JR東海315系の投入スケジュール。初年度は8両編成を7編成

日本車輌製造が発表

JR東海の新型車両315系の投入スケジュールが明らかになりました。2021年度から5年にわたり、計352両が名古屋・静岡圏に投入されます。

広告

352両を製造

315系は、JR東海が22年ぶりに投入する新型通勤電車です。JR発足前後に投入した211系、213系、311系を置き換え、中央線、東海道線、関西線に投入します。2025年度までの5年間で720億円をかけ、352両を製造します。

その導入スケジュールが明らかになりました。製造を受注する日本車輌製造が公表したものです。以下の通りです。

・2021年度 56両(7編成)
・2022年度 56両(8編成)
・2023年度 120両(20編成)
・2024年度 64両(16編成)
・2025年度 56両(14編成)

315系
画像:JR東海

名古屋地区先行か

最初の2021年度には、7編成56両を製造します。すなわち8両編成を7編成投入することを意味します。

2022年度は8編成56両で、8両編成が6編成、4両編成が2編成とみられます。最大投入となる2023年度は20編成120両ですから、8両編成と4両編成がそれぞれ10編成となるでしょう。2024年度の16編成と、2025年度の14編成は、すべて4両編成となる計算です。

まとめると、以下の通りです。

・2021年度 8両×7
・2022年度 8両×6、4両×2
・2023年度 8両×10、4両×10
・2024年度 4両×16
・2025年度 4両×14

最終的には8両編成が23編成、4両編成が42編成を予定しています。315系では2両編成は作られません。

8両編成を先に重点的に投入していくため、最初は名古屋地区で運行を開始し、その後、静岡地区でも随時投入していく形になりそうです。

広告
関連広告
前の記事西鉄「特急大削減」「運賃値上げ」を断行。コロナ禍の苦境映す
次の記事さよなら「紙の時刻表」。JAL、ANAが冊子版を刊行終了へ