ディズニーリゾートラインの新型車両は5月21日運行開始

夢の国への新車両

ディズニーリゾートラインの新型車両「リゾートライナー(Type C)」が、2020年5月21日に運行を開始します。

広告

初めての新型車両

ディズニーリゾートラインは、東京ディズニーリゾートの各施設を結ぶモノレールで、2001年に開業しました。6両×5編成が在籍していますが、運営する舞浜リゾートラインでは、開業初めてとなる新型車両を投入します。

新型車両は「リゾートライナー(Type C)」といい、運行開始日は2020年5月21日と決定しました。Cはローマ数字で100を意味します。

リゾートライナー(Type C)
画像:舞浜リゾートラインプレスリリースⒸDisney

ディズニーリゾートライン新型車両
画像:舞浜リゾートラインプレスリリースⒸDisney

ロングシートに

新型車両は、ミッキーマウスをイメージしたカラーが特徴。つり革はミッキーシェイプで、高さが3段階あります。窓もミッキーシェイプで、従来の車両より大きくなり展望がよくなりました。

大きな変更点は、シート形状がロングシートになったこと。現行車両は、中央部分が出っ張ったソファ型の変形ロングシートが特徴でしたが、一般的なロングシートになりました。

舞浜リゾートラインでは、今後、すべての車両を新型に入れ替えていきます。これからも夢の国への旅を、彩ってくれそうです。

広告
関連広告
前の記事「九州新幹線フリーパス」「九州新幹線お隣ワンコインきっぷ」発売。開業9周年を記念
次の記事2020年GWの海外航空券が安すぎる件。新型肺炎の影響でロンドン往復6万円台