「青春18きっぷ」2022年夏季の発売開始。今年の注目ポイントは?

ずっと乗っていても飽きないのは、同じ駅が一つもないから。.

青春18きっぷの2022年夏シーズンの発売が開始されました。全国のJR普通・快速列車に1日2,410円で乗り放題となるお得なきっぷです。新型コロナウイルス感染症による外出自粛も解けて、リベンジ旅行に出かける方も多いのではないでしょうか。

広告

1日2,410円でJR線乗り放題

今さら言うまでもありませんが、青春18きっぷは、全国のJR線を利用できる乗り放題の企画きっぷ。5日分で12,050円、1日あたり2,410円で、JR線普通・快速列車に自由に乗り降りできます。

青春18きっぷが利用できるのは、春、夏、冬の年3回。2022年夏の発売期間は7月1日~8月31日、利用期間は7月20日~9月10日です。夏は利用期間が長く、使いやすい時期です。

東京~大阪、大阪~福岡といった距離を移動するだけでも、大変お得なきっぷです。夏に格安旅行をしたい方には、強い味方でしょう。

青春18きっぷ・2022年夏の発売期間、利用期間

青春18きっぷの2022年夏の発売期間、利用期間は、以下の通りです。

・発売期間:7月1日~8月31日
・利用期間:7月20日~9月10日
・価格:12,050円(5回分)

小長井駅

広告

2022年夏の注目ポイントは?

今シーズンの青春18きっぷポスターに記されたキャッチフレーズは「ずっと乗っていても飽きないのは、同じ駅が一つもないから」。普通列車で旅をしてきた人には得心がいくコピーです。

ポスターの舞台は長崎線小長井駅。西九州新幹線の並行在来線にあたる区間にある駅で、新幹線開業にあわせて非電化区間となります。「電化幹線時代の最後の姿」を味わいに、この夏、長崎線へ足を向ける人も多く見込まれ、小長井駅も賑わいそうです。

長崎線は肥前山口~諫早間が上下分離されますが、JR九州の運営は今後も変わりません。したがって、新幹線開業後も、青春18きっぷの有効エリアに変化はありません。

根室線は最後の夏に?

北海道では、根室線の富良野~新得間が廃止される方針です。廃止時期は確定していませんが、すでにバス転換の協議に入っていることから、来年の夏も運行するか定かではありません。今年が「最後の夏」になる可能性もあります。

災害で東鹿越~新得間が長期不通になっているため、運行しているのは富良野~東鹿越間だけですが、廃止を前に青春18きっぷで記念乗車に訪れる鉄道ファンも多そうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事全国30スキー場共通パス、2023年の詳細。「アースホッパー」が継続へ
次の記事東急不動産、グランデコスキー場を売却へ。リゾート事業を縮小