東京九州フェリー、品川~博多間の乗り継ぎ時刻表。新門司港に無料連絡バス

品川~博多25時間

東京九州フェリーは、横須賀港と新門司港へのアクセス詳細を発表しました。新門司港~小倉駅間に連絡バスを運転します。それを利用した、鉄道と船による品川~博多間の乗り継ぎ時刻表を作ってみました。

広告

横須賀~新門司7月1日デビュー

東京九州フェリーは、横須賀(新港)~北九州(新門司港)間に開設される新航路です。就航日は2021年7月1日。速力28ノットの最新鋭の高速フェリーを投入し、日曜日を除く週6日に、毎日1便ずつ運航します。横須賀新港~新門司港間の時刻表は以下の通りです。

■横須賀・北九州航路時刻表
横須賀発 23:45 新門司着 21:00(翌日)
新門司発 23:55 横須賀着 20:45(当日)
※日曜日を除く週6便運航。

横須賀、北九州とも深夜に出発し、翌日の夜に到着するダイヤです。所要時間は横須賀発便が21時間15分、新門司発便が20時間45分です。

東京九州フェリー
画像:東京九州フェリー

港へのアクセスは?

就航を前に、各フェリーターミナルへのアクセス方法の詳細が公表されました。

新設される横須賀フェリーターミナルは、横須賀警察の北側、新港埠頭の突端付近です。自動車のアクセスは、横浜横須賀道路・横須賀I.Cより約5.2km、約15分。本町山中有料道路出口からは、約2.2km、8分ほどでしょうか。

公共交通機関では、京急横須賀中央駅より約1.2km、タクシーで約6分と告知されています。Googleマップでは、最短1km、徒歩13分と出ました。

新門司フェリーターミナルは、新門司港の南端です。阪九フェリーやオーシャン東九フェリーのターミナルからは、だいぶ離れますのでご注意ください。クルマでのアクセスは、九州自動車道門司I.Cより約6.8km、約15分。九州自動車道(下り線)新門司I.Cより約4.2km、約10分です。

公共交通機関では、JR門司駅から約9.6km、タクシーで約20分と告知されました。Googleマップでは、9.5km、クルマで19分と出ています。

広告

連絡バスを運行

新門司に関しては、乗下船の時間にあわせて無料の連絡バスを運行します。連絡バスは、新門司フェリーターミナル~JR門司駅前~JR小倉駅前の順で運行します。時刻表は以下の通りです。

新門司フェリーターミナル 連絡バス時刻表

▽下り
新門司フェリーターミナル(21:00に着岸後、乗車完了次第出発)→門司駅21:30着→小倉駅21:50着

▽上り
小倉駅22:10→門司駅22:30→新門司フェリーターミナル23:00着

品川~博多間連絡時刻表

上記時刻表に基づいて、東京・九州フェリーを使った品川~博多間の連絡時刻表を作成してみました(平日ダイヤ)。

▽下り
品川駅21:39→(京急快特*)→22:28横須賀中央駅→徒歩1.2km→横須賀港23:45→21:00新門司港→(連絡バス)→21:50小倉駅22:03→(JR快速)→23:10博多駅
*座席指定を希望する場合、品川駅21:47発の「イブニング・ウイング18号」もある。横須賀中央22:33着。

▽上り
博多駅20:45→(JR快速)→22:00小倉駅22:10→(連絡バス)→23:00新門司港23:55→20:45横須賀港→徒歩1.2km→横須賀中央駅21:08→(京急快特)→21:57品川

京急線(品川~横須賀中央間)、JR鹿児島線(小倉~博多間)とも頻発していますので、時刻表を過度に気にする必要はないかもしれませんが、目安としてご利用ください。

広告

小倉駅、門司駅のバス乗り場

上記乗り継ぎの場合、上りの小倉駅で電車からバスへの接続時間は10分と短いですので、バス乗り場をあらかじめ確認しておくといいでしょう。

小倉駅の連絡バス乗り場の地図は以下の通りです。

東京九州フェリー小倉駅連絡バス乗り場

連絡バス乗り継ぎは、電車賃節約のため小倉駅にしていますが、門司駅を利用すると、電車賃が増えますが少し時間に余裕ができます。門司駅の連絡バス乗り場の地図は以下の通りです。

東京九州フェリー門司駅連絡バス乗り場

小倉駅、門司駅とも、駅とバス乗り場は離れていませんが、小倉駅のほうが少し便利そうに感じられます。

なお、省略しましたが、もっと節約したい方は、小倉~福岡間には高速バスがありますし、もっと早く行きたい方は、新幹線があります。

全体をまとめると、東京九州フェリーを利用すると、東京~福岡間が鉄道・バス・船で約25時間となります。深夜の移動になりますが、身軽な旅行者なら、楽しい旅になりそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事トキエアの研究。新潟発「プロペラLCC」という新業態は成功するか
次の記事羽越新幹線・奥羽新幹線計画の詳細発表。ルートや採算性など検討