新大阪~広島を新幹線で格安旅行する方法【2024年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅

おひとりさまなら「行こっか」

新大阪~広島を新幹線で安く行く方法について、2024年の最新情報を反映してまとめてみました。「のぞみ」「みずほ」「さくら」「ひかり」「こだま」の5列車について、かなり基本的なことから、ややマニアな買い方までご紹介します。

広告

新大阪・広島価格比較

山陽新幹線で新大阪~広島を旅行する場合、正規運賃・料金は、「のぞみ」「みずほ」指定席の場合で10,950円(通常期)。「さくら」「ひかり」「こだま」の指定席が10,420円(同)。自由席が9,890円です。これがいわゆる「通常料金」です。

ゴールデンウィークなどの最繁忙期は指定席料金が400円増し、週末など繁忙期が200円増し、オフシーズンの平日など閑散期は200円引きになります。

新大阪~広島間の新幹線の割引きっぷを、以下に表にしてまとめておきます。詳細は下のほうで説明していきます。

新大阪~広島の新幹線価格比較(通常期)
きっぷ 価格
指定席通常価格(のぞみ・みずほ) 10,950円
指定席通常価格(さくら・ひかり・こだま) 10,420円
自由席通常価格 9,890円
こだま指定席きっぷ 7,810円
おとなびWEB早特(こだま) 6,250円
株主優待割引(のぞみ・みずほ指定席) 5,470円
株主優待割引(自由席) 4,940円
行こっか!こだま 8,200円
日帰りツアー 往復16,800円~
宿泊ツアー 往復20,000円~

 

山陽新幹線N700系

広告

自由席を使う

まず、基本的なルールとして、新幹線では自由席に乗ると安くなります。上述したように、自由席の価格は全列車均一の9,890円で、これだけで「のぞみ」「みずほ」指定席より1,060円も安くなります。割引率は約10%で、簡単ですが効果的な格安旅行法です。

自由席 9,890円

自由席は席の確保が心配になりますが、新大阪から乗る場合は始発列車を選べば、空席にありつける可能性が高いでしょう。広島から乗る場合も、広島始発の「のぞみ」を選べばほぼ確実に座れます。

万一座れなかったとしても、新大阪~広島は「のぞみ」で1時間25分程度なので、なんとか我慢できる時間です。

「さくら」「ひかり」「こだま」に乗る

どうしても指定席がいい、という人は、「さくら」「こだま」に乗ると「のぞみ」「みずほ」より530円安くなります。「さくら」「ひかり」「こだま」の指定席料金は通常期10,420円です。

「さくら」「ひかり」「こだま」指定席 10,420円

おすすめなのは、「さくら」です。「さくら」の指定席は横4列で、「のぞみ」の横5列シートより快適だからです。

「さくら」は停車駅がやや多いですが、新大阪~広島間で所要時間を「のぞみ」と比べると、おおむね5分程度遅いだけです。

広告

こだま指定席きっぷ

通年で利用できる破格値の格安チケットが「こだま指定席きっぷ」です。JR西日本ネット予約「e5489」でのみ購入できます。2名以上が同一行程で利用する場合に限り発売します。

こだま指定席きっぷ 7,810円

「こだま」および一部の「ひかり」の指定席が利用できます。価格はおとな7,810円で、こどもは一律1,500円です。小学生連れのファミリーには、とくに適しています。前日まで発売します。列車の変更などはできません。

広告

おとなびWEB早特

50歳以上なら、「おとなびWEB早特」が超おすすめです。おとなび会員限定の、JR西日本ネット予約「e5489」で購入できる割引きっぷです。

「おとなび」の入会条件は50歳以上ということだけ。つまり、50歳以上なら誰でも会員になれます(会費無料)。会員になれば、おとなびWEB早特が購入できます。

おとなびWEB早特(のぞみ・みずほ) 8,750円
おとなびWEB早特(さくら・ひかり) 8,330円
おとなびWEB早特(こだま) 6,250円

「こだま」の指定席が6,250円という超破格値です。7日前まで発売で、列車の変更などはできません。

上記のように、おとなびWEB早特には、「のぞみ」「みずほ」や「さくら」「ひかり」に乗車できるタイプもあります。こちらも自由席より1,000円程度安くなっていて、まずまずお手頃です。

広告

スマートEX

スマートEXは、東海道・山陽新幹線のインターネット予約です。会員制サービスですが、年会費は無料です。利用にはクレジットカードが必要です。また、交通系ICカード(Suica、TOICA、ICOCAなど)があれば、チケットレスサービスも利用できます。

スマートEXサービスを使うと、東海道・山陽新幹線の指定席が通常価格の200円引きで利用できます。自由席は通常価格と同価格で、割引はありません。

なお、新大阪~広島間には「EX早特」系の割引きっぷはありません。

エクスプレス予約

エクスプレス予約は、東海道・山陽新幹線の有料会員制インターネット予約です。一般会員制度はなく、年会費1,100円のクレジット会員になると利用できます。基本商品の「EX予約サービス」の価格は、「のぞみ」「みずほ」が10,570円です。

以前より値上がりしていて、有料会員になってまで利用すべき商品とはいえなくなりました。

e特急券・eきっぷ

e特急券はエクスプレス会員専用の特急券、eきっぷはJ-WESTカードやJQ CARD会員を対象とした特急券です。いずれも乗車券を組み合わせて利用します。

乗車券と特急券の合計の価格は、e特急券(のぞみ・みずほ)が10,570円、eきっぷ(同)が10,780円です。

いずれも、とくにお得とまではいえません。

広告

JR西日本株主優待券

JR西日本の株主優待券を利用すれば、1枚につき運賃・料金が50%割引になります。新大阪~広島では、「のぞみ」「みずほ」指定席が5,470円、自由席が4,940円です。

株主優待割引(のぞみ・みずほ指定席) 5,470円[要株主優待券1枚]
株主優待割引(自由席) 4,940円[同上]

株主優待券は金券ショップなどで購入でき、相場は1枚4,000円程度です。1枚4,000円で入手した場合、「のぞみ」指定席が9,470円、自由席が8,940円となります。

この価格なら、定価よりも13%くらい安くなりますので、使ってみるのもいいでしょう。株主優待券の価格が1枚4,000円を超えてくると、使う意味はなくなってくるでしょう。

行こっか!こだま

「行こっか!こだま」は、日本旅行が出している旅行商品で、EXダイナミックパックで購入できます。「ぷらっとこだま」の山陽新幹線版ともいえる商品です。新大阪~福山が8,200円で、通常価格より21%安くなっています。繁忙期の設定はありません。

その名の通り、「こだま」しか乗れません。一部「ひかり」も乗れません。新大阪~広島間は「こだま」の列車本数が少ないので、利用できる時間帯には制約があります。

こだま普通車指定席8,200円

前日までに購入しなければならない、JRの駅の窓口では購入できず、EXダイナミックパックのウェブサイトでみ販売、列車変更などができない、などの制限があります。「おとなびWEB早特」が使えない年齢の方が、一人で旅行する際には適しています。

【公式】行こっか!こだま[PR]

広告

新幹線日帰りツアー

往復の新幹線がセットになった日帰り専用の旅行商品(パッケージツアー)です。JTBや日本旅行などで購入できます。1名から利用可。「ずらし旅」などのネーミングで販売されています。

新幹線指定席往復で16,800円~

片道あたりなら8,000円程度で新大阪~広島間を日帰り利用できるので、お得です。日帰り旅行なら、「行こっか!こだま」よりもこちらがおすすめです。「のぞみ」も利用できますが、利用できる列車は限られます。

サイト上で予約・決済し、きっぷは新幹線駅構内にある指定席券売機で受け取れます。前日まで購入可能です。

【公式】JTB日帰りツアー [PR]
【公式】日本旅行日帰りツアー [PR]
【公式】近畿日本ツーリスト日帰りツアー [PR]


宿泊パッケージツアー

宿泊をともなう旅行の場合、往復の新幹線と宿泊がセットになった旅行商品(パッケージツアー)を使えばお得です。

JTBの「ダイナミックパッケージMySTYLE」や、日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」、近畿日本ツーリスト「スグ旅」などがあります。

サイト上で予約・決済し、きっぷは新幹線駅構内にある指定席券売機で受け取れます。

・新幹線指定席往復+ホテル1泊で20,000円程度~

新幹線の往復正規価格とそれほど変わらない価格で、宿泊がついてきます。立地や設備のいいホテルだと少し高くなりますが、それでも25,000円程度出せば、そこそこのホテルに泊まれます。1名利用の場合は、値段が少し高くなります。

時間帯により列車の価格が変わることがあります。出発前日まで予約でき、一部は当日予約も可能です。

【公式】JTBダイナミックパッケージMySTYLE [PR]
【公式】日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」 [PR]
【公式】近畿日本ツーリスト「スグ旅」 [PR]



広告

乗車券の分割購入

乗車券を分割購入する方法もあります。

[運賃]
新大阪~甲南山手 410円
神戸市内~東尾道 3,740円
東尾道~寺家 990円
寺家~広島 510円
合計 5,650円

分割購入乗車券+新幹線自由席特急券 9,820円

通算で買うよりも、70円安くなります。

ただ、乗車券を分割購入する場合、自動券売機では買えませんし、新幹線乗降時の自動改札では引っかかりますし、利用するときはちょっと面倒です。

広告

ちなみにバスは?

大阪~広島間の場合、高速バスなら5時間程度。新幹線「のぞみ」は1時間半程度ですので、3倍以上の時間がかかりますが、価格的には安いです。

大阪~広島間の定番はJRバス(西日本、中国)です。昼行の「広島エクスプレス大阪」と夜行の「広島ドリーム大阪」があります。運賃は昼行が片道3,000~8,000円。夜行なら4,000~9,500円という手頃な価格で購入できます。

そのほか、大阪~広島間には格安高速バスも運行していて、3,000円~5,000円程度でチケットが見つかります。

おもなバスは、楽天トラベルで予約できます。

【公式】楽天トラベル高速バス [PR]

広告

まとめてみると

新大阪~広島間では、割引きっぷがいくつか用意されていますが、どれも制約があります。

まず、50歳以上なら「おとなびWEB早特」一択でしょう。会員資格があって、このきっぷを見逃す手はありません。

49歳以下の場合は、2名以上なら「こだま指定席きっぷ」がいいでしょう。1名旅行の場合には、「行こっか!こだま」がおすすめです。

観光や宿泊を伴う旅行ならツアーも検討しましょう。JTB、日本旅行、近畿日本ツーリストなどが、新幹線と宿泊がセットになったプランを販売しています。(鎌倉淳)

【公式】JTBダイナミックパッケージMySTYLE [PR]
【公式】日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」 [PR]
【公式】近畿日本ツーリスト「スグ旅」 [PR]



広告