京阪電鉄、大減便の衝撃。2021年9月にダイヤ変更

運行本数15%削減

京阪電鉄が2021年9月ダイヤ変更の概要を発表しました。日中時間帯を中心に大幅減便に踏み切ります。

広告

毎時4本に

京阪電鉄は、新型コロナで鉄道の利用客が大きく減少しているとして、2021年9月25日にダイヤ変更をおこなうと発表しました。

大きく変わるのには京阪線の10時~15時頃の日中時間帯で、これまで各列車種別で毎時6本だったのを4本に減便します。具体的には、特急と準急、普通が、これまでの毎時6本が4本になります。これとは別に、新たに快速急行を毎時2本運転します。快速急行ではプレミアムサービスを実施します。

京阪2021年09月ダイヤ改正
画像:京阪電鉄プレスリリース

京阪8000系

夕ラッシュ時も減便

京阪線の夕ラッシュ時については、各列車種別の17時~20時台について、現行毎時6本が毎時5本に。22時台について、現行の毎時5本が毎時4本になります。これにより、新ダイヤでは、17時台~21時台が12分間隔に、22時台が15分間隔になります。交野線、宇治線も同程度となります。

朝ラッシュ時については、平日7時~8時台に京橋駅に到着する下り列車(淀屋橋・中之島ゆき)の運転本数を63本から58本へと変更します。密を避けるためか、朝ラッシュ時は微減にとどまります。

平日朝夕ラッシュ時に運行している全車両座席指定の「ライナー」は3本増発し、朝5本、夕4本とします。下表がライナーの増便概要です。

京阪2021年9月ダイヤ改正
京阪電鉄プレスリリース
広告

終電繰り上げ

終電の繰り上げも実施します。繰り上げは最大20分程度です。平日ダイヤの主な駅の最終列車は以下の通りです。土休日もこれに準じます。

京阪2021年09月ダイヤ改正
画像:京阪電鉄プレスリリース

上図の網掛けの列車は、4月30日からの終電繰り上げ実施により現在運転していません。

石山坂本線は半減の区間も

石山坂本線では、昼間時間帯の一部列車の運転区間を見直します。日中時間帯に、現行は石山寺~坂本比叡山口間を10分間隔で運転しているところ、石山寺~坂本比叡山口間の列車と石山寺~近江神宮前間の列車を10分間隔で交互に運転します。つまり、近江神宮前~坂本比叡山口間が20分間隔となります。

また、石山坂本線においては、学校が休みとなる春季・夏季・冬季期間の平日において「学休期ダイヤ」を今冬以降実施します。通常ダイヤから 7 時~9 時台の運転本数を減らして運転します。

始発、最終列車に変更はありません。京津線についても大きな変更はありません。

厳しい改正に

今回のダイヤ変更で、京阪電鉄は、1日あたりの本数を15%程度削減します。新型コロナの影響で、2021年4月の1日あたりの利用客数は、感染拡大前の2019年と比べ約30%減少していることを理由に挙げています。

利用者減を考えれば、やむを得ないところかもしれませんが、沿線住民としては、衝撃のダイヤ変更となりそうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事「ひろしまワンデイきっぷ」2021年夏の利用期間と価格。200円値上げ
次の記事メトロ有楽町線住吉延伸、南北線品川延伸が実現へ。臨海地下鉄は先送り