青森駅東口、新駅ビルを着工。ホテルと商業施設が入居、2024年開業へ

昭和を一新

JR東日本が、青森駅東口駅ビルの建設に着手します。完成は2024年度の予定で、10階建ての新駅ビルにはホテルや商業施設が入ります。

広告

旧駅舎の解体完了

JR東日本は、青森駅東口駅ビルについて、2022年5月に建設着手すると発表しました。旅行者には懐かしい旧駅舎の解体が完了し、跡地に鉄骨地上10階建ての新駅ビルを建設します。

新駅ビルの建築面積は約3,200平方メートル、延床面積は約17,800平方メートルです。工事は鉄建建設が手がけます。

青森駅東口駅ビル
画像:JR東日本プレスリリース

青森駅東口駅ビル
画像:JR東日本プレスリリース

広告

1~3階が商業施設

1階から3階までは商業施設で、JR東日本青森商業開発が運営します。同社は駅近くの「A-FACTORY」も運営していて、青森駅のエキチカ商業施設を複数運営することになります。駅ビルのテナントは未定です。

青森駅の駅ビルとしてはラビナがありますが、2~3階の連絡通路で接続します。

4階には行政施設として青森市の市民美術展示館が入居する予定で、青森県の縄文遺跡群に関する情報発信拠点も設けます。5階は機械室フロアとなります。

青森駅東口駅ビル
画像:JR東日本プレスリリース
広告

健康増進ホテル

4階の一部と6階から10階までがホテルで、仮称が「青森駅東口ウェルネスホテル」。4階がフロント、6~9階が客室(145室)で、最上階の10階には温浴施設や健康増進施設が入ります。

ホテルを運営するのは城ケ倉観光と慈恵会の地元グループです。城ケ倉観光は、八甲田エリアでホテル城ケ倉や蔦温泉旅館を運営していて、慈恵会は青森市内で病院や介護施設を運営しています。

仮称の通り、ウェルネス(健康)をテーマにしたホテルで、医療検査を受けられる設備を置くなど、健康づくりに役立つホテルをめざします。駅直結ですが、たんなる旅行者向けのビジネスホテルとは一線を画すようです。

青森駅前にはビジネスホテルも多く、鉄道旅行者には宿泊拠点としてお馴染みのエリアでしょう。懐かしい昭和の駅舎が解体されてしまったのは残念ですが、機能的な新駅ビルも楽しみです。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事ピーチ、エアドゥ「ひがし/きた北海道フリーパス」2022年の概要。JR北海道が乗り放題!
次の記事新幹線「マグネシウム合金車両」実用化へ一歩。ALFA-Xで性能を確認