「日帰りGALA」6,110円~!「JR SKI SKI」がGoTo適用で格安に

リフト・食事券付き

JR東日本が、2020-2021年シーズンの「JR SKISKI」の商品を発表しました。「ワンデーGALA」をはじめとする日帰りスキー商品がGoToキャンペーン対象商品になり、お手頃価格で楽しめそうです。

広告

「ワンデーGALA」8,580円~

「JR SKISKI」はJR東日本がウィンターシーズンに毎年おこなっているキャンペーンで、2021年シーズンも例年通り実施します。

びゅうトラベルのウェブサイトに専用のキャンペーンページを開設し、「新幹線で行くスキー&スノーボードツアー」の商品を販売します。対象は関東甲信越、東北の主要スキー場です。

代表格は「ワンデーGALA」で、GALA湯沢スキー場への往復新幹線チケットとリフト券、500円の食事券がセットになっています。今シーズンは、GoToトラベル事業の給付が適用され、東京発着が8,580円~12,740円と格安になりました。平日8,580円、週末9,230円、年末年始12,740円です。

さらに「平日・自由席限定GALA」なら、なんと6,110円。こちらも新幹線往復チケットとリフト券、500円食事券がセットになっています。東京~ガーラ湯沢間通常運賃・料金が自由席で片道6,690円ですので、リフトに乗らずにガーラ湯沢まで往復するだけでも、十分に元が取れる価格になっています。12月21日~1月29日の平日限定です(年末年始除く)。

【公式】「新幹線で行く!スキー&スノーボードツアー」

GALA湯沢

全リフト・ゴンドラIC化

GALA湯沢は今シーズンで開設30周年を迎えます。新たなトピックスとして、全ゴンドラ、リフトにゲートシステムを導入します。専用のICカードリフト券をポケットなどに入れておけば、ゲートの通過が可能となります。ICカードリフト券を事前にウェブで購入すると、「ウェブ価格」で購入できます。

2度目以降の訪問などでICカードリフト券をすでに所持している場合は、事前にウェブで購入しチャージすれば直接ゴンドラゲートを通過する「ダイレクトイン」が可能となります。「ダイレクトイン」の場合は、さらに安い価格でリフト券を購入できます。

GALA湯沢の今シーズンのリフト大人1日券は、通常価格が5,200円、ウェブ価格が5,000円、ダイレクトイン価格が4,700円です。

広告

出発前日まで予約可

「JR SKISKI」専用サイトやびゅうプラザでは、GALA湯沢以外の東日本各地のゲレンデを対象にした旅行商品も発売します。

インターネット商品は出発前日18時まで申込み可能で(一部コースを除く)、クーポン類をJR東日本の駅の指定席券売機で受け取れます。出発直前の受け取りも可能なので、思い立ったら翌日スキー!が簡単になりました。

東京発の日帰りスキーツアーの対象ゲレンデと、GOTO適用後のツアー価格は以下の通りです。新幹線往復チケットとリフト券付きです。その他、ツアーに含まれる内容は、ご自身でご確認ください。

・ノルン水上スキー場(6,760~9,620円)
・湯沢中里スノーリゾート(7,540~11,700円)
・岩原スキー場(8,580~11,830円)
・湯沢高原スキー場(7,800~12,090円)
・湯沢パークリゾート(8,450~11,700円)
・GALA湯沢スキー場(8,580~12,740円)
・神立スノーリゾート(8,190~11,570円)
・かぐらスキー場(8,710~11,960円)
・苗場スキー場(8,840~12,610円)
・舞子スノーリゾート(7,670~11,830円)
・石打丸山スキー場(8,450~12,350円)
・上越国際スキー場(8,580~12,220円)
・軽井沢プリンスホテルスキー場(7,540~9,880円)
・斑尾高原スキー場(10,920~16,000円)
・富士見パノラマリゾート(8,060~10,920円)
・HAKUBA47・白馬五竜(12,610~19,600円)
・ハンターマウンテン塩原(7,800~11,050円)
・アルツ磐梯スキー場(9,750~15,400円)
・グランデコスノーリゾート(9,750~16,200円)
・星野リゾート猫魔スキー場(9,750~15,400円)

主な商品はGoToトラベルキャンペーン対象となっていて、新幹線代・リフト代込みで1万円前後で日帰りスキーが楽しめます。ただし、新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、GoTo事業が中止となる可能性もあります。

新型コロナ感染症が収まらない状況ですが、各スキー場はリフトやゴンドラで乗車制限を設けるなど、一定の感染症対策を行っています。節度を持って、冬のレジャーを楽しみたいところです。

【公式】JR東日本「びゅう」日帰りスキー旅行

広告
関連記事
前の記事「青春18きっぷ」2020-2021年冬季の利用開始。注目は宗谷線?
次の記事年末は「ローカル路線バスの旅」三昧。「Z」「バスVS.鉄道対決旅」が相次ぎ放送へ