新幹線で博多~長崎を格安旅行する方法【2022年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅

2022年9月23日開業!

西九州新幹線で博多~長崎を安く行く方法について、2022年9月23日の開業を前に、情報をまとめてみました。「かもめ」「リレーかもめ」号について、かなり基本的なことから、ややマニアな買い方までご紹介します。

広告

博多・長崎価格比較

西九州新幹線は武雄温泉~長崎間が2022年9月23日に開業します。博多~長崎間は在来線「リレーかもめ」と新幹線「かもめ」を武雄温泉で乗り継ぐリレー方式です。

博多~長崎間の正規運賃・料金は、「かもめ」指定席の場合で6,050円(通常期)。自由席が5,520 円です。これがいわゆる「通常料金」です。

夏休みなどの繁忙期は指定席料金が200円増しになります。自由席は通年同額です。

博多~長崎間の新幹線の割引きっぷを、以下に表にしてまとめておきます。詳細は下のほうで説明していきます。

博多~長崎の価格比較(通常期)
きっぷ 価格
指定席通常価格 6,050円
自由席通常価格 5,520円
かもめネットきっぷ 4,200円
かもめネット早特3 3,600円
おためし!かもめネット早特7 3,200円
株主優待割引(指定席) 3,020円
株主優待割引(自由席) 2,760円
パッケージツアー 約12,000円~
ダイナミックパッケージ 約13,000円~

 

西九州新幹線長崎駅

広告

自由席を使う

まず、基本的なルールとして、新幹線では自由席に乗ると安くなります。西九州新幹線は、「リレーかもめ」と「かもめ」を武雄温泉駅で乗り換えますが、自由席の価格は通算で指定席より530円(通常期)安くなります。割引率は約9%で、簡単ですが効果的な格安旅行法です。

自由席 5,520円

自由席は席の確保が心配になります。博多から乗る場合も長崎から乗る場合も始発列車なので、並べば空席にありつける可能性が高いですが、武雄温泉駅での乗り換えは要注意です。混雑時には、乗り換え先の列車で席にありつけない可能性がありますので、武雄温泉到着前に、早めに出口に向かいましょう。

かもめネットきっぷ

西九州新幹線のベーシックな割引きっぷが、「かもめネットきっぷ」です。JR九州インターネット列車予約で販売するネット専用の格安チケットです。利用日当日まで購入できます。

博多~長崎間の価格は4,200円で、定価より約30%の割引です。

かもめネットきっぷ 4,200円

広告

かもめネット早特3

JR九州インターネット列車予約で販売する、早割タイプの格安チケットです。利用日の3日前まで購入できます。

博多~長崎間の価格は3,600円で、定価より約40%の大幅割引です。

かもめネット早特3 3,600円

おためし! かもめネット早特7

JR九州インターネット列車予約で販売する、期間限定のタイプの格安チケットです。利用日の7日前まで購入できます。2022年12月31日有効開始分までの販売です。

博多~長崎間の価格は3,200円で、定価より約47%で、ほぼ半額です。

おためし! かもめネット早特3 3,200円

広告

JR九州株主優待券

JR西日本の株主優待券を利用すれば、1枚につき運賃・料金が50%割引になります。博多~長崎では、指定席が3,020円、自由席が2,760円です。

株主優待割引(指定席) 3,020円[要株主優待券1枚]
株主優待割引(自由席) 2,720円[同上]

株主優待券は金券ショップなどで購入でき、最近の相場は1枚2,000円程度です。1枚2,000円で入手した場合、指定席が5,020円、自由席が4,720円となります。

この価格の場合、かもめネットきっぷより高いので、株主優待券を金券ショップで買う意味はないでしょう。

レールパック

往復の新幹線と宿泊がセットになった旅行商品(パッケージツアー)です。日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」が有名です。西九州新幹線を取り入れたプランはまだ出ていませんが、既存の「かもめ」利用の場合で、2名1室利用で一人11,000円程度~。1名利用の場合は、2,000円ほど高くなります。

西九州新幹線の場合、これより多少価格がアップするとみられますので、1泊で12,000円程度になりそうです。

新幹線指定席往復+ホテル1泊で12,000円程度~(予想)
日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」

ダイナミックパッケージ

ダイナミックパッケージは、お好みの新幹線と宿泊ホテルを組み合わせて、インターネット上で予約、決済するパッケージです。

博多~長崎間では「JTBダイナミックパッケージ」が利用できます。同サイト上で予約・決済し、きっぷは新幹線駅構内にある指定席券売機で受け取れます。

上記「レールパック」との違いはほとんどありませんが、「ダイナミックパッケージ」のほうが、列車とホテルの組み合わせの自由度が少し高いです。JTBのダイナミックパッケージは、乗り遅れても後続列車の自由席に乗車可能の設定もあり、利用しやすいのが特徴です。

こちらも西九州新幹線開業後のプランは出ていませんが、現状より少し上がるとみて、13,000円程度~になりそうです。

新幹線指定席往復+ホテル1泊で13,000円程度~(予想)
JTBダイナミックパッケージ

広告

まとめてみると

西九州新幹線は2022年9月23日開業です。開業時の格安チケットの種類は少ないですが、JR九州ネット予約を使った「かもめネットきっぷ」「かもめネット早特」はいずれも割引率が高いので、、これを使えば十分でしょう。

当日購入可能な「かもめネットきっぷ」でも3割引で、お得度は高いです。ただ、現在の九州ネットきっぷ(在来線特急)の3,150円に比べれば、1,000円あまりの値上げとなります。

宿泊を伴う旅行なら日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」や、「JTBダイナミックパッケージ」が魅力的です。価格の詳細は発表されていませんが、開業日前にはチェックしておきたいところです。(鎌倉淳)
日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」JTBダイナミックパッケージ

広告
関連広告
前の記事新幹線の格安チケットまとめ。【2022年版】初心者におすすめの「割引きっぷ」はコレ!
次の記事「EX早特21ワイド」の研究。東京~新大阪「のぞみ」が終日格安に