「近鉄全線3日間フリーきっぷ」の研究。3,000円で期間限定乗り放題!

冬季限定お得な旅を

近鉄全線が3日間乗り放題となる「近鉄全線3日間フリーきっぷ」が発売されます。1日あたり1,000円で近鉄が好きなだけ乗れるという破格のきっぷ。使いこなし方を研究してみましょう。

広告

11月~2月に利用可能

「近鉄全線3日間フリーきっぷ」は、おとな3,000円、こども1,500円で近鉄電車の全線が連続する3日間乗り放題となるきっぷ。生駒ケーブル・西信貴ケーブルにも乗車できます。特急券を別途購入すれば、特急列車に乗ることも可能です。

発売期間は2020年11月4日から2021年2月26日まで、利用期間は2020年11月5日から2021年3月1日までです。きっぷの発売は乗車日の前日までです。

「ハルカス300」(展望台)、あべのハルカス美術館、志摩スペイン村といった沿線の観光施設の割引特典もあります。駅ナカのファミリーマートで利用できる飲料引換券1枚などの特典も付いてきます。

購入できるのは、近鉄主要駅の窓口や近鉄の定期券・特急券自動発売機、近畿日本ツーリストグループの主要支店・営業所です。概要は以下の通りです。

近鉄全線3日間フリーきっぷ
画像:近鉄プレスリリース

近鉄全線3日間フリーきっぷの概要

■発売期間
2020年11月4日~2021年2月26日
※乗車日を指定して購入。乗車日の1カ月前から前日まで発売。
※近畿日本ツーリストでは2月25日乗車開始分まで発売。

■利用期間
2020年11月5日~2021年3月1日
※2月27日乗車分まで発売。

■有効期間
乗車開始日から3日間。

■効力
(1)近鉄電車全線が3日間乗り放題(生駒ケーブル、西信貴ケーブルを含む)
(2)葛城山ロープウェイが50%割引(片道または往復の1回限り)
(3)近鉄駅構内などのエキファミマークのあるファミリーマートで利用できる飲料引換券1枚(指定のファミリーマートオリジナル商品、FAMIMA CAFÉ のコーヒーS サイズと引換え可)付き
(4)観光施設で割引特典(各施設1回限り)
・ハルカス300(展望台)…入場料半額など
・あべのハルカス美術館…入館料半額など
・志摩スペイン村パルケエスパーニャ パスポート(1日券)
 …入館料5,400円→3,800円など
※施設の割引料金の詳細は各自でご確認ください。

広告

使いこなし例

近鉄には「近鉄週末フリーパス」という全線フリーきっぷがあり、3日間4,200円です。「近鉄3日間全線フリーきっぷ」は、それより1,200円安く、週末以外にも使えるので間違いなくお得です。ちなみに、「近鉄週末フリーパス」は、「近鉄3日間全線フリーきっぷ」の発売中は発売停止になります。

近鉄は使いこなし例として、近鉄名古屋を起点に、鵜方、上本町、名古屋と3回乗るだけで、運賃は所定6,770円が3,000円になるとしています。同時に、志摩スペイン村、ハルカス300、ハルカス美術館に寄れば、あわせて8,300円の施設料金が5,250円になり、3,050円安くなるともPR。あわせて、3日間で6,820円もお得になるそうです。

「ひのとり」利用にも

そこまで使いこなさなくても、片道1,500円の運賃区間を往復するだけでお得なので、たとえば上本町~松阪を往復したり、名古屋~鳥羽を往復するだけで元が取れます。深く考えずに、「近鉄特急で遠出しよう」と考えたら、「近鉄全線3日間フリーきっぷ」の存在を思い浮かべるといいでしょう。

近鉄で話題の列車と言えば、名阪特急「ひのとり」でしょうか。難波~名古屋間の片道乗車では「近鉄全線3日間フリーきっぷ」の元は取れませんが、往復で近鉄を利用するならうってつけのきっぷといえます。片道に伊勢志摩に立ち寄るなら、さらにお得になります。

「ひのとり」に体験乗車して、帰りは伊勢志摩のどこかに立ち寄り観光する、といったオーソドックスな使い方でも楽しめます。奈良、飛鳥や京都を散策するのにもいいでしょう。もちろん乗りつぶしにも大活躍しそうなきっぷです。存分に使い尽くしたいところです。

広告
関連記事
前の記事JR北海道、2021年春ダイヤ改正の減便案。「快速エアポート」も見直しへ
次の記事JR利用者の回復傾向が鮮明に。でも学生が電車に戻らない?