LCCジップエア、成田~サンノゼ線を開設。2022年12月初就航!

新デザインも発表

格安航空会社LCCのジップエア・トーキョーが、米国のサンノゼへ就航する方針を明らかにしました。同社の米国本土路線としては、ロサンゼルスに続く2路線目です。

広告

シリコンバレーの都市へ

ジップエアは日本航空の完全子会社のLCCで、2020年10月に運航を開始しました。成田空港を拠点に、ソウル、台北、バンコク、シンガポール、ホノルル、ロサンゼルスに就航しています。

これにくわえて、2022年12月に成田~サンノゼ線を開設すると発表しました。米本土への路線としては、ロサンゼルスに続く2路線目です。

サンノゼはサンフランシスコから約50kmの距離にあり、シリコンバレーもエリアに含みます。サンノゼ空港は中規模で乗り継ぎがしやすく、米LCC大手のサウスウエスト航空の路線も多いことから、LCC同士の乗り継ぎでアメリカ各地に乗り継げます。大学も多いことから、日本人留学生などの利用も見込んでいるそうです。

就航当初は週3往復程度の運航を想定していますが、詳しいスケジュールや運賃などは未定です。航空券の販売は2022年秋頃に開始する予定です。

ジップエア新尾翼デザイン
画像:ジップエアプレスリリース

「Z」デザインは変更

ジップエアは、機体の尾翼のデザインも変更します。現在はアルファベットの「Z」の文字を描いていますが、緑や黒、白などを使った横じまの模様にします。2023年春までに順次デザインを切り替えます。

変更理由は「ポストコロナに向けてさらなる飛躍を期して」ということですが、「Z」の文字はウクライナに侵攻したロシア軍がマークとして使用していることを考慮したとみられます。(鎌倉淳)

広告
関連広告
前の記事世界17通貨で円の価値がどれだけ下がったか調べてみた。円安で海外旅行が大変に
次の記事新幹線で名古屋~新大阪を格安旅行する方法【2022年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅