ホーム リゾート列車 「SLぐんま」旧型客車をリ...

「SLぐんま」旧型客車をリニューアル。昭和木目調のデザインに

群馬DCにあわせ

「SLぐんま」で使用されている旧型客車をリニューアルします。昭和初期をイメージした木目調のデザインです。

群馬DCにあわせ

JR東日本高崎支社は、「SLぐんま みなかみ」「SLぐんま よこかわ」用の旧型客車の内装をリニューアルすると発表しました。2020年4月から6月に開催される群馬デスティネーションキャンペーンに向けたものです。

SLぐんま
画像:JR東日本高崎支社プレスリリース

リニューアルのコンセプトは「会話がはずむ列車」。現在、「SLぐんま」に使用している旧型客車7両のうち1両を「ラウンジカー」に変更し、ボックス席、ロングテーブル席、サービスカウンターを備えた車両とします。ラウンジカーは、乗客のフリースペースとして開放します。

SLぐんまリニューアル
ボックス席。画像:JR東日本高崎支社プレスリリース

SLぐんまリニューアル
ロングテーブル席。画像:JR東日本高崎支社プレスリリース

SLぐんまサービスカウンター
サービスカウンター。画像:JR東日本高崎支社プレスリリース

その他の普通車も内装を昭和初期の木目調に変更します。

SLぐんまリニューアル
画像:JR東日本高崎支社プレスリリース

2020年4月運転開始

リニューアル車両の営業運転開始時期は、2020年4月。リニューアル後の旧型客車での運転日は 2020 年1月下旬頃に告知します。現在の内装での運転は、2019年10月28日が最終日となる予定です。

「SLぐんま みなかみ」の運転区間は高崎~水上間、「SLぐんま よこかわ」の運転区間は高崎~横川間です。