ホーム 新規開業・工事 横浜市営地下鉄ブルーライン...

横浜市営地下鉄ブルーラインの急行停車駅はどこになる? 利用者数から見た停車駅はココだ!

横浜市営地下鉄ブルーラインで急行運転が始まることになりました。実施は2015年の7月の予定。横浜市議会での質問に市の二見良之交通局長が答弁したものです。公の場での発言だけに、実施は確実になったといえるでしょう。

ブルーラインの急行運転の構想は数年前からあり、2012年の横浜市交通局の中期経営計画の中で発表されています。それによると、2012年から2014年までの3年間で実施に向けた検討が進められるとしてきました。2013年度にはダイヤ作成装置の更新が行われ、急行運転に向けての準備が整ってきたとのことです。二見局長によると、2015年7月のダイヤ改正で、平日と土曜休日の午前10時から午後4時までの時間帯に、毎時2本程度の急行運転が行われます。

確実に停車するのは乗換駅

では、気になる急行列車の停車駅はどこになるのでしょうか。二見局長は「他の鉄道事業者との乗り換えなどを踏まえて検討する」としています。また、「全線で10分間短縮できる」とも述べており、これがヒントになるでしょう。10分の時間短縮が何駅の通過を意味するのかはなんともいえません。一般的には10分なら10~12駅程度の通過と思われます。

確実に停車するのは、局長答弁にもあるとおり乗換駅です。湘南台、戸塚、上大岡、関内、桜木町、横浜、新横浜、センター北、センター南、あざみ野です。

待避駅は上永谷、新羽の2駅。上永谷は2面4線ですが、新羽は2面3線です。上永谷は緩急接続のため停車は確実ですが、新羽には障害があります。2面3線で待避を行うとなると中線が上下線共用になるため、急行が停車するとダイヤの制約が大きくなるのです。ただ、急行の運転本数は1時間2本程度の想定ですので、この本数なら停車しても問題はなさそうです。

ブルーラインの駅は32駅。急行通過を12駅と想定すると、停車駅は20駅です。10の乗換駅と2の待避駅で計12。残りの8つの停車駅は利用者数の多い駅が有力になるでしょう。

ブルーライン

乗降客数データから考える

2011年度のデータでは、ブルーライン各駅の乗降客数は以下のようになっています。

湘 南 台   44,726
下 飯 田   5,508
立 場    21,133
中 田    16,540
踊 場    17,439
戸 塚    83,509
舞 岡    4,807
下 永 谷   10,820
上 永 谷   37,682
港 南 中 央 17,037
上 大 岡   68,803
弘 明 寺   18,360
蒔 田     21,362
吉 野 町   13,146
阪 東 橋   16,700
伊勢佐木長者町 16,187
関 内     43,972
桜 木 町   30,552
高 島 町    6,679
横 浜     127,528
三ッ沢下町  11,220
三ッ沢上町  14,195
片 倉 町    19,843
岸 根 公 園  10,904
新 横 浜    64,530
北 新 横 浜  11,795
新 羽      18,063
仲 町 台    29,471
センター南  44,564
センター北  36,793
中 川     18,570
あ ざ み 野  76,487

利用者が2万人以上の駅ということで考えると、立場、蒔田、仲町台は有力です。さらに利用者を1万5000人以上とすると、中田、踊場、港南中央、弘明寺、阪東橋、伊勢佐木長者町、片倉町、中川が入ります。これらも停車駅候補となるでしょう。

利用者数からみた停車駅候補

まとめると、以下が、利用者数からみた急行停車駅候補になります。

湘南台、立場、中田、踊場、戸塚、上永谷、上大岡、弘明寺、蒔田、阪東橋、伊勢佐木長者町、関内、桜木町、横浜、片倉町、新横浜、新羽、仲町台、センター南、センター北、中川、あざみ野

ダイヤを作る際には、利用者数だけでなく、車両運用や運転間隔、停車駅間隔なども考慮されますので、上記の通りにならないのは言うまでもありません。上記ですと通過は10駅だけであまり急行の魅力がありませんし、湘南台~戸塚間で一駅しか通過しないなら、急行の意味はありません。したがって、利用者数だけの停車駅案は一つの目安にすぎません。

最終予想停車駅はココ!

実際には、上永谷~新羽間で待避駅がないため、この区間の停車駅は多めになるでしょう。逆に、上永谷以西と新羽以北は停車駅を少なめに設定できるはずです。となると、急行停車駅は以下のように落ち着くと考えます。

湘南台、立場、戸塚、上永谷、上大岡~桜木町の各駅、横浜、片倉町、新横浜、新羽、センター南、センター北、あざみ野

乗降客数が約3万人の仲町台が落ちてしまいますが、そこを通過させないと、新羽~あざみ野間での通過駅は中川だけになり、急行運転の意味がありません。

横浜市営地下鉄各駅散歩

1コメント

  1. 取材不足な面と筆者の思い込みによる面が酷いと思うのでコメントします。
    まず、停車駅予想に「片倉町」を入れていましたが、当時、たとえば、横浜市のホームページ等を見ていれば、横浜市が「横浜駅~新横浜駅ノンストップ」の実現に拘っていたのは一目瞭然でした。
    また、「そもそも、なんで快速をつくろうとしたのか?」のコンセプトを筆者は全く理解していなかったと思われます。
    快速の第一の目的は、増収です。平たくいえば、「JRの客を奪うこと」です。
    片倉町に停めても、JRから客は転移しません。むしろ、横浜駅~新横浜駅相互の利用者にとってみれば、片倉町に停まるぶんだけJR横浜線経由の場合との時間差が縮み、快速としての魅力が減るだけです。
    戸塚から関内・桜木町へ、または、戸塚・上大岡・関内・桜木町・横浜駅から新横浜へ移動する客をJRから奪うことがコンセプトだと分かっていれば、今回のように大きく予想を外すことはなかったものと思われます。
    また、新しい記事にて、戸塚~湘南台が全停車なのは、「藤沢市民優遇」を避ける?、というデマカセを飛ばしていらっしゃいますが、この区間が全停車である理由としては、「対JRの競合区間から外れるから」のほか、「湘南台・下飯田・立場・中田・踊場から横浜駅へ向かう際、戸塚駅でJRへ逸走していた多くの客に、そのまま乗車駅から乗った電車一本で横浜駅まで行ってもらう」ことを重要視としているとは思いませんでしたか?
    失礼ですが、諸々の考察が足りていないかと思われます。もちろん、交通局が大々的に「JRの客を奪う」ことをアナウンスすることはないと思いますので、実際にどこからか「藤沢市民優遇」を避けるためだとの小話を耳に挟んだのであれば、まんまとその筋から情報操作に乗せられていたことになります。
    そして、それをそのまま読者へ垂れ流したことは、報道や出版の業界人としては罪深いことだと思います。

Comments are closed.