「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第19弾は8/20放送。馬場典子が登場!

「これが最後の旅になるかも知れない」

テレビ東京で「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第19弾が、2022年8月20日(土)に放送されます。今回のルートは「群馬県・谷川岳~山形県・銀山温泉」で、マドンナは馬場典子です。(文中敬称略)

広告

北関東から南東北へ

テレビ東京の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」は、田中要次と羽田圭介のコンビが、ゲストのマドンナとともにローカル路線バスのみを乗り継ぐ旅番組です。3泊4日で目的地にたどり着けたら「成功」となります。

第19弾のマドンナは元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの馬場典子。設定されたお題は「群馬県・谷川岳~山形県・銀山温泉」で、北関東から南東北を縦断するルートです。

ローカル路線バスの旅Z第19弾
Ⓒテレビ東京

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第19弾 群馬県・谷川岳~山形県・銀山温泉
【放送日】2022年8月20日(土) 18時30分~20時54分(テレビ東京系列、リアルタイム配信あり)
【出演】田中要次、羽田圭介、馬場典子
【ナレーター】津田健次郎

広告

日本海から太平洋

「ローカル路線バスの旅Z」の新作オンエアは、1月8日以来、約7ヶ月ぶりです。今回は9勝9敗で迎える「カド番」ということもあり、ルート選定に時間がかかったのかも知れません。

スタートは群馬県の名峰・谷川岳。ゴールは山形県の名湯・銀山温泉です。直線距離ならば240km程度ですが、山岳地帯が立ちふさがり、大回りをしなければたどり着けないでしょう。

広告

重要なルート選択

番組告知では、「新潟方面へ北上するか…尾瀬を越えて最短ルートで北上するか、はたまた栃木回りで北上するか?スタート早々から重要なルート選択が3人に迫る!」と、ルート選択の面白さを前面に出します。

オーソドックスに行くなら、沼田から日光に抜けて、奥州街道に沿って北上するルートでしょう。最短ルートは、尾瀬を抜けて会津地方を縦走する形ですが、バスが途絶える区間も長そうで、脚力が問われそう。新潟へ抜けて日本海沿いに進む方法は、最初の山越えが大変そうですが、Zチームとしては第10弾の越後湯沢~山形で経験済みの乗り継ぎです。

コンビ解散の危機

Zチームは過去9勝9敗。今回、失敗すれば、負け越しによりコンビ解散となります。

前回の第18弾「輪島~御前崎」では、消極的なルート選択で涙をのみました。今回、ゴールに失敗すればシリーズ終了となるだけに、積極性を期待したいところです。

告知動画では「これが最後の旅となるかも知れない」と意味深なコメントも。成功してコンビが継続するのか。あるいは失敗して本当に解散してしまうのか。見逃せません。

リアルタイム配信と見逃し配信がありますので、放送エリア以外の方もインターネットでご覧いただけます。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事JR羽田空港アクセス線「八潮新駅」はできるか? 品川区が適地調査へ
次の記事デルタ航空、羽田~ホノルル線を12月開設。2020年獲得枠を活用