近鉄「あをによし」の時刻表と詳細。京都・奈良線の新型観光特急

12200系を改造

近鉄が難波~奈良~京都間に新たな観光特急「あをによし」を投入します。運転開始は2022年4月29日。詳細を見てみましょう。

広告

奈良の枕詞

新たな観光特急「あをによし」は、近鉄の既存特急車両12200系(新スナックカー)を改造したものです。

列車名「あをによし」は、いうまでもなく古都・奈良の枕詞です。万葉集に収められた「あおによし ならのみやこは さくはなの におうがごとく いまさかりなり」(小野老)という歌を、ご記憶の方も多いでしょう。

その名の通り、奈良にちなんだデザインとなっていて、外装は、天平時代の高貴な色とされる紫色のメタリック塗装を施し、天平文様をあしらいました。内装は正倉院の宝物をモチーフとした天平文様などのデザインを多用しています。

あをによし
画像:近鉄プレスリリース

ツインシートとサロンシート

観光特急「あをによし」は4両1編成です。座席は2名用のツインシートと3~4名用のサロンシートの2種類。通常の3割程度の84席に抑え、軽食や飲料を提供する販売カウンターなども設けて、ゆったりとした移動空間を整えます。

あをによし
画像:近鉄プレスリリース

ツインシートは窓際を望む展望シートと、窓に平行な対面式シート。

あをによし
画像:近鉄プレスリリース

サロンシートは半個室の雰囲気です。

あをによし
画像:近鉄プレスリリース

販売カウンターでは、専属のアテンダントが軽食や飲料などの販売を行います。

カウンター
画像:近鉄プレスリリース

広告

奈良~京都を3往復

「あをによし」は、大阪難波~近鉄奈良~京都間を週6日運転します。近鉄奈良~京都間を1日3往復し、朝夕のみ大阪難波発着となっています。

時刻表は以下の通りです。

■観光特急「あをによし」時刻表
(1)難波09:30→(近鉄奈良経由)→10:50京都
(2)京都11:20→11:55奈良
(3)奈良12:10→12:45京都
(4)京都13:20→13:55奈良
(5)奈良14:10→14:45京都
(6)京都15:20→(近鉄奈良経由)→16:40難波
※いずれもおおよその時刻です。

「あをによし」がターゲットとしているのは、列車に乗ること自体を目的とする旅行や、京都経由での奈良観光、コロナ禍後のインバウンドなどのニーズです。

新型コロナウイルス感染症の収束後、京都~奈良間を快適に移動できる列車として人気が出そうです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事「東急線シニア乗り放題パス」の研究。1ヶ月2,000円は破格だけれど
次の記事春秋航空日本が「スプリング・ジャパン」に社名変更。春秋色を薄める