五能線でも橋梁損壊。陸奥赤石~鰺ケ沢間、長期運休の可能性

米坂線、磐越西線に続き

東北地方の豪雨で、五能線の鰺ヶ沢付近で橋梁が損壊しました。運転再開まで相当の時間がかかる可能性があります。

広告

中村川にかかる橋梁

JR東日本は、2022年8月9日の豪雨により、五能線の陸奥赤石駅~鰺ケ沢駅間で橋梁が損壊したことを明らかにしました。橋梁は中村川に架かるものです。公表された写真を見ると、橋脚に多数の流木が引っかかっていて、橋の一部が沈み込んでいるほか、線路がゆがんでいることがわかります。

五能線中村川橋梁
画像:JR東日本

五能線中村川橋梁
画像:JR東日本

五能線はこのほか、鰺ヶ沢~深浦間を中心に路盤の流出など線路設備に大きな被害が生じていて、JR東日本では、運転再開に時間を要するという見通しを示しています。

広告

奥羽線で路盤流出

このほか、奥羽線大釈迦駅~鶴ヶ坂駅間でも、路盤の流出など大規模な線路設備の被害が生じています。

奥羽本線大釈迦
画像:JR東日本

奥羽線大釈迦
画像:JR東日本

奥羽線では、8月3日の豪雨で下川沿~大館間でも線路設備に被害がありましたが、こちらの復旧工事は終了しています。

広告

米坂線、磐越西線

東北地方を襲った豪雨では、米坂線の羽前椿~手ノ子間にある「小白川橋梁」と、磐越西線の喜多方駅~山都駅間にある「濁川橋梁」が倒壊しています。それに続いて、五能線でも橋梁が損壊しました。

橋梁の復旧には時間を要することから、米坂線、磐越西線、五能線の3路線は、一部区間で、当分の間、不通が続きそうです。東北地方のローカル線には試練の夏となり、今後が心配です。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事相鉄、新横浜線定期券で、横浜駅が乗降可能に。「どっちも定期」導入へ
次の記事「新東名~横浜」の高速道路が開通延期。2025年度予定を撤回