GALA湯沢スキー場が臨時休業。スタッフの新型コロナウイルス感染で

3月7日まで休業決定

GALA湯沢スキー場が3月1日より臨時休業しています。レンタル部門でスタッフの新型コロナウイルス感染症が確認されたためです。

広告

レンタルコーナーで感染確認

GALA湯沢スキー場では、2月26日にレンタルコーナーに勤務する従業員1名が発熱し、PCR検査を行ったところ、新型コロナウイルス感染症の陽性を確認。3月1日により営業を休止しています。

さらに、レンタル部門全員のPCR検査を実施し新たに2名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。このため、スタッフのPCR検査のほか、施設全体の感染対策の再確認を実施するとして、当面、スキー場全体の営業を休止すると発表しました。

なお、感染した従業員は勤務中はマスクをしていました。

GALA湯沢

「日帰りGALA」も発売中止

営業再開日は未定ですが、少なくとも3月7日までは休業します。スキーセンター内のレストラン、売店、SPAガーラの湯なども休業となります。

JR東日本系のびゅうトラベルで販売している「日帰りGALA」をはじめとする旅行商品も、3月7日出発分まで発売を中止しています。びゅうトラベル内に目立った告知はありませんが、7日までの商品選択ができなくなっています。

広告
関連広告
前の記事「ぐんまワンデー世界遺産パス」2021年の概要。群馬の私鉄に安く乗る!
次の記事さようならサロベツ線。沿岸バス「豊富~稚咲内」が廃止へ