「JR東日本パス」2022年10月発売へ! 鉄道開業150年記念、新幹線も乗り放題

3連休パスを彷彿

JR東日本が、かつての3連休パスを彷彿とさせるフリーきっぷを発売します。「鉄道開業150年記念JR東日本パス」と銘打つもので、新幹線・特急も乗り放題です。

広告

鉄道開業150年記念

JR東日本は、「鉄道開業150年記念 JR東日本パス」を2022年10月に発売すると発表しました。JR東日本全線と、三セクなど民鉄7社の列車が3日間乗り降り自由になる特別企画乗車券です。

概要は以下の通りです。

●名称:「鉄道開業150年記念 JR東日本パス」
●価格:おとな22,150円 こども10,150 円(税込)
●利用期間:2022年10月14日(金)~10月27日(木)
 ※利用開始日の1か月前から販売
●有効期間:3日間
●販売方法:「えきねっと」限定販売
●利用内容:フリーエリア内の JR東日本全線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、伊豆急行線、富士急行線、えちごトキめき鉄道線(直江津~新井間)の特急(新幹線を含む)・急行・快速列車の普通車自由席およびJR東日本が運行するBRTが3日間乗り降り自由。あらかじめ座席の指定を受ければ、新幹線・優等列車の普通車指定席に4回乗車可能。
●特典:レンタカーなどの利用特典があります。

JR東日本パス鉄道150
画像:JR東日本プレスリリース

「大人の休日倶楽部パス」と類似

かつての「3連休パス」を彷彿とさせる内容で、価格は3連休パスの26,000円よりも安く設定されました。

「大人の休日倶楽部パス」(東日本)とも似た内容ですが、その価格(4日間15,270円)に比べれば高いので、大人の休日倶楽部会員にはあまり魅力的には映らないかもしれません。

ただ、大人の休日倶楽部は50歳以上という制限がありますので、年齢に達しない人にとっては、滅多にないJR東日本の新幹線・特急乗り放題パスです。

気になる点があるとすれば、JR東日本は全車指定席の列車が増えたので、「指定席4回」だけでは、やや使いづらいかもしれないことでしょうか。

発売期間は2週間設定されます。「秋の乗り放題パス」(JR全線普通列車乗り放題)と時期的に近いので、「秋の乗り放題パス」が例年通り発売されるなら、一部重なりながら入れ替わる形になりそう。

この秋は、鉄道150年の歴史を振り返りながら、乗り放題を楽しめそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事新幹線利用者数ランキング2022年ゴールデンウィーク版。東海道・山陽新幹線が堅調
次の記事寝台特急「サンライズ」完全復調。JR特急利用者数ランキング・2022年ゴールデンウィーク版