JR東日本など、新幹線の車内サービスを中止。グランクラスは営業とりやめ

普通列車グリーン車も中止

JR東日本、JR西日本、JR北海道が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、車内販売などのサービスを中止すると発表しました。グランクラスの座席の販売もとりやめます。

広告

グランクラスの営業とりやめ

JR東日本、JR西日本、JR北海道は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東北・北海道新幹線、上越新幹線、北陸新幹線のグランクラスの車内サービスを中止します。

アテンダントによる飲料・軽食サービスが中止となるため、グランクラスは営業そのものをとりやめます。期間は2020年4月9日から5月31日までです。

JR東日本などでは、3月31日にグランクラスの4~6月期の新メニューを発表したばかりですが、わずか8日間で提供を取りやめることになります。

発売済みの車内サービス付きのグランクラスのきっぷに関しては、グランクラスの営業をとりやめるため、JRは事前にグリーン車などへのきっぷの変更を求めています。差額は払い戻します。

飲料・軽食サービスのないグランクラス(座席のみサービスのグランクラス)に関しては、サービス内容に変更がないため、発売済みのきっぷを所持している利用者は乗車できます。新規のきっぷ販売はしません。

グランクラス

新幹線の車内販売中止

JR東日本とJR西日本の各新幹線では、車内販売の営業を休止します。山陽新幹線の「駅弁デリ」のサービスも休止します。期間は2020年4月9日から5月31日までです。

「ハローキティ新幹線」においても、1号車(ハロー!プラザ)でのコンシェルジュによる車内販売などのサービスを休止します。

広告

在来線特急、普通列車グリーン車も

JR東日本では、在来線特急列車、普通列車グリーン車の車内販売も中止します。JR東日本で車内販売のある在来線特急は、「あずさ」「かいじ」「ひたち」「いなほ」「サフィール踊り子」ですが、いずれも4月9日から5月31日は営業を休止します。

「サフィール踊り子」については、車内販売のほか、カフェテリアの営業も中止します。サフィール Payにて事前注文している商品は、すべて取り消しとなり、無手数料にて払い戻しをします。

いずれも、6月以降の車内サービスの営業については、別途、告知します。また、中止期間は変更となる場合があります。

JR東海は、現時点で車内サービス中止の発表はありません。

広告
関連広告
前の記事羽田~伊丹にエンブラエル190型機。JAL、ANAで国内線機材の小型化進む
次の記事豊肥線肥後大津~阿蘇間が2020年8月全線復旧へ。4年ぶり全線で運転再開