ホーム 航空会社 2019年GW10連休の海...

2019年GW10連休の海外航空券が高すぎる件。東京~ロンドンのエコノミーが70万円とか

少々日にちをずらしても…

2019年ゴールデンウィークの海外航空券が高騰中です。天皇即位にともなう10連休とあって、季節のいいヨーロッパ方面への航空券がとくに高くなっています。

香港経由便でも22万円

まずは2019年4月27日東京発、5月5日ロンドン発(5月6日東京着)で検索してみましょう。航空券メタサーチで知られるスカイスキャナーで検索してみました(以下の情報は1月19日の検索時。以下同)。

2019年ゴールデンウィーク

ご覧の通り、「最適プラン」と出てきたのは、キャセイパシフィック航空を使った香港乗り継ぎ。往路22時間、復路17時間かかります。往路の到着地がヒースローではなく、ガドウィックである点も注意が必要です。これで22万円です(1,000円単位以下省略、以下同)。

最安値は15万円で、ジェットスターとエアチャイナの組み合わせ。香港と北京の2回乗り継ぎで、往路は29時間、復路は24時間です。往復するだけで疲れそうです。

広告

羽田直行便は70万円

最短プランで出てきたのは、ブリティッシュエアウェイズが70万円。往復とも羽田発着の直行便フライトですが、エコノミークラスで支払う金額としては高すぎます。直行便での最安値は、往路成田発、復路羽田着の同じくブリティッシュエアウェイズで、69万円。たいして変わりません。

ちなみに、ANAの直行便は往復109万円。エコノミーでこんな運賃設定があるのか、とちょっと驚きました。JALは運賃の設定がありませんでした。

2019年ゴールデンウィーク

ロンドン経由便が22万円

以下では、主な目的地のゴールデンウィークの航空券価格を表にしてみました。

「最適」はスカイスキャナーの「最適プラン」、「最短」は直行便の最安値です。「最適」が直行便の場合は、「最安」プランを一部で掲載しました。欧米方面の最安値は気が遠くなりそうな乗り継ぎなので、省略しています。

いずれも4月27日東京発、5月6日東京着です。

※価格は1,000円単位切り捨て。所要時間は往復の平均で、30分未満切り捨て、30分以上切り上げ。

目的地 タイプ 価格 乗継地 所要時間 航空会社
ロンドン 最適 22万円 香港 20時間 キャセイ
最短 69万円 直行便 12時間 ブリティッシュ
パリ 最適 24万円 上海 17時間 中国南方+エアフランス
最短 48万円 直行便 12時間 エアフランス
フランクフルト 最適 26万円 上海 16時間 中国南方
最短 67万円 直行便 11時間 ルフトハンザ
ローマ 最適 23万円 北京、エカテリンブルグ 21時間 ANA+ウラル
最短 73万円 フランクフルト 15時間 ルフトハンザ
バンコク 最適 10万円 直行便 6時間 JAL
最安 8万円 台北 18時間 タイガーエア台湾
ホーチミン 最適 11万円 直行便 6時間 ベトナム
最安 7万円 仁川 22時間 チェジュ+ベトジェット
シンガポール 最適 9万円 台北 10時間 スクート
最短 16万円 直行便 7時間 シンガポール
台北 最適 6万円 直行便 3時間 ジェットスター+チャイナエア
ソウル 最適 5万円 直行便 3時間 チェジュ
シドニー 最適 32万円 直行便 10時間 カンタス+ANA
ホノルル 最適 28万円 直行便 8時間 ANA
ロサンゼルス 最適 28万円 直行便 11時間 シンガポール
ニューヨーク 最適 19万円 上海、仁川 26時間 ピーチ、大韓
最短 42万円 直行便 13時間 ユナイテッド
広告

日にちを少しずらしても

ご覧の通り、世界各地どこへ行くにも航空券が高いです。とくに、季節のいいヨーロッパ方面への直行便は50~60万円台と、目が飛び出る価格です。もう一度書きますが、エコノミーの価格です。こんな価格ならビジネスを買った方がいいのでは、と思い調べてみると、たとえば東京~ロンドンでは同日で100万円以上の価格になります。

少し日をずらそう、と思っても、そう簡単ではありません。以下は、東京~ロンドンのJALの運賃カレンダーです。

2019年ゴールデンウィークJAL
2019年ゴールデンウィークJAL

手頃な価格の運賃を探すと、往路は4月24日の147,000円。復路は5月3日の141,000円か、5月6日の147,000円にして、やっと往復30万円以下です。これでも高いですが。

バンコクについては、ANAのカレンダーを見てみましょう。

2019年ゴールデンウィークANA

10万円以内に押さえるには、4月24日出発、5月4日帰りか、4月26日出発、5月7日帰りなどの日程にしなければなりません。

ちなみに、LCCのタイ・エアアジアXでも、4月27出発、5月6日戻りで確保できる成田~バンコク(ドンムアン)のチケットは13万円です。気候がいいとはいえないゴールデンウィークのバンコクでさえ、10万円以下に抑えるのは容易ではありません。

広告

休暇を繰り下げるほうが安くなる

JALやANAの表をよく見れば気がつきますが、安く旅行をするには、休暇を繰り上げるよりは、繰り下げる方が効果的です。休暇を後ろに2日延ばせばかなり安くなりますが、前倒しするなら3日早めないとあまり安くなりません。

サラリーマンが大型連休前後に有給休暇をくっつける場合、「前倒しで休む」ほうが気が楽です。一方で、「休みを後ろに延ばす」のは、やりにくいのでしょう。

「先に休むのはいいけれど、出社日は同僚と揃えたい」という、日本人サラリーマン心理が、航空券価格にも反映されています。

おおざっぱにいって、安く旅行するなら、往路出発は4月24日以前か5月1日以降、復路は日本着が5月3日以前か8日以降、ということになります。でも、なかなかそんなに休めないですよね。

東アジアなどの近場の場合、往路出発は5月2日くらいまでは、ややお高めです。

広告

悩ましい大型連休

海外航空券は、出発日が近づくにつれ高くなるとは限らず、これから出発2~1カ月前にかけて、価格変動をしながら座席が埋まっていきます。一般論としては、旅行会社が押さえていた席が売れずに戻されるなどして、一時的に安くなることもあります。

ただ、2019年のゴールデンウィークに関しては、空前の10連休ということもあり、大きく価格が下がることはなさそうです。

うんざりするようなチケット価格ですが、思うように休みが取れないサラリーマンにとっては、気候のいい時期の10連休は魅力的。価格は高くても旅行したい人も多いでしょう。旅好きには悩ましい連休となりそうです。(鎌倉淳)