「のぞみ」に「こども無料」で乗る方法。東海道・山陽新幹線、期間限定キャンペーン!

グリーン車も対象に

東海道・山陽新幹線「のぞみ」の子ども料金が期間限定で実質無料になります。無料で乗る方法と条件をご案内しましょう。

広告

11月24日~12月19日

JR東海とJR西日本は、「エクスプレス予約」または「スマートEX」会員に対し、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」に乗る際の子ども料金(小児料金)を、期間限定で実質無料にすると発表しました。

「子ども」とは6歳~12歳の小学生です。子ども料金が実質無料になるのは、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」の主要区間に乗車した場合で、2021年11月24日~12月19日の期間限定です。

条件は「エクスプレス予約」「スマートEX」のいずれかの個人会員が、おとなと子ども合計2名以上で同時にチケットを購入すること。そして、全員がICサービス(チケットレス)で乗車することです。

条件を満たした場合でも、購入時には子どもの利用代金を含んだ金額が請求され、後日、子ども分がクレジットカードに返金されます。いったん支払って、後で返金という手続きを踏むので、「実質無料」という表記になっています。

条件を満たせば、子どもが複数の場合でも、全員無料となります。ただし、予約可能なのは、おとな、子ども含め最大6名までです。

のぞみこども
画像:EXサービスウェブサイトより

対象区間

「のぞみ」子ども無料の対象区間は以下の通りです。

【東京・品川・新横浜発着】
名古屋、京都、新大阪、新神戸、岡山、広島、小倉、博多

【名古屋発着】
東京、品川、新横浜、岡山、広島、小倉、博多

【京都・新大阪・新神戸発着】
東京、品川、新横浜、広島、小倉、博多

【岡山発着】
東京、品川、新横浜、名古屋、小倉、博多

【広島発着】
東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸

【小倉・博多発着】
東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸、岡山

※いずれも「のぞみ」号に乗り換えなしで乗車する場合。途中乗り換えは対象外。

広告

会員になる

では、東海道・山陽新幹線「子ども無料」で乗る方法を解説していきましょう。

まず、最初の条件が「エクスプレス予約」個人会員または、「スマートEX」会員であることです。いま会員でない方は、「スマートEX」会員になるといいでしょう。クレジットカードがあれば、年会費無料で会員になれます。

なお、「エクスプレス予約」法人会員と、「スマートEX」の訪日旅行者向け会員は対象外です。

購入する

次に、「エクスプレス予約」または「スマートEX」予約サイトで、対象区間の「のぞみ」普通車指定席・グリーン車を「おとな」「こども」セットで同一行程を同時購入します。

エクスプレス予約会員の場合は「EX予約サービス」「EX予約サービス(往復割引)」、スマートEX会員の場合は「スマートEXサービス」「スマートEXサービス(往復割引)」が対象商品です。両サービスのいわば基本商品のみが対象で、早特商品、e特急券、SWork席、自由席は対象外です。

重要なのは、全員がICサービスでチケットレス乗車をすることです。乗車前に、こどもを含む予約人数全員分の交通系ICカード(Suica、PASMO、ICOCAなど)を用意して、登録しなければなりません。

ICカードの登録は、予約完了画面、または予約詳細画面でできます。子どもは子ども用(小児用)のICカードが必要です。ただし、東海道・山陽新幹線のみを利用する場合(在来線を利用しない場合)は、「こども」の指定席について「おとな」の交通系ICカードを登録することも可能です。

きっぷを受け取って乗車した場合はキャンペーン対象外です。当日は、ICカードで新幹線乗車駅・降車駅の自動改札機を利用しなければなりません。

広告

返金される

条件をすべて満たした場合、子ども用のご利用代金が、後日、クレジットカードに返金されます。「スマートEXサービス」の場合、返金額は下表の通りです。

のぞみこども実質無料返金額
画像:EX予約ウェブサイトより

返金処理の目安は、乗車後、2週間程度。登録のメールアドレスに返金処理の案内が届きます。案内が届かない場合でも、クレジットカードの利用明細書で確認できます。クレジットカードの精算タイミングによっては、利用の翌月以降の返金となる場合があります。

なお、キャンペーン実施期間中の早特商品、e特急券を購入済みの場合、「子ども無料」の適用を受けるには、乗車前までに対象商品に予約変更のうえ、予約人数全員分の乗車用ICカードの指定を行う必要があります。

既にきっぷを受取済で、キャンペーンの適用を受けたい場合は、乗車前までに、東海道・山陽新幹線の駅窓口に申し出れば、「きっぷ」を無手数料で払い戻してもらえます。その後、新たに本キャンペーン対象商品を予約します。

関連記事

強烈なインパクト

これまでのJRでも、子どもの価格を低く抑える企画きっぷは数多く発売されています。しかし、「子ども無料」はそうそうお目にかかれません。しかも、ふだん、あまり割引をしない東海道・山陽新幹線「のぞみ」で、グリーン車まで対象にして実施するわけですから、強烈なインパクトがあります。

新型コロナウイルス感染症の状況は落ち着いてきたとはいえ、ビジネス客主体の東海道・山陽新幹線の乗客はなかなか戻りません。11月に入ってもコロナ前の5割程度だそうです。そうした事情があり、比較的回復が早いファミリーの観光需要を掘り起こそうという試みなのでしょう。

突然発表され、実施期間は4週間程度と限られますが、滅多にないチャンスです。これを機会に、家族で新幹線の旅をしてみるのもよさそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事JR東海、315系の投入スケジュール。2022年3月運転開始
次の記事「日帰りGALA」は7,800円~。「JR SKI SKI」2022年シーズン発売開始