JALの燃油サーチャージ、欧米往復11万円を突破。最高値を更新

適用価格表の上限に

航空会社の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)が、最高値を更新します。JALは2022年10月発券分から引き上げ、欧米往復は11万円を突破します。

広告

基準価格が20,000円を突破

JALは国際線旅客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)について、2022年10-11月発券分で大幅に引き上げることを発表しました。4月頃から急騰を始めた燃油サーチャージは、さらなる高値圏に突入します。

燃油サーチャージは、燃油市況価格の直近2か月間の平均に基づき算定されます。

JALによりますと、10-11月発券分では、基準となるシンガポールケロシンの直近2ヶ月の市況価格が151.56米ドルで、同期間の為替平均が135.18円。これを乗じた1バレルあたりの金額は20,488円となり、基準価格が初めて20,000円台を突破しました。

JALエアバスA350
画像:JAL

JALの新サーチャージ金額

これにより、JALでは10月1日発券分から燃油サーチャージの価格を引き上げます。ひとり1区間片道あたりの燃油サーチャージは、日本から北米・欧州・オセアニアなどが57,200円に、ハワイ・インドなどが37,400円に、タイ・シンガポールなどが29,800円になります。

これは片道の金額なので、往復で北米・欧州・オセアニアなどが114,400円に、インド・ハワイなどが74,800円に、タイ・シンガポールなどが59,600円となります。

アメリカやヨーロッパへのサーチャージ往復金額が、ついに10万円を突破し、11万円台となりました。タイへの往復ですら6万円近くになります。格安航空券の本体価格かと見まがうような金額が、サーチャージだけでかかるようになりました。

4期前からの燃油サーチャージの変化は下表の通りです。に比べると、欧米が約2.8倍、東南アジアが約3倍、韓国が約4.2倍などとなっています。

JALの燃油サーチャージ(円)
路線 4-5月 6-7月 8-9月 10 -11月 増加率
北米・欧州・中東・オセアニア 20,200 36,800 47,000 57,200 283%
ハワイ・インドネシア・インド・スリランカ 12,700 23,600 30,500 37,400 294%
タイ・マレーシア・シンガポール・ブルネイ 9,800 19,600 24,700 29,800 304%
グアム・パラオ・フィリピン・ベトナム・モンゴル 5,800 12,700 17,800 22,900 395%
東アジア(韓国、モンゴルを除く) 5,200 9,900 11,400 12,900 248%
韓国 1,800 4,100 5,900 7,700 428%

※片道あたり、発券日基準

広告

適用価格表の上限に

今回の燃油サーチャージ額は、JALが公表している適用価格表の上限である、「ゾーンO」に該当します。つまり、現時点で想定している最高値です。

JALの北米・欧州向け適用条件表
ゾーン 基準価格 サーチャージ額
A 6,000円~7,000円 4,500円
B 7,000円~8,000円 8,900円
C 8,000円~9,000円 13,400円
D 9,000円~10,000円 17,800円
E 10,000円~11,000円 20,200円
F 11,000円~12,000円 24,200円
G 12,000円~13,000円 28,800円
H 13,000円~14,000円 33,400円
I 14,000円~15,000円 36,800円
J 15,000円~16,000円 40,200円
K 16,000円~17,000円 43,600円
L 17,000円~18,000円 47,000円
M 18,000円~19,000円 50,400円
N 19,000円~20,000円 53,800円
O 20,000円~21,000円 57,200円

 
ANAは、まだ10月以降の燃油サーチャージを発表していませんが、金額としてはJALと大差ない金額になるでしょう。

ただ、幸いなことに、最近になって原油価格は落ち着きを見せており、当面の天井に到達した雰囲気も漂います。円安も一段落しました。

基準となるシンガポールケロシンの最新の市況価格は138.5米ドルで、今回の基準価格の151.56米ドルを下回っています。為替相場も135円前後で、今回の相場平均と同水準です。

したがって、このままの状況で推移すれば、12-1月の燃油サーチャージは少し値下がりするかもしれません。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事JR北海道、737系電車の概要。ロングシートで座りやすくなる?
次の記事「ローカル路線バスの旅Z 第19弾 谷川岳→銀山温泉」の正解ルートを考える。「微妙な難しさ」という按配