西武園ゆうえんちリニューアルの全詳細。5/19オープン、としまえんの遊具も移設

懐かしき昭和の世界へ

西武園ゆうえんちが、2021年5月19日にリニューアルオープンします。昭和の街並みをイメージしたテーマパークに生まれ変わり、としまえんの遊具の一部も移設して復活します。

広告

心あたたまる幸福感

新しい西武園ゆうえんちは、「心あたたまる幸福感に包まれる世界」がキャッチフレーズ。昭和の高度成長期をモチーフしたテーマパークとなります。

中心施設が「夕日の丘商店街」。1960年代をイメージした商店街に、30の店舗がずらりと並びます。特徴として、商店街の住人に扮したスタッフが、突然パフォーマンスを始めたりすること。西武園では「まったく予測のつかないハイスキルなライブ・パフォーマンスを繰り広げ、ゲストを巻き込み続けます」とPRしています。

西武園ゆうえんち
画像:西武園ゆうえんち

園内では独自通貨「百園」と「拾園」を発行。紙幣には手塚治虫の人気作品「ジャングル大帝」のレオとパンジャをあしらいました。この通貨で、昭和の時代の物価でお買い物体験ができるのが楽しみの一つ。ライスオムレツ、コロッケ、スパゲッティー・ナポレターナといた懐かしい食事も味わえるそうです。

西武園通貨
画像:西武園

ゴジラの大型ライドが登場

アトラクションの目玉は、「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」。キングギドラが突然現れ、ゲストは特殊災害対策部隊の特殊装甲車に乗りこみ、激闘の真っ只中に放りこまれるというストーリーです。

ゴジラをテーマにした大型ライドアトラクションは世界初。「衝撃的な展開の連続には、日常では考えられない規格外の興奮が待ち受けています」ということですので、大いに楽しみです。

西武園ゆうえんち
画像:西武園ゆうえんち TM & © TOHO CO., LTD.
広告

「手塚治虫ワールド」も

ファミリー向けエリアとしては「レッツゴー!レオランド」が新登場。「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」といったキャラクターたちがいる世界を楽しめます。いわば「手塚治虫ワールド」です。

ジェットコースター「アトムの月面旅行」や、回転型ライド・アトラクション「飛べ!ジャングルの勇者レオ」など、ライド・アトラクションが4つ。その他も含めて6つのアトラクションが揃います。

「レッツゴー!バザール」では、アトムやレオをはじめとした手塚治虫氏の人気キャラクターたちをデザインした限定グッズを販売します。

レオランド
画像:西武園ゆうえんち
広告

アトラクションも一新

西武園ゆうえんちで長く愛されてきたアトラクションの数々は、音響効果やクルーの演出により、体験を一新します。アトラクションでも「1960年代の懐かしい雰囲気」を感じられるようになるわけです。

西武園ゆうえんちのシンボルである「大観覧車」や、ランドマーク「富士見天望塔」は健在。展望塔は、全面ガラス張りで地上80mの高さから360度回転し、晴れた日には多摩湖や八国山をはじめ、広大な関東平野を一望できます。

そのほか、メリーゴーラウンド、バイキング、回転空中ブランコ、オクトパス・アドベンチャーといったおなじみの施設も楽しめます。

大観覧車
画像:西武園ゆうえんち

関連記事

「チャレンジトレイン」移設

としまえんからは「チャレンジトレイン」が移設。実際に西武鉄道を走っている電車をミニサイズにして運転体験ができるようにしたもので、としまえんの末期ではトップクラスの人気アトラクションでした。

としまえんの「模型列車」も西武園が移設先とされていますが、現時点では西武園ゆうえんちのウェブサイトに告知はありません。アメリカンな遊覧鉄道ですので、「昭和」とはちょっと趣が異なり、少し離れた場所に敷設されるのかもしれません。

もう一つ注目のカールセルエルドラード(回転木馬)は、西武グループが保管していますが、現時点で復活予定は公表されていません。

新しい西武園ゆうえんちの営業時間は、平日が10:00~17:00、休日が10:00~19:00。フリーパスの価格は、大人4,400円、子供(3歳~小学生)3,300円。開業が今から楽しみです。

広告