜松号」もあります。東京駅~静岡駅の所要時間は約5時間30分。価格は3,300円~3,700円です。時間が短すぎてあまり寝られないと思われますし、昼間のバスより高いですが、夜間に移動したい人には便利でしょう。

広告

東京~静岡間を安く行く方法まとめ

では、東京~静岡間を安く行く方法をまとめてみましょう。

東京~静岡の価格比較(通常期)
交通機関 価格
新幹線指定席 6,470円
新幹線自由席 5,940円
ぷらっとこだま 4,800円
JR普通列車 3,410円
小田急+JR普通列車 2,590円
東名ハイウェイバス 2,990円
東名ハイウェイバス早売1 2,340円

 
東京~静岡間の移動で安さににこだわるなら、JRバスの早売1がおトクです。2,340円は格安といっていいでしょう。鉄道で安く行きたいなら、小田急+JR東海道線の乗り継ぎが最安値です。3時間半くらいかかりますが、1回あたり2,590円はお得です。小田急の株主優待を金券ショップで購入できれば、さらに安くなります。

スピード重視なら、いうまでもなくJR新幹線です。自由席の定価で6,000円近い価格ですが、1時間ほどで到着できるスピードは魅力です。「こだま」でいいなら、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」を使えば、4,800円なのでおトク感があります。(鎌倉淳)

JR東海ツアーズ

広告