山陽新幹線の「期間限定」格安チケットを全紹介。最大半額で旅ができる!

旅行には向かない時期ですが

山陽新幹線の期間限定の割引きっぷが、この冬充実しています。新型コロナウイルス感染症で旅行には向かない時期ですが、必要なときには上手に活用したいものです。

広告

新幹線 近トク1・2・3

山陽新幹線の期間限定の割引きっぷはいくつかありますが、短距離で設定されているのが「新幹線 近トク1・2・3」。山陽新幹線の1~3駅間を距離に応じて1,000円、1,500 円、2,000 円という低価格で自由席を利用できます。乗車日の1ヶ月前から前日までに販売しています。

3駅以内の設定です。たとえば、新大阪発着では、新神戸、西明石、姫路に設定があります。新大阪~新神戸が1,000円(小児半額、以下同)、新大阪~西明石が1,500円、新大阪~姫路が2,000円です。広島発着では、東広島・新岩国が1,000円、三原が1,500円、新尾道が2,000円、などとなっています。

120km以内の駅間で設定しています。西明石~岡山、相生~福山、東広島~徳山、広島~新山口、新岩国~厚狭の設定はありません。厚狭・新下関・小倉・博多の相互間の設定もありません。

JR西日本ネット予約「e5489」か、JR西日本の主な駅の「みどりの券売機」で発売します。自由席限定で、1人から利用可能です。

■利用期間
2021年1月15日~3月28日までの金土日祝および2月22日

■発売期間
2021年1月12日~2021年3月27日
※乗車日の1か月前から前日まで発売します。

■主な設定区間と価格(小児半額)
新大阪~新神戸 1,000円
新大阪~姫路 2,000円
新神戸~姫路 1,500円
姫路~岡山 2,000円
岡山~福山 1,500円
広島~徳山 2,000円
徳山~新山口 1,000円
新山口~小倉 2,000円

山陽新幹線N700系

山陽新幹線直前割50

山陽新幹線の中長距離では「山陽新幹線直前割50」がお得です。JR西日本ネット予約「e5489」専用で、乗車日の3日前から前日までの販売。「こだま」と一部の「ひかり」の指定席を通常価格の半額で利用できます。

たとえば、大阪市内~岡山が3,070円(小児半額、以下同)、大阪~博多が7,630円などとなっています。原則として「こだま」しか利用できないので所要時間がかかりますが、直前予約で半額というのは助かる価格です。

9月に初設定され、販売期間が延長されてきましたが、1月以降は設定区間を拡大して再発売となりました。

■利用期間
2021年1月15日~3月28日の金土日祝および2月22日

■発売期間
2021年1月12日~3月27日
※乗車日の3日前から前日まで発売します。

■おもな設定区間と価格(小人半額)
大阪市内~岡山 3,070円
大阪市内~広島市内 5,210円
大阪市内~新山口 6,420円
大阪市内~小倉 7,190円
大阪市内~博多 7,630円
岡山~広島市内 3,070円
広島市内~新山口 2,680円
広島市内~小倉 3,830円
広島市内~博多 4,540円

広告

記念スーパー早特21

「のぞみ」「みずほ」を長距離で利用したい場合は、~山陽・九州新幹線相互直通10周年~「記念スーパー早特21」が設定されました。

九州新幹線の博多~新八代間が開業し、山陽新幹線との相互直通運転を開始したのが2011年3月12日。2021年3月に10周年を迎えます。それを記念して発売するきっぷです。JR西日本ネット予約「e5489」と「JR九州インターネット列車予約サービス」の専用商品です。

通年販売の「スーパー早特21」を期間限定で値下げする形で、設定区間は新大阪・新神戸~小倉・博多・熊本・鹿児島中央です。

新大阪・新神戸~小倉・博多・熊本が10,000円(小児4,990円)、新大阪・新神戸~鹿児島中央が12,000円(小児5,990円)で、最大48%の大幅割引です。乗車日の1ヶ月前10時から21日前まで発売します。「記念スーパー早特21」の利用期間は、通常の「スーパー早特21」は発売されません。

土休日以外にも利用できます。

■設定期間
2021年2月12日~4月25日

■発売期間
2021年1月12日~4月4日
※乗車日の1ヶ月前から21日前まで発売。

■設定区間と価格
新大阪・新神戸~小倉・博多・熊本 10,000円(小児4,990円)
新大阪・新神戸~鹿児島中央 12,000円(小児5,990円)

広告

新幹線&やくも早特3

新幹線と特急「やくも」を乗り継ぐ場合、「新幹線&やくも早特3」という商品も発売されています。大阪・神戸~米子・松江・出雲市間の片道タイプの商品です。大阪市内・神戸市内~米子が4,500円(小児半額、以下同)、松江・出雲市が5,000円と破格値です。

JR西日本インターネット予約「e5489」と、山陰エリアの主な旅行会社で利用日の3日前まで発売します。

■利用期間
2021年1月7日~3月31日

■発売期間
2020年12月7日~2021年3月28日
※利用日の1カ月前から3日前まで発売。

■設定区間と価格(小児半額)
・大阪市内・神戸市内~米子 4,500円
・大阪市内・神戸市内~松江・出雲市 5,000円

新型コロナ感染症拡大の影響で、気軽に旅行できる状況ではなくなっています。それでも、必要なときに格安で移動できるのはうれしい話です。

広告
関連広告
前の記事新型コロナに大寒波が追い打ち。JR特急利用者数ランキング2021年新春版
次の記事バンコク・ドンムアン空港に都市鉄道。レッドラインが夏に開業へ