185系、春の増発列車全リスト。3月ダイヤ改正後も走る!

行楽列車でも

2021年3月ダイヤ改正で定期列車としての運用を終える185系。春の増発列車でも運行予定があり、ダイヤ改正後も一部列車で走ります。

広告

「踊り子」はダイヤ改正まで

185系は特急「踊り子」や「湘南ライナー」で使われていますが、2021年3月で定期列車としての運行を終了します。引退を目前に控えて、最近は185系で運行する「踊り子」号にさよなら乗車をする人も多いようです。

1月21日に発表された春の増発列車でも多くの「踊り子」に185系が充当されます。該当列車は以下の通りです。

・踊り子51号 3/6-7
・踊り子55号 3/6-7
・踊り子9号 3/1-5,8-10
・踊り子11号 3/6-7
・踊り子18号 3/6-7
・踊り子52号 3/6-7
・踊り子14号 3/1-10
・踊り子56号 3/6-7
・踊り子20号 3/6-7

このように、上下計9列車で185系が使用されます。ただし、すべて3月13日のダイヤ改正までで、同日以降はE257系での運転となります。

なお、上記列車のうち、修善寺に入るのは踊り子17号の3月6日のみで、他は全て東京~伊豆急下田での運転です。

185系

行楽列車で運転

3月13日ダイヤ改正以降の185系設定は少なく、確認できるのは以下の列車のみです。

・鎌倉あじさい号[鎌倉~青梅]6/5,6,12,13,19,20
・あしかが大藤まつり1号2号[上野~桐生]4/24,25,29,5/1-5
・あしかが大藤まつり3号4号[大船~桐生]4/24,25,29,5/1-5

いずれも季節にあわせた行楽列車ですが、貴重な185系運行ということで、意外な人気がでるかもしれません。いずれも全車指定席です。

広告
関連記事
前の記事さよなら「ムーンライトながら」。廃止を正式発表。25年の歴史に幕
次の記事JR北海道に新型観光列車。道・国の支援で宗谷線、石北線などに投入へ