山陽新幹線「近トク」「直前割」値上げ。4月以降も販売継続

中距離区間で値上げ大きく

JR西日本は、「新幹線 近トク1・2・3」「新幹線 直前割きっぷ」を2021年4月以降に発売します。「近トク」は継続発売、「直前割きっぷ」は「直前割50」から名称変更です。いずれも割引幅は3月までより縮小し、値上げとなります。

広告

2020年初設定

「新幹線 近(ちか)トク1・2・3」「新幹線 直前割きっぷ」は、新型コロナ感染症による利用者急減を受け、JR西日本が2020年に初設定した山陽新幹線の割引きっぷです。「近トク」は2020年12月に初設定、「直前割」は「直前割50」という名称で2020年9月に初設定され、それぞれ継続発売されてきました。

JR西日本は、この2つの割引きっぷについて、2021年4月2日から6月27日までの利用期間で発売を継続すると発表しました。利用できるのは金土日祝のみで、これまでと同じです。

割引幅については「近トク」は一部区間で縮小。「直前割」は、きっぷの名称変更が示すように、全区間で縮小となりました。言い換えれば「値上げ」となります。

新幹線近トク1.2.3
画像:JR西日本ウェブサイトより

「新幹線 近トク1・2・3」

「新幹線 近トク1・2・3」は、山陽新幹線の1~3駅区間で、自由席が割引価格になります。JR西日本のインターネット列車予約「e5489」およびJJR西日本の主要駅の「みどりの券売機」で購入できます。発売は1ヶ月前から前日までです。

主要区間の新旧価格は以下の通りです(大人1名自由席)。旧価格で1,000円、1,500円の区間は価格据え置きですが、2,000円だった区間が2,500円になります。新大阪~姫路、新山口~小倉などが値上げとなります。

「新幹線 近トク1・2・3」価格表 4/2-6/27
設定区間 新価格 旧価格
新大阪~新神戸 1,000 1,000
新大阪~西明石 1,500 1,500
新大阪~姫路 2,500 2,000
姫路~岡山 2,500 2,000
岡山~福山 1,500 1,500
広島~東広島 1,000 1,000
広島~徳山 2,500 2,000
徳山~新山口 1,000 1,000
新山口~小倉 2,500 2,000

※上記以外にも設定区間は多数あります。

広告

「新幹線直前割きっぷ」

「新幹線直前割きっぷ」は、山陽新幹線の中長距離区間で、「こだま」「ひかり」の指定席が割引になります。JR西日本のインターネット列車予約「e5489」でのみ購入できます。発売は3日前から前日までです。

主要区間の新旧価格は以下の通りです(大人1名指定席、こだま・ひかり限定)。「直前割50」は文字通り一律半額でしたが、「直前割きっぷ」では、約35~45%の割引額になっています。距離が長いほど割引率が高い形に変更されました。

「新幹線 直前割きっぷ」価格表 4/2-6/27
区間 新価格 旧価格
新大阪~岡山 3,900 3,070
新大阪~広島 6,200 5,210
新大阪~新山口 7,500 6,420
新大阪~小倉 8,200 7,190
新大阪~博多 8,400 7,630
岡山~広島 3,900 3,070
広島~小倉 4,900 3,830
広島~博多 5,800 4,540

※上記以外にも設定区間は多数あります。

中距離の値上げ幅大きく

「近トク」は距離の短い1、2駅区間で価格を据え置き、距離の長い3駅区間を値上げしました。「直前割」は、中距離区間の値上げ幅が大きく、遠距離区間の値上げ幅が小さくなっています。

新幹線の競争力が高い中距離区間の値下げは控えめにして、近距離区間での需要を掘り起こしながら、対航空機との争いとなる遠距離区間で低価格商品を設定する、という狙いのようです。

値上げは残念ですが、それでも、新型コロナ前には、割引きっぷが乏しかった山陽新幹線の中距離区間で、1人利用可の「直前割」が残されことは、利用者にとっては助かることでしょう。近距離区間での利用もしやすく、新幹線をより気軽に使えそうです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事「ぷらっとのぞみ」発売終了へ。東海道新幹線の格安チケットは短命に
次の記事「高輪築堤」は世界遺産になれるか。第七橋梁など保存へ