特急「はるか」が大阪駅に停車へ。「北梅田駅」の扱い決定で

「うめきたホーム」誕生

JR西日本は、大阪駅に隣接する「うめきた」エリアに建設中の「北梅田駅(仮称)」について、現・大阪駅と改札内で接続し、「大阪駅」の一部として扱うことを発表しました。これにより、関空特急「はるか」が大阪駅に停車することになります。

広告

うめきた地下駅

「北梅田駅」は、旧梅田貨物駅で開発が進められている「うめきた」エリアの地下に新設される駅です。東海道本線貨物支線(吹田貨物ターミナル~西九条)の一部を地下化する際に、途中駅として設けられます。JR西日本では「うめきた(大阪)地下駅」と呼んできました。

この北梅田駅について、JR西日本は、現・大阪駅の西側に新たな地下通路を整備して、改札内で両駅をつなげると発表しました。

大阪駅では、桜橋口のさらに西側に新改札口を設置する予定で、北梅田駅との連絡地下通路は、この西側新改札口との間に設けられます。

北梅田駅
画像:JR西日本

北梅田駅
画像:JR西日本

2023年春開業

これにより、北梅田駅は単独駅ではなく、大阪駅の一部として扱われます。

ここでは、北梅田駅部分を「うめきたホーム」と呼ぶことにします。うめきたホームには、関空特急「はるか」「くろしお」やおおさか東線の列車が発着する見通しです。うめきたホームが「大阪駅」の扱いになることにより、「はるか」は大阪駅に停車することになります。

将来的には、大阪駅うめきたホームはなにわ筋線の起点にもなります。南海特急「ラピート」も大阪駅に乗り入れることになります。

新駅(新ホーム)開業は2023年春の予定。大阪駅西側地区の新改札口も、同じタイミングで暫定的に供用が開始され、2024年夏に本供用開始となります。

広告
関連広告
前の記事JR各社がGWの臨時列車を大減便。「サンライズ出雲91・92号」も運休へ
次の記事東京モノレールでANAマイルが貯まる。浜松町~羽田空港間で20マイル