JR西日本「こども1000円」の設定区間。山陽新幹線と北陸線特急で年末年始キャンペーン

大人も1割引

山陽新幹線、北陸線特急「サンダーバード」などのこども料金が年末年始に1,000円になります。大人の価格も1割引です。設定区間と価格をご案内しましょう。

広告

「冬休み『お子様1000円!』ファミリーきっぷ」

JR西日本が、山陽新幹線と北陸線特急「サンダーバード」、北陸新幹線の一部区間に「冬休み『お子様1000円!』ファミリーきっぷ」を設定します。

文字通り、新幹線や特急の「こども」料金(6歳~12歳の小学生)が各区間1,000円になるというもの。「おとな」も約1割引になります。普通車指定席専用で、こどもを含む2名以上が同一行程で旅行する場合に限り購入可能です。

利用期間は2021年12月20日~2022年1月10日。利用日の7日前までの発売で、JR西日本のインターネット列車予約「e5489」専用商品です。

「冬休み『お子様1000円!』ファミリーきっぷ」
画像:JR西日本ウェブサイト

設定区間と価格

「冬休み『お子様1000円!』ファミリーきっぷ」の設定区間と価格は以下の通りです。山陽新幹線と、北陸線特急「サンダーバード」・北陸新幹線の一部区間に設定があります。

山陽新幹線の設定区間と価格(円)
区間 おとな こども
新大阪~岡山 5,710 1,000
新大阪~広島 9,560 1,000
新大阪~小倉 13,240 1,000
新大阪~博多 14,040 1,000
新神戸~岡山 5,310 1,000
新神戸~広島 9,360 1,000
新神戸~小倉 12,950 1,000
新神戸~博多 13,740 1,000
岡山~広島 5,710 1,000
岡山~小倉 10,160 1,000
岡山~博多 11,650 1,000
広島~小倉 7,090 1,000
広島~博多 8,370 1,000

※双方向で利用可。新大阪は大阪市内駅、新神戸は神戸市内駅も利用可。  

北陸線・北陸新幹線の設定区間と価格(円)
区間 おとな こども
大阪~富山 8,150 1,000
大阪~金沢 7,010 1,000
大阪~福井 5,520 1,000

※双方向で利用可。大阪は大阪市内駅も利用可。北陸新幹線区間(金沢~富山)は自由席。

広告

変更不可

「冬休み『お子様1000円!』ファミリーきっぷ」は、JR西日本のインターネット予約「e5489」専用商品です。「e5489」を利用するには、「J-WESTネット会員」への登録が必要です(会員登録は無料)。

「こども」用のみの購入、利用はできません。「こども」用は1回の予約につき、2名分まで購入できます。

「e5489」での検索時に、料金区間が「設定区間」と同じ場合に限り、予約・購入できます。列車ごとの発売席数には限りがあります。また、列車によってはきっぷの設定がない場合もあります。

予約した列車の指定席に限り利用できます。その他の列車・座席は自由席を含め利用できません。また、予約の変更(券種間、乗車日、利用区間・列車)もできません。途中下車は、前途無効の扱いとなります。

年末年始にも利用できるという貴重なきっぷ。制限は厳しいですが、上手に活用したいところです。(鎌倉淳)

広告
関連記事
前の記事山陽新幹線「近トク」「直前割」2021年11月~2022年2月の価格と期間。金土日祝が安く
次の記事南阿蘇鉄道、豊肥線乗り入れが実現へ。JR九州と設計に着手