新幹線で新大阪~広島を格安旅行する方法【2022年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅

おひとりさまに厳しい

「新幹線で新大阪~広島を安く行く方法」について、2022年の最新情報を反映してまとめてみました。「のぞみ」「みずほ」「さくら」「ひかり」「こだま」の5列車について、かなり基本的なことから、ややマニアな買い方までご紹介します。

広告

新大阪・広島価格比較

山陽新幹線で新大阪~広島を旅行する場合、正規運賃・料金は、「のぞみ」「みずほ」指定席の場合で10,630円(通常期)。「さくら」「ひかり」「こだま」の指定席が10,420円(同)。自由席が9,890円です。これがいわゆる「通常料金」です。

夏休みなどの繁忙期は指定席料金が200円増し、旅行者の少ない閑散期は200円引きになります。自由席は通年同額です。

新大阪~広島間の新幹線の割引きっぷを、以下に表にしてまとめておきます。詳細は下のほうで説明していきます。

新大阪~広島の新幹線価格比較(通常期)
きっぷ 価格
指定席通常価格(のぞみ・みずほ) 10,630円
指定席通常価格(さくら・ひかり・こだま) 10,420円
自由席通常価格 9,890円
こだま指定席きっぷ 7,810円
おとなびWEB早特(ひかり・こだま) 6,250円
エクスプレス予約 9,740円
スマートEX自由席 9,890円
株主優待割引(のぞみ・みずほ指定席) 5,310円
株主優待割引(自由席) 4,940円
パッケージツアー 約13,000円~
ダイナミックパッケージ 約13,000円~

 

山陽新幹線N700系

自由席を使う

まず、基本的なルールとして、新幹線では自由席に乗ると安くなります。上述したように、自由席の価格は全列車均一の9,890円で、これだけで「のぞみ」「みずほ」指定席より740円も安くなります。割引率は約7%で、簡単ですが効果的な格安旅行法です。

自由席 9,890円

自由席は席の確保が心配になりますが、新大阪から乗る場合は始発列車を選べば、空席にありつける可能性が高いでしょう。広島から乗る場合も、広島始発の「のぞみ」を選べばほぼ確実に座れます。

万一座れなかったとしても、新大阪~広島は「のぞみ」で1時間25分程度なので、我慢できる時間です。

「さくら」「ひかり」「こだま」に乗る

どうしても指定席がいい、という人は、「さくら」「こだま」に乗ると「のぞみ」「みずほ」より210円安くなります。「さくら」「ひかり」「こだま」の指定席料金は通常期10,420円です。

「さくら」「ひかり」「こだま」指定席 10,420円

おすすめなのは、「さくら」です。「さくら」の指定席は横4列で、「のぞみ」の横5列シートより快適だからです。

「さくら」は停車駅がやや多いですが、新大阪~広島間で所要時間を「のぞみ」と比べると、おおむね5分程度遅いだけです。

広告

こだま指定席きっぷ

通年で利用できる破格値の格安チケットが「こだま指定席きっぷ」です。JR西日本ネット予約「e5489」でのみ購入できます。2名以上が同一行程で利用する場合に限り発売します。

こだま指定席きっぷ 7,810円

「こだま」および一部の「ひかり」の指定席が利用できます。価格はおとな7,810円で、こどもは一律1,500円です。小学生連れのファミリーには、とくに適しています。前日まで発売します。列車の変更などはできません。

広告

おとなびWEB早特

50歳以上なら、「おとなびWEB早特」が超おすすめです。おとなび会員限定の、JR西日本ネット予約「e5489」で購入できる割引きっぷです。

「おとなび」の入会条件は50歳以上ということだけ。つまり、50歳以上なら誰でも会員になれます(会費無料)。会員になれば、おとなびWEB早特が購入できます。

おとなびWEB早特 6,250円

「こだま」と一部の「ひかり」の指定席が6,250円という超破格値です。7日前まで発売で、列車の変更などはできません。

おとなびWEB早特には、「のぞみ」「みずほ」に乗車できるタイプもあり、こちらは8,490円です。「のぞみ」「みずほ」指定席に乗れるにしては割安です。

広告

スマートEX

スマートEXは、東海道・山陽新幹線のインターネット予約です。会員制サービスですが、年会費は無料です。利用にはクレジットカードが必要です。また、交通系ICカード(Suica、TOICA、ICOCAなど)があれば、チケットレスサービスも利用できます。

スマートEXサービスを使うと、東海道・山陽新幹線の指定席が通常価格の200円引きで利用できます。自由席は通常価格と同価格で、割引はありません。

エクスプレス予約

エクスプレス予約は、東海道・山陽新幹線の有料会員制インターネット予約です。一般会員制度はなく、年会費1,000円のクレジット会員になると利用できます。価格は9,320円で、指定席の定価より1,310円も安く利用できます。

片道乗るだけで、年会費分をペイできます。往復利用するならだいぶお得なので、これを機会に入会してもいいかもしれません。

e特急券・eきっぷ

e特急券はエクスプレス会員専用の特急券、eきっぷはJ-WESTカードやJQ CARD会員を対象とした特急券です。いずれも乗車券を組み合わせて利用します。合計の価格は9,420円。定価より1,210円も安く利用できます。

J-WESTカードやJQ CARDは、初年度年会費無料ですし、年1度でも利用するとその後の年会費が無料になるので、関西や九州エリアの方は、これを機会に入会してもいいかもしれません。

広告

JR西日本株主優待券

JR西日本の株主優待券を利用すれば、1枚につき運賃・料金が50%割引になります。新大阪~広島では、「のぞみ」「みずほ」指定席が5,310円、自由席が4,940円です。

株主優待割引(のぞみ・みずほ指定席) 5,310円[要株主優待券1枚]
株主優待割引(自由席) 4,940円[同上]

株主優待券は金券ショップなどで購入でき、相場は1枚4,000円程度です。コロナ前は5,000円ほどしていたので、それよりは安くなりました。1枚4,000円で入手した場合、「のぞみ」指定席が9,310円、自由席が8,940円となります。

この価格なら、定価よりも1割くらい安くなりますので、使ってみるのもいいでしょう。株主優待券の相場が1枚4,000円を超えてくると、使う意味はなくなってくるでしょう。

広告

レールパック

往復の新幹線と宿泊がセットになった旅行商品(パッケージツアー)です。日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」が有名です。2名1室利用で一人13,000円程度~。1名利用の場合は、2,000円ほど高くなります。

新幹線指定席往復+ホテル1泊で13,000円程度~

往復13,000円程度で宿泊と新幹線代が含まれるので、価格的にはお得です。ただし、週末や繁忙期、時間帯のいい列車などは高くなります。また、利便性の高いビジネスホテルでも、もう少し高くなることがあります。出発6時間前まで予約できます。

日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」

ダイナミックパッケージ

ダイナミックパッケージは、お好みの新幹線と宿泊ホテルを組み合わせて、インターネット上で予約、決済するパッケージです。

山陽新幹線のでは「JTBダイナミックパッケージ」が利用できます。同サイト上で予約・決済し、きっぷは新幹線駅構内にある指定席券売機で受け取れます。

上記「レールパック」との違いは、列車とホテルの組み合わせの自由度が高いことです。JTBのダイナミックパッケージは、乗り遅れても後続列車の自由席に乗車可能の設定もあり、利用しやすいのが特徴です。

新幹線指定席往復+ホテル1泊で13,000円程度

出発前日まで予約できます。
JTBダイナミックパッケージ

広告

乗車券の分割購入

乗車券を分割購入する方法もあります。

[運賃]
新大阪~六甲道 470円
六甲道~須磨 220円
須磨~北長瀬 2,310円
北長瀬~広島 2,640円
合計 5,640円

分割購入乗車券+新幹線自由席特急券 9,810円

通算で買うよりも、80円安くなります。

ただ、乗車券を分割購入する場合、自動券売機では買えませんし、新幹線乗降時の自動改札では引っかかりますし、利用するときはちょっと面倒です。

まとめてみると

新大阪~広島間では、割引きっぷがいくつか用意されていますが、どれも制約があります。

まず、50歳以上なら「おとなびWEB早特」一択でしょう。会員資格があって、このきっぷを見逃す手はありません。

49歳以下の場合は、2名以上なら「こだま指定席きっぷ」がいいでしょう。

不幸にして、49歳以下の1名旅行の場合、選択できるきっぷは激減します。新幹線回数券はすでに販売終了となっているので、自由席の定価より安く乗る方法は、ほぼありません。

宿泊を伴う旅行なら日本旅行の「JR・新幹線+宿泊セットプラン」や、「JTBダイナミックパッケージ」が魅力的です。価格も手ごろで、前日または当日でも予約できるのは便利です。

安く旅をするなら、こうしたプランを発売している旅行会社のウェブサイトを検索してみるのもよさそうです。(鎌倉淳)
日本旅行「JR・新幹線+宿泊セットプラン」JTBダイナミックパッケージ

広告
関連広告
前の記事留萌線石狩沼田~留萌間、2023年3月にも廃止へ。今年が最後の夏に?
次の記事只見線、全線復旧後の日帰り旅行を考えてみる。東京からの乗り継ぎは?