JR九州「成田発LCCフリーきっぷ」の研究。西九州、由布院など4エリア

成田空港からお得に九州を旅しよう

JR九州がLCCと連携したフリーきっぷを設定しました。北九州、西九州、由布院、鹿児島の4エリアです。

広告

成田からお得に九州を旅しよう

JR九州は、ピーチ・アビエーション、スプリング・ジャパン、ジェットスター・ジャパンと連携した新たなフリーきっぷを設定しました。

これは「成田からお得に九州を旅しよう」というキャンペーンに関連した商品です。

ピーチとスプリングは、両航空会社の成田発の利用者が機内で購入できます。ジェットスターは、ジェットスターツアーズでの成田発パッケージツアーで、フリーきっぷ付き商品を発売します。

成田空港からお得に九州を旅しよう
画像:「成田空港からお得に九州を旅しよう」キャンペーンサイトより

4種類のフリーきっぷ

フリーきっぷは、北九州フリーきっぷ、西九州フリーきっぷ、由布院・別府フリーきっぷ、鹿児島・宮崎フリーきっぷの4種類。

フリーエリア内では、特急・快速・普通列車に乗り降り自由です。北九州以外の3つは、特急指定席も利用可能です。

各フリーきっぷの概要は以下の通りです。いずれもおとな、こども同額です。

北九州フリーきっぷ

●利用期間:4月13日~6月30日
●有効期間:2日間
●価格:2,500円
●取り扱い路線:ピーチ福岡線
●引換駅:博多駅、小倉駅
●フリーエリア:鹿児島線(門司港~博多)、山陽線(下関~門司)
※山陽新幹線、博多南線、福岡市営地下鉄は利用不可。

北九州フリーきっぷ
画像:「成田空港からお得に九州を旅しよう」キャンペーンサイトより

西九州フリーきっぷ

●利用期間:4月13日~6月30日
●有効期間:2日間、3日間
●価格:6,500円(2日間)、7,000円(3日間)
●取り扱い路線:ピーチ福岡線・長崎線、スプリング佐賀線
●引換駅:博多駅、烏栖駅、佐賀駅、諌早駅、長崎駅、佐世保駅、ハウステンボス駅、大村駅
●フリーエリア:鹿児島線(博多~鳥栖)、長崎線(鳥栖~長崎)、佐世保線(肥前山口~佐世保)、大村線(諫早〜早岐)
※九州新幹線、福岡市営地下鉄は利用不可。

西九州フリーきっぷ
画像:「成田空港からお得に九州を旅しよう」キャンペーンサイトより

由布院・別府フリーきっぷ

●利用期間:4月13日~6月30日
●有効期間:2日間、3日間
●価格:7,000円(2日間)、7,500円(3日間)
●取り扱い路線:ピーチ福岡線・大分線、スプリング佐賀線
●引換駅:博多駅、小倉駅、烏栖駅、別府駅、大分駅、由布院駅
●フリーエリア:鹿児島線(門司港~久留米)、日豊線(小倉~大分)、久大線(久留米~大分)。
※九州新幹線、山陽新幹線、博多南線、福岡市営地下鉄は利用不可。

由布院・別府フリーきっぷ
画像:「成田空港からお得に九州を旅しよう」キャンペーンサイトより

鹿児島・宮崎フリーきっぷ

●利用期間:4月13日~6月30日
●有効期間:ツアー日程による
●価格:ツアー代金に含まれる
●取り扱い路線:ツアーのみ取扱い(ジェットスター宮崎・鹿児島線)
●引換駅:鹿児島中央駅、隼人駅、国分駅、霧島神宮駅、指宿駅、宮崎駅、宮崎空港駅
●フリーエリア:日豊線(鹿児島中央~宮崎)、指宿枕崎線(鹿児島中央~指宿)、肥薩線(隼人~霧島神宮)、日南線(南宮崎~南郷)、宮崎空港線(南宮崎~宮崎空港)

鹿児島・宮崎フリーきっぷ
画像:「成田空港からお得に九州を旅しよう」キャンペーンサイトより

広告

駅で引き替え

ピーチの対象路線は、成田発、福岡・長崎・大分着便。スプリングの対象路線は、成田発、佐賀着便です。路線によって販売する券種が異なります。鹿児島・宮崎フリーきっぷはジェットスターのツアーのみの扱いです。

機内購入の場合、利用者は機内で引換券を受け取ります。引換券をJR九州の指定する駅窓口にてきっぷと交換して利用します。

ジェットスターのツアーの場合は、ツアーに含まれている引換券をJR九州の駅窓口で交換します。

JR特急の指定席は、フリーきっぷ引換後、利用希望日の列車に空席がある場合に限り、JR九州の窓口で申し込めます。

広告

旅行者にはリーズナブル

たとえば、博多~長崎の通常価格は5,590円。九州ネットきっぷで3,150円ですので、西九州フリーきっぷ(2日間6,500円、3日間7,000円)なら、単純往復でだいたい元が取れます。

小倉~博多間の場合、特急利用の通常価格は2,440円、九州ネットきっぷで1,470円ですので、北九州フリーきっぷ(2日間2,500円)なら、やはり単純往復で元が取れると水準といっていいでしょう。

このように、割引きっぷ(ネットきっぷ)を基準としても、フリーエリア内を単純往復すれば元が取れ、通常価格を基準とすれば片道でもだいたい元が取れるくらいの価格設定です。旅行者にはリーズナブルな価格といっていいでしょう。

乗りつぶしをするにはエリアが狭いですが、鉄道を利用したちょっとした観光旅行なら、役立ちそうなフリーきっぷです。ゴールデンウィークも除外期間ではありませんので、活用できそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事あらかわ遊園が4/21に再オープン。鉄道模型運転場もリニューアル!
次の記事「ときライナー」の研究。新潟県6社の高速バスが統一ブランドに