ホーム LCC ピーチが成田路線に本格参入...

ピーチが成田路線に本格参入。新千歳、那覇、奄美線就航で5路線に。

バニラエア統合で

格安航空会社LCCのピーチ・アビエーションは、2019年夏ダイヤで成田空港発着路線に本格参入します。バニラエア統合にともなうものです。そのほか、新千歳~ソウル線も運航を開始します。

奄美大島に新規就航

ピーチとバニラエアは、2019年度中に経営統合し、バニラエアは2019年10月26日で全ての運航を終了します。経営統合にともない、バニラエアが運航する路線を、段階的にピーチへ移管します。

成田発着の路線としては、新千歳線、奄美大島線、那覇線がバニラからピーチに移管されます。ピーチとしては、成田~新千歳、那覇線が再就航。奄美大島線は新規就航です。

成田~那覇線は、2019年6月1日からバニラを引き継いで1日2往復で運航します。成田~新千歳線は、9月1日から1日最大6往復で運航します。

成田~奄美大島線は、2019年10月1日から1日1往復で運航します。バニラは8月31日まで運航し、9月は運休となります。

これにより、ピーチの成田路線は、新千歳、関西、福岡、奄美大島、那覇の5路線となります。

6月28日には、ピーチが那覇~香港線を1日1往復で再就航します。バニラの成田~香港線撤退に対する救済路線のようです。

ピーチA320
写真:ピーチ・アビエーション

関西路線は増便へ

このほか、現在、ピーチとバニラの2社が運航する、関西~台北線と那覇~台北線は、バニラの撤退後にピーチが増便します。関西~台北線は週28往復に、関西~那覇線は週21往復に増便となります。

ピーチが週4往復で運航している仙台~台北線と、週3往復の新千歳~台北線は、4月にデイリー化します。仙台は4月25日から、札幌は翌26日から毎日運航です。現在、1日2往復運航している仙台~新千歳線は、4月25日から増便し、1日3往復となります。

広告

新千歳~ソウル線を開設

経営統合と直接関係しない新規路線としては、新千歳~ソウル(仁川)線が、2019年4月25日に開設されます。1日1往復運航で、ソウル発は4月26日が初便。ピーチの新千歳発着の国際線は、2017年9月24日に開設した台北線に次いで2路線目となります。

新千歳~ソウル線は、韓国系の航空7社が運航する激戦区。しかし、日系航空会社は就航していませんでした。利用者の多くが韓国人観光客であることが理由とみられますが、ピーチが新規就航で切り込みます。

経営統合により、ピーチは本社機能の一部を関西空港から成田空港に移します。これまでジェットスターの牙城だった成田に、LCC最大手となったピーチが拠点を構えるわけです。LCCの2強が成田でぶつかり合い、どんな競争が巻き起こるのか。利用者としては楽しみにしたいところです。(鎌倉淳)